自動車保険はホントに必要?正しい自動車保険の入り方

自動車を購入すると、自賠責保険には自動的に加入することになりますが、それ以外にも任意加入の自動車保険もあります。車の運転は常に事故と隣り合わせ。

いざというときの自動車保険の補償範囲や補償内容などから、その必要性を改めて考えてみます。

【 目次 】

●車を持ったら加入は義務。まずは「自賠責保険」の基礎知識から
●幅広い補償で、安心が手に入る「自動車保険」
●自動車を購入したときに加入を迷う「JAF」。自動車保険との違いは?
●「自動車保険」は各社の見積もりを取って、比較してみましょう

車を持ったら加入は義務。まずは「自賠責保険」の基礎知識から

車を購入すると必ず加入する「自賠責保険」。法律で義務付けられているため、強制保険とも言われます。

自賠責保険の目的は、交通事故被害者の救済にあります。事故でケガ、最悪の場合、死に至ったとき、そこには高額の賠償金が発生します。

多くの人が、保険なしでこの賠償金を支払うのはまず困難。加害者が保険に入っていなかったために、「被害者が賠償金を受け取れない」という事態を避けるため、すべての車に加入義務があるわけです。

自賠責保険の「補償範囲と補償限度額」(金額はすべて被害者1名あたり)

*死亡(葬儀費用・逸失利益・慰謝料など)・・・上限3,000万円
*後遺障害(逸失利益・慰謝料など)・・・後遺障害の程度に応じて75万円~4,000万円
*障害(治療費・休業損害など)・・・上限120万円

なお自賠責保険の保険料はどの会社で加入しても同じです。

自賠責保険は、事故の相手の身体に関する損害のみを対象とし、このように上限金額が決まっています。自分が加害者の場合、自分のケガや車の修理、さらに相手の車の修理に対しても補償は受けられません。

また被害者を死亡させて賠償額が3,000万円以上となった場合も、自賠責保険から支払われるのは3,000万円までなので、超過分は自力で支払う必要があります。

幅広い補償で、安心が手に入る「自動車保険」

自賠責保険の補償はあくまで最低限です。事故の損害をすべてカバーすることはできません。そのようなことから、自賠責保険とは別に任意保険=自動車保険に入ることは必須と言っていいでしょう。

任意という名前がついている以上、強制ではありませんが、2015年の調査では、対人・対物賠償の自動車保険の加入率は70%強となっています。

さて自賠責保険は被害者への対人賠償だけが対象ですが、自動車保険は加害者を含めた幅広い補償が用意されています。

注:「逸失利益」とは、交通事故による後遺障害がなければ得られていたはずの収入などの利益のこと。

自動車保険の補償

自動車保険は、主にこの7種の保険で構成されています。

*対人賠償保険・・・自動車事故で車の搭乗者や歩行者などの「他人」にケガをさせたり、死亡させた場合に、相手の治療費など、自賠責保険の補償上限を超える損害賠償をカバー。

*対物賠償保険・・・相手の車や、家屋、ガードレールを破損した際の修理費など、事故で壊した他人の「物」に対する賠償金を補償します。

*搭乗者障害保険・・・契約車のみですが、運転者を含めた搭乗者全員のケガや死亡を補償します。

*人身傷害補償保険・・・事故で他人にケガをさせた時のほか、自分のケガや契約車以外での事故まで広く補償。自分の過失が大きな原因でも、被った損害について補償します。

車両保険・・・事故によって破損した自分の車の修理費などを補償します。イタズラで車体を傷付けられたときや当て逃げ、盗難被害なども一般的に対象となります。

*自損事故保険・・・ガードレールに突っ込んでしまったなど、自分の責任で起こした事故で、すべての搭乗者の死亡・ケガを補償します。

*無保険車傷害保険・・・保険に入っていないなど賠償能力がない車の過失による事故に巻き込まれた際に、補償金を受け取れます。

このような補償をベースに、さまざまな特約を付けることもできます。特約の内容は各保険会社の商品によって違いますが、弁護士費用特約・代車費用特約・他車運転特約・運転者限定特約などがあります。

自動車保険は、事故が起こったときに想定されるあらゆる損害に対応した優れた保険ですが、補償を充実させるほど保険料が高くなります。

自動車保険の契約で、最も重要なのは、対人賠償保険対物賠償保険搭乗者障害保険と言われます。これを軸に、不必要な補償は省いたり、補償額を低く設定するなどで、保険料が抑えられます。
また検討・加入の際は次のことを覚えておきましょう。

*対人・対物の保険の補償額は「無制限」にするのが一般的。過去の事例として、どちらも賠償額が億単位になることが珍しくないためです。

*車両保険については、車の修理費は高額になる可能性があるのでお勧めしたいところですが、補償額は車の時価によって違ってきます。車の時価は年々下がっていくので、新車ほど有利。車の価値との兼ね合いを考えること。なぜなら、車両保険の有無で保険料が大きく変わるからです。

自動車を購入したときに加入を迷う「JAF」。自動車保険との違いは?

車を運転するようになると、必ず遭遇するのが、パンク、ガス欠、バッテリーあがり、キーとじ込みなどのカートラブル。そんなとき、迷わず「JAFを呼ぶ」という方は多いのではないでしょうか。

ロードサービスと言えば「JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)」と、その信頼性は浸透しています。実際、2015年度のJAFの出動件数は22万件以上もありました。

JAFは入会金や年会費を支払って会員になると、各種のロードサービスが、実費以外は無料で受けられるシステムです。
(会員にならなくてもロードサービスは受けられますが有料です)

しかし最近の自動車保険には無料のロードサービスが付帯されていて、内容もかなり充実してきています。となると、JAFに加入するかどうか悩むところですが、JAFのメリットとしては次のようなことがあります。

*サービス対象・・・JAF会員なら自分の車以外を運転していても、運転せず同乗しているだけでもサービスが受けられます。自動車保険は契約車だけが対象。

*ロードサービスの年間利用回数・・・JAFは利用回数無制限で何度使っても原則無料。自動車保険では回数制限があります。

*会員優待サービス・・・会員が利用できる優待施設が全国に3万7000以上。美術館・博物館観光施設、ホテル、温泉、入浴施設、レストラン、クリーニング店、ガソリンスタンド、レンタカーなどジャンル豊富なので、ドライブや旅行から日常の暮らしでも使え、割引額が大きいのも魅力。

*プラスαの優遇サービス・・・JAFと提携する保険会社の自動車保険に加入すれば、通常の会員サービスにプラスαの優遇サービスが適用されます。

一方、自動車保険は、カートラブルに関しては「ガス欠時の無料ガソリン給油」「キー閉込み時の開錠」などが用意されJAFと遜色のない内容。

ただし出動拠点数の多さや無料レッカーの移送距離(JAFは15㎞まで)、遠方での事故で帰宅手段がなくなったときの宿泊費等の補償「宿泊及び帰宅費用サービス」など、JAFより勝っている点もあります。基本メニューは同じですが、保険会社によってサービスの詳細はまちまちなので、チェックが必要です。

自動車保険とJAF、両方加入すると確かに費用がかかります。ただ、JAFは優待が充実しているので、上手に使えば会費分を浮かせることもできます。自動車保険と併用すれば、二重の安心が得られ、カーライフがより豊かになるのは確かです。

「自動車保険」は各社の見積もりを取って、比較してみましょう

自動車保険は、保険会社ごとに補償内容や保険料に細かな違いがあります。加入の際は、1社だけでなく、いくつかの保険会社に見積もりを依頼して比較してみましょう。

保険料の安さから言えば、ダイレクト型(通販型)自動車保険の見積もりも取ってみるといいでしょう。ネットの一括見積もりサイトなどを利用すると簡単です。

それでも判断が難しいときは、保険ショップやFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するという方法もあります。ご自分にいちばん合う自動車保険をぜひ見つけてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

自動車保険はホントに必要?正しい自動車保険の入り方 ページTOPへ戻る