保障の手厚さで知られる「がん保険」 その特徴と選び方のポイント

がん保険は、がんという特定の病気を保障するタイプの保険です。医療保険がすべての病気・けがをカバーするのに対して、がん保険はがんのみを重点的にカバーします。

保障の対象となる病気が限られているので、がん以外の病気に対する保障はありませんが、がんの保障には大きな力を発揮します。がん保険は「終身タイプのがん保険」が主流です。

がん保険の特徴

がん保険にはいろいろな保障が含まれており、代表的な保障の内容は以下のとおりです。

in001_01

診断給付金

がんと診断されたときには、治療するかしないかにかかわらず、受け取ることができます。診断給付金に関しては「上皮内がんのときの保障」と「回数制限」の2つに気をつけましょう。

「上皮内がん」とは初期のがんのことです。保険会社によっては上皮内がんの保障が小さくなっているところもあります。保障が小さくなることで保険料は安くなっていますが、病気が発見されてから気づくということがないように、加入時に保障内容を確認しておきましょう。

「回数制限」については、より注意が必要です。診断給付金が1回のみの商品、複数回のがんの診断確定に対して給付される商品、がんの診断確定と継続治療に対して給付される商品があるので、よく確認しましょう。

入院給付金

医療保険の入院給付金には限度がありましたが、がん保険には限度はありません。何日入院しても、「入院日額×入院日数」分の入院給付金を受け取ることができます。

その他の給付金

がんの治療は長期にわたることが一般的です。いったん治療が終わっても、その後通院するケースが多くなります。人によっては、まったく入院せずに通院のみで放射線治療や抗がん剤治療を行うこともあります。

がんの治療というと、外科的な治療をイメージしがちですが、体に負担の少ない放射線治療や抗がん剤治療も広まってきています(「手術」「放射線」「抗がん剤」をがんの3大治療といいます)。治療の実態にあわせて、手術だけでなく、通院、放射線、抗がん剤に備えておいたほうがよいでしょう。

古いタイプのがん保険では、通院、放射線、抗がん剤に対する保障がないものもあるので、いざというときに保険金をもらえないといったことがないように、いまのうちに確認しておきましょう。

商品選びのポイント

1.医療保険とがん保険

医療保険に加入していれば、がんも保障の対象になります。それならがん保険はいらないという意見もあります。もちろんそのような考え方があってもよいと思います。がんといってもいろいろな種類があり、進行度も人によって違います。初期の段階で発見されれば、治療費もそれほどかかりません。

ただ一般的に、がんの治療は長期にわたることが多いといえます。またがんという言葉は、人によっては重く感じることもあります。がんのことが気になるのであれば、医療保険に加入した上で、上乗せの保障としてがん保険を検討することをおすすめします。

十分な貯金があるのであれば、医療保険には加入せずに、がん保険にのみ加入するという選択もあるかも知れません。

2.診断給付金を充実させる

がんの治療は急速に進歩しています。この10年ぐらいの間に、放射線治療や抗がん剤治療の割合が増しています。これからは分子標的薬などの開発も進み、外科的手術のウェイトの低下や入院日数の短縮化が予想されます。

このような変化を考えると、特定の治療をしたときにしか出ないタイプの保険だと、保険金がもらえなくなる可能性も出てきます。分子標的薬で治療するのがベストだけど、手術をすればがん保険から保険金がもらえるから手術を選択する、などということがあったら、それは本末転倒です。

このようなケースを避けるためには、診断給付金を充実させるのが無難です。診断給付金は、どのような治療をするのかに関わらず(治療をしなくても)受け取れます。がん保険以外にも、「生前給付保険」(三大疾病保障保険)も同じような機能があるので、うまく組み合わせてみるとよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

保障の手厚さで知られる「がん保険」 その特徴と選び方のポイント ページTOPへ戻る