「お金の貯まる保険=養老保険」 未来に備えた商品選びのコツ

養老保険は死亡保障と生存保障がセットになった保険です。保険期間中に保険に加入している人がお亡くなりになると、死亡保険金が支払われます。保険期間が終了するときに保険に加入している人が生存していれば、満期保険金が支払われます。「死亡保険金=満期保険金」なので、生死にかかわらず同額の保険金を受け取ることができます。

養老保険の特徴

養老保険の特徴は、期間が決まっていることです。その点は定期保険と共通していますが、定期保険が掛け捨てであるのに対して、養老保険は保険期間が終了すると、満期保険金をもらうことができます。養老保険は「お金がたまる保険」です。養老保険の保険料と保障内容を下の図で確認しましょう。

in006_001

この例では保険料の払込期間は、30歳から60歳までの30年間です。養老保険の保険期間には、このほかにも10年、20年、60歳まで、65歳まで、70歳までなどいろいろな種類があります。保険料の払込期間は、保険期間と同じとする場合、保険期間よりも短い期間で払い終わる場合、一時払いで払う場合があります。

次にどのぐらいお金がたまるのかを確認しましょう。上図の例では、60歳までの30年間に支払う保険料の合計は、約936万円です(26,000円×12か月×30年=936万円)。それに対して、60歳のときに受け取る満期保険金は1,000万円です。支払った保険料よりも64万円増やすことができます。養老保険のお金のたまりかたをイメージ図で表すと、下の図のようになります。

in006_002

同じ保障額で比較すると、養老保険の保険料は終身保険の保険料より高くなります(上の例では、養老保険の保険料が約26,000円に対して、終身保険の保険料は約20,000円)。

そのため養老保険は終身保険よりもお金のたまるペースは速くなります。終身保険と同じように、たまっているお金は途中で解約して現金にすることもできます。また満期保険金は一括で受け取る以外にも、年金形式で受け取ることも可能です。

商品選びのポイント

1.自分へのごほうびとして使う

金利が高い時代には、養老保険は高利回りの金融商品として人気商品でした。低金利の現在では金融商品としての魅力は小さくなり、主力商品の座からは降りた感があります。ただ、それでも使い方によっては、まだまだメリットのある商品です。

養老保険は「将来使うためにためておく」ことが目的です。保障というよりも、満期保険金を「将来使う」というところにポイントがあります。そこで養老保険の使い方として考えらえるのが、「がんばった自分に対するごほうび」です。

会社からもらう退職金とは別に、自分のための退職金を養老保険で準備します。自営業の方や専業主婦(主夫)の方には退職金がないので、退職金づくりとして養老保険を活用してみてはいかがでしょうか。

保険期間を10年ぐらいにして、旅行などの資金づくりに利用するのもよいかも知れません。お金があると使ってしまうという人は、保険でお金をためることで、お金を引き出しにくくするというのもよいアイディアだと思います。

2.特約はつけない

養老保険は保険期間が終了するときがかならずやってきます。養老保険を主契約として、他の保障を特約としてつけていると、保険期間終了時に特約の保障もなくなります。病気やけがの保障を特約としてつけていると、歳をとってから保障がなくなることになるので注意しましょう。養老保険に加入するときは、特約をつけないほうが無難です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

「お金の貯まる保険=養老保険」 未来に備えた商品選びのコツ ページTOPへ戻る