医療保険に入っていても、がん保険ってホントに必要 ? ~がん保険に入る意味を考える

テレビ CM でも最近盛んに目にする「がん保険」。「医療保険に入っているから必要ないでしょ」「がんはお金がかかるというから入ったほうがいいのかな ?」

まずは、医療保険とがん保険のそれぞれの特徴と違いを知ることからスタート。そのうえで、がん保険が自分に本当に必要なのか、じっくり検討してみましょう。

どこが違うの ? がん保険 vs 医療保険 ~意外に知らないその違い

ひと言で言えば、がん保険はがん治療に特化した保険、医療保険はがんを含むあらゆる病気やケガの保険です。保障内容には下記のような違いがあります。

がん保険 医療保険
がん診断給付金
(がん一時金特約で対応できる商品もあり)
×
がんによる入院・手術
(入院支払限度日数無制限のものが一般的)(入院支払日数に限度があるものが多い)
がん以外の傷病の入院・手術 ×
がん治療の通院
(がん通院特約で対応できる商品もあり)
×

「診断給付金がある」「入院給付金支払日数無制限」というのが、主ながん保険の特徴。医療保険に上のような「がん特約」をプラスするのも、がんへの備えとして有効です。

また、がんを含む三大疾病や七大疾病を重視した医療保険もあります。ただ日本人の死因第一位はがん。がん治療に即したきめ細かい保障という点では、やはり、がん保険が医療保険に勝っています。

がん保険のいちばんの強みは ~がん診断給付金と通院給付金

現在のがん保険は主に「がん診断給付金」、「がん入院給付金」、「がん手術給付金」、「がん死亡保険金」、「通院給付金」、「がん退院(在宅療養)給付金」、特約として「先進医療特約」、「化学(薬物)・放射線特約」などで構成されています。

このなかで、がん保険ならではの保障が「がん診断給付金」。がんと診断された際に給付金が受け取れるもの。増大する医療費を抑える国の政策のため、最近は、がんと言えども長期入院はできなくなっていて、入院給付金は少額になりがち。

また手術給付金は手術内容によって金額が違います。このため100 万円、200 万円というまとまった金額が早期に支払われるがん診断給付金は、経済的な安心感が得られ、がん保険のいちばんの目玉になっています。

入院短期化の一方で「がん治療は長引く」とも言われます。それは退院後、再発・転移予防のため、抗がん剤、ホルモン剤、放射線などの通院治療が長期に渡ることが珍しくないから。そのため注目度が高いのが「通院給付金」。がん治療での通院が対象で、主に日額計算になっています。

入院したことが支払い条件となる場合もありますが、入院の有無に関わらず給付される商品もあります。仕事を続けながら通院のみで治療という、がん治療の新しいスタイルにも呼応した給付金と言えます。

注 : 「通院給付金」は保険商品によって、主契約の場合と特約の場合があります。

他の病気より、どうしてがんには備えが必要なの ? ~やはり、がん保険に入るべき ?

がんに備えが必要なのは、他の病気に比べ、格段に経済的リスクが大きいことが理由です。
先進医療などの保険外治療を選ばざるを得なくなる抗がん剤など化学療法の外来治療が長引いたり、再発を繰り返したりで治療費が高額になる、さらに治療の副作用で仕事ができなくなり生活が苦しくなるといったことも考えられます。

加入を検討するときの選択肢としては

・他の病気になることも考え、医療保険とがん保険に入る。万全の備えになりますが、当然、保険料はかさみます。

・がん保障は最低限でいいと割り切れるなら医療保険にがん特約をつける。コストパフォーマンスにも秀でた方法です。

・貯蓄の少ない方、自営業で疾病手当金が出ない方、医療保険に入っていない方は、医療保険よりがん保険を優先すべき。大きな経済的ダメージの回避になります。

・医療保険と貯蓄で対応できまかなえるなら、あえてがん保険に入る必要はありません。

がん保険は優れた保険ですが、誰もが入るべきとは一概に言えません。状況は人それぞれ。

まず貯蓄額、収入、子どもの養育費、持ち家か賃貸か、職種による保障はあるかなど家計全体を見渡して、がんになったとき、どんな資金が不足しそうか、貯金でまかなうのは避けたいかなどについてシミュレーションをして、夫婦や家族でよく話し合うこと。

そのうえで必要と思えば入る、不要なら入らない、どちらも正解です。

どんながん保険にしたらいいですか ? ~保険選びのポイントは

今のがん治療の傾向から言えるポイントは、

診断一時金 + 通院給付金(放射線、抗がん剤、ホルモン剤治療)が充実した設計にすること

これを基本に考えるといいでしょう。

・貯蓄が少ない方、勤務先の保障(例 : 傷病手当、健康保険からの一定割合還付)が手薄な中小企業の社員の方、また妻が専業主婦の方は、上記を基本にして、医療保険だけではカバーできない保障を検討してください。

・医療保険未加入の方は基本に加え、入院給付金、手術給付金の内容を吟味してください。

・先進医療特約が加入の医療保険についていれば、あえてがん保険につける必要はありません。医療保険の先進医療特約は、がんにも対応していますが、がん保険の先進医療特約は基本的にがん治療にのみ適用されるためです。

・入院費は、医療保険に加入しているなら、医療保険の入院給付金でまかなうという考え方でいいでしょう。そして、がん保険の入院給付金は治療中の生活費や収入減、長期通院の支出のカバーにあてる、こうした観点でがん保険を検討するとスッキリした設計ができるはずです。

・最近は終身保険に保険料免除特約をつけると、がん等の診断で保険料免除された際に、残りの保険料全額が一括払いされた扱いになることで解約返戻金が跳ね上がる(それを当面の生活費や治療費に充てることができる)合理的な保険も出てきています。

たとえがんになっても前向きに生きるために ~進化するがん保険

がんを公表した有名人で、早期発見・治療で比較的早く仕事復帰している例を頻繁に目にします。なかには再発や転移を繰り返しながらも、そのたびに適切な治療で回復している方もいます。

日本人に多い大腸がんも早期なら 5 年生存率は 99%。もちろん、がんの種類やステージによりますが、今やがんは死に直結する病気ではなくなりつつあります。

日本に初めてがん保険が登場して 40 年余り。医療技術の進歩、国の政策など社会背景、消費者のニーズといった要因で、がん保険も進化してきました。現在のがん保険はより治療に視点を向けたものに、つまりがん治療のために本来の生活がおびやかされることなく「今までどおりに生きていく手助けをする保険」というスタンスになっています。

今後は通院治療が多くなることを見越して、通院保障がより手厚く、オプションの種類も増え、より消費者の好みに合わせたオーダーメイド設計ができるように変化していくと予想されます。

一度がんになった方は、常に再発や転移の恐れと隣り合わせです。たとえそうなったとしても生活の質を守る…それががん保険なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

医療保険に入っていても、がん保険ってホントに必要 ? ~がん保険に入る意味を考える ページTOPへ戻る