飲み会シーズン必見。気を付けたい飲み方と賢いお酒のたしなみ方

12月に入り、忘年会シーズンに突入。つい暴飲暴食をしがちで、飲みすぎてしまったと後悔するようなことも。二日酔いの原因や症状、飲みすぎから引き起こされる病気、また二日酔いを未然に防ぐ賢いお酒の飲み方や万が一、二日酔いになってしまったときの対処法を紹介します。

【目次】

◆ 飲みすぎで二日酔いになる人、ならない人
◆ お酒の飲みすぎは危険!こんな病気を引き起こす

◆ 翌朝スッキリ目覚めるための、賢いお酒の飲み方
◆ それでも飲みすぎてしまったら…二日酔い対処法

飲みすぎで二日酔いになる人、ならない人

お酒を飲むと、肝臓でアルコールが分解されるときに、「アセトアルデヒド」が発生します。アセトアルデヒドは有害な物質で、うまく分解されずに体内に残ってしまうと、頭痛や吐き気といった二日酔いの症状を引き起こします。

もちろん飲みすぎないことが一番ですが、アセトアルデヒドを早く体内から排出させるように心掛けることもポイントのひとつです。忘年会で飲み過ぎて、二日酔いがつらいということにならないよう、予防や対策が大切です。

お酒の飲みすぎは危険!こんな病気を引き起こす

短時間の大量飲酒や一気飲みにより、血中アルコール濃度が上昇し、低体温・低血圧・頻脈・呼吸抑制等の症状があらわれることがあります。これは「急性アルコール中毒」とよくいわれる症状で、程度によっては生命に危険を生じることもあります。

お酒を飲みなれない人、少量の飲酒で顔が赤くなる人、女性や体の小さな人、高齢者ほどそのリスクが高くなります。

日常的に多量の飲酒を続けていれば、アルコールの過剰摂取からアルコール依存症になり、規則正しい食生活や日常生活ができなくなることにもなりかねません。アルコール中心の乱れた食生活で、唾液不足・口腔乾燥が起こり、口腔内疾患になる可能性も出てきます。

アルコールは生活習慣病とも関連があります。肥満・高血圧・高脂血症(脂質異常症)・糖尿病といった生活習慣病は、お酒の飲み過ぎが原因となっている場合が多数あるからです。動脈硬化による心臓・血管病にもつながる恐れがあります。

翌朝スッキリ目覚めるための、賢いお酒の飲み方

翌朝、二日酔いにならずにスッキリと目覚めたい。そのためには、飲む前の予防が大事。急激な酔いを避けるために、空腹は避けましょう。脂質の高い食べ物は、胃中に膜を張りアルコール吸収を妨げるので、チーズやヨーグルトなどの乳製品を食べるのがおすすめ。

また二日酔いの予防にはウコン(ターメリック)が有名ですが、これにはクルクミンというポリフェノール化合物が含まれ、肝臓の解毒作用を促し、アルコールの分解を助ける働きがあります。効き始めるまでに時間がかかるので、前もって飲んでおくといいでしょう。

飲んでいる最中にも対策はできます。脱水症状を防ぐために、意識的に水分をしっかり摂ること。また血中のアルコール濃度を下げるナッツ類、アルコールの分解を助けるチョコレートなど糖分の多いもの、肝臓の負担を軽くするタンパク質を含む豆腐や枝豆といった大豆食品を摂ることもおすすめです。

それでも飲みすぎてしまったら…二日酔い対処法

二日酔いは大量の水分や糖分、ミネラルなどが身体から失われている状態。これらを解消する成分が入っているスポーツドリンクやビタミンと糖分が豊富な柑橘系のフレッシュジュース、アセトアルデヒドの作用を抑える働きがあるリコピンが含まれるトマトジュースを飲むとよいでしょう。

また二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを体の中から追い出し、脳の血液の循環をよくすることで頭痛を和らげるコーヒーもおすすめです。

アルコールは胃酸の分泌を促す働きがあるので、胃酸過多になりがち。胃に不快感があるときは、症状を和らげる効果が期待できる「すりおろしたしょうが」をスープや水に入れて飲んでみてはいかが。

サウナや入浴で汗をかくのも効くといわれますが、体内の血中濃度が高くなるので、尿がつくられにくくなり、心臓に負担がかかります。また迎え酒はしてはいけない対処法です。

さらにアルコールを摂取する行為を繰り返していると、習慣的にお酒がなくてはならない状態となってしまい、アルコール中毒になる危険性が出てきます。

 

適切な飲酒量を知り、飲み過ぎないのが一番ですが、楽しくてつい飲み過ぎてしまうこともあるでしょう。二日酔いを防いだり、改善したりできる食べ物や飲み物は、事前に用意しておき、いつでも対処できるように準備しておくのが大切ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

飲み会シーズン必見。気を付けたい飲み方と賢いお酒のたしなみ方 ページTOPへ戻る