がんを知って、がんに備える。「がん保険」に入る前の基礎知識

やみくもに「がんは怖い」と思っていると、想像が膨らんで、いっそう怖くなってしまうもの。敵を攻略するには、まず敵を知ること。がんがどんな病気か、どんな治療があるのかを知ることで、自分に合う「がん保険」を選びやすくなるはずです。

そもそも「がん」ってどういう病気 ?

「がん」が発生するメカニズム

人間の体は約 60 兆個の細胞で構成されています。毎日、その 1% の約 6,000 億個の細胞が体外へ排出され、細胞分裂によって生まれた新しい細胞と入れ替わります。分裂するときは、細胞の核の中の DNA(遺伝子)をコピーして新しい細胞が生み出されます。

しかし、ときにミスコピーが発生することも。これが「突然変異」です。突然変異でできた細胞は不完全な細胞なので、免疫機能(リンパ球、NK 細胞など)に攻撃され、多くは死滅します。しかし、なかには図太く生き延びて分裂を繰り返す細胞があり、これが「がん」の始まりだとされています。

がんの発生の原因とされているのが、喫煙や過度の飲酒、アスベストなどの有害化学物質、放射線、紫外線、大気汚染、ストレスなど。しかしヘビースモーカーなのにがんにならない人などもいるので、欠陥のある細胞や外部刺激に反応しやすい細胞が上記の原因と組み合わさり、複合的な理由でがんが発生するのではと考えられています。

がんの進行~悪性新生物と上皮内新生物

がん化した細胞はやがて悪性の腫瘍(こぶ)となります。正常な細胞は周囲の組織に増殖しませんが、がん細胞は周囲の組織にも無秩序に増殖していきます。これを浸潤(しんじゅん)と言います。さらに進行すると、最初にがんが発生した部位(原発部位)から、リンパ管や血管を経由してほかの臓器に転移することもあります。

がん保険のパンフレットで「上皮内新生物」と「悪性新生物」という言葉を目にしますが、上皮内新生物とは、がん細胞が上皮内でとどまり、上皮のいちばん下の基底膜と呼ばれる層を越えずにいる状態のこと。初期がんなので、手術などで治癒でき、転移や再発の危険性も低いとされています。

悪性新生物は、がん細胞が基底膜を越えて下部の組織にまで増殖している状態です。進行がんで、転移の可能性が高くなります。

「がん」の治療って、どんなもの ?

がんの 3 大治療

現在のがん治療で主流なのが、「手術」、「抗がん剤」、「放射線治療」の 3 つ。進行や再発、転移を防ぐため、手術前後に抗がん剤、放射線治療を行うなど治療法の併用も一般的です。

手術…がんやその周辺の組織を手術で切除します。胸部や腹部では、開胸、開腹手術より体への負担が少なく快復も早い腹腔鏡手術も増えています。

抗がん剤…抗がん剤を点滴、静脈内注射、服薬などで投与し、がんの増殖、再発、転移を抑えます。

放射線治療…がんに放射線を当てて、がん細胞を破壊し、がんを死滅させるか小さくする治療。がんに侵された臓器の機能と形態の温存ができます。使う放射線は、エックス線、ガンマ線など。

また陽子線重粒子線を使う治療もあり、こちらはピンポイントでがんの病巣に照射できます。従来の放射線治療に比べ、周辺の健康な組織へのダメージを抑えられるのが利点。ただ、現在は先進医療であり、公的保険の適用外となります。つまり、高額な治療費を全額自己負担することになります。

最近注目されているがん治療

分子標的治療…がん細胞には増殖に必要な特有の因子があり、それを狙い撃ちにして増殖を抑制する薬を使います。一般的な抗がん剤に比べ、正常な細胞を傷つけることが少なく、副作用も軽減されています。白血病、大腸がん、乳がん、肺がん、腎臓がんなどで有効。

ルモン(内分泌)療法…がんによっては、特定のホルモンでがんが増殖することがあります。そのホルモンの分泌を抑制することで、がん細胞の活動を阻害する治療法。抗ホルモン剤を静脈内注射や服薬します。乳がん、子宮体がん、前立腺がんなどで効果を上げています。

がん保険の仕組みとチェックポイント

がん保険の給付金

がん保険は、主に次のような給付金で構成されています。

基本保障…・がん診断給付金・手術給付金・入院給付金・通院給付金など

特約…・がん先進医療特約・化学療法や放射線治療の特約など

* 詳しくは→「保障の手厚さで知られる「がん保険」。その特徴と選び方のポイント」

がん保険というと、以前は「入院支払日数無制限」が目玉でしたが、最近の入院短期化傾向で、それはあまり意味をなさなくなってきました。今はがんと診断された際にまとまった金額が給付される「がん診断給付金」に重きを置いた商品が主流になっています。

また手術退院後の治療や通院のみでの治療として抗がん剤・放射線治療をするケースも多く、それには通院給付金や化学療法、放射線治療の特約で対応します。がん保険も、がん治療の変化に即した内容となっているのです。

保障内容でチェックしたいこと

自分に合うがん保険を見極めるために、加入の際には給付条件をしっかり確認を。特に以下のポイントはチェックが必要です。

・がん診断給付金は、上皮内新生物(初期がん)でも全額給付されるのか、あるいは減額されて(例えば 50%)給付されるのか。
* 悪性新生物では給付されても、上皮内新生物では給付されない商品があります。

・がん診断給付金は、複数回保障か、1 回のみか。再発時にも給付されるのか。また給付条件は1年、2年、それとも5年に一度か。
* 商品によって違いがあります。

・抗がん剤治療の範囲はどこまでか。一般的な抗がん剤だけか、ホルモン療法や分子標的治療にも対応するか。
* 女性特有のがんが心配な場合、ホルモン治療への対応は気になるところ。

・通院給付金は長期の通院にも対応しているか。
* 通院給付金が日数無制限という保険商品もあります。

加入のタイミングはいつ

年齢が上がるほどがんリスクは高くなるので、保障の必要性に気づいたときが加入のタイミング。40 歳を超えると、特に男性は保険料が格段に高くなるので、できればその前に。女性は、「子宮頸部異形成」と診断されると、がん保険加入は厳しくなります。

* 子宮頸部異形成は、子宮頸がんの前段階状態のこと。日本では 20~30 代の女性に急増しています。ほとんどの子宮頸がんは、異形成の一部が数年かけがん化していくと考えられています。

がん治療と、がん保険のこれから

医療技術や医学の進歩で、がん治療は日々進化しています。新しい治療法、新しい薬で、以前は入院が必要だったケースも、日常生活を送りながら通院や在宅で治療できるような流れになってきています。

ただ、それでも治療が長期に渡ること、経済的な負担が大きいことは事実です。がん治療と患者さんが置かれた状況を敏感にキャッチしながら、がん保険はつねに内容を見直しリニューアルしてきました。

今後、がん治療は治療の選択肢がさらに増えると期待されています。そのときも経済的な不安なしに治療に専念できるよう、がん保険は変化し続けていくでしょう。「生きていくことをサポートする」姿勢を基本にしながら。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

がんを知って、がんに備える。「がん保険」に入る前の基礎知識 ページTOPへ戻る