夏バテを予防しよう!暑い夏を乗り切るためにとりたい栄養・食事法とは?

気を付けたい夏バテや熱中症。症状はどんなもの? 予防や対策は? 夏に負けない身体を作る食材・食事法を紹介します。

近年暑さが増し、室内でも熱中症にかかる人が続出しています。熱中症とは、高温多湿な環境に身体がついていけずに生じるさまざまな症状のこと。

その症状に早めに気づくことで、熱中症を予防できます。症状や気をつけるポイントを知って、上手に対処しましょう。

スタミナが必要な夏は、食生活が大切。夏バテしないために、積極的にとりいれたい食材や食事法を紹介します。

暑い夏に気を付けるべき熱中症。その症状ってどんなもの?暑いな…と思ったらチェックをするべき7ポイント

熱中症にかかっていないか症状を確認するポイントです。

1.めまいや顔のほてり

めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状。
一時的に意識が遠のく、腹痛などの症状が出る場合もあります。

2.筋肉痛や筋肉のけいれん

手足の筋肉がつるなどの症状。
筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなったりすることもあります。

3.身体のだるさや吐き気

身体がぐったりして、力が入らない。
吐き気やおう吐、頭痛を伴う場合もあります。

4.汗のかき方がおかしい

汗が止まらない、逆にまったく汗をかいていないといった症状です。

5.体温が高い、皮膚の異常

肌に触れるととても熱く、体温が高い。
皮膚が赤く乾いているなどの症状です。

6.呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

声をかけても反応しない、おかしな返答をする。
ひきつけを起こす、まっすぐ歩けないなどの症状です。

7.水分補給ができない

自分で上手に水分を摂ることができない状態となってしまいます。

1~5は自覚できる症状ですが、6と7は自覚できず危険な状態なので、すぐに医療機関にかかりましょう。

熱中症にならないために気を付けるべきことは?なってしまったら涼しいところで身体を冷やす

日常の生活の中で、ちょっとした心がけや工夫で、熱中症予防ができます。それは気温と湿度に気にかけて、今いる環境を最適に保つことです。室温を適度に下げる、通気性・速乾性などの効果がある衣服を身に着ける、直射日光を避ける、冷却グッズを身に着けるといった工夫です。

また熱中症に当てはまる症状があったら、速やかに次の対処をしましょう。

1.涼しい場所へ移動する

冷房が効いた室内や車内、風通しの良い木陰に移動し、安静にします。

2.衣服を脱がせ、身体を冷やして体温を下げる

衣服を緩めたり、脱がせたりして、体内の熱を放出させます。保冷剤などで首筋や脇などを冷やして、体温を下げましょう。水をかけて、うちわやタオルなどで仰いでも効果があります。

3.塩分や水分を補給する

水分と塩分を同時に補給できるスポーツドリンクや経口補水液、また水や麦茶に塩や梅干しなどの塩分を足して飲ませます。
おう吐の症状や意識がない場合は、水分を飲ませることはやめましょう。

夏バテにならない身体を作る! 毎日の食事から気を付けること

身体のだるさ、食欲不振といった夏バテは、食事のとり方に気をつけて防ぎましょう。注目する栄養素は3つ。スタミナをつけるタンパク質、疲労回復に役立つビタミンB1、利尿作用があるカリウムです。この3つの栄養素を含む食材を積極的に食事にとり入れるようにします。

肉類でおすすめは、タンパク質やビタミンB1を多く含む豚肉。野菜は夏野菜と呼ばれる、なすきゅうりトマトズッキーニゴーヤなどです。夏野菜にはビタミンやカリウムが多く含まれています。チャンプルーやラタトゥイユなどは効率的に摂取できる料理です。

※利尿作用のあるカリウムは熱中症時には要注意です。カフェインが含まれる緑茶やウーロン茶にも利尿作用があるため要注意です。

まとめ

夏ならではのおいしい野菜とタンパク質を含む食材が、夏に負けない強い身体を作るカギ。意外と分かりやすく、無理なく気を付けられそうですね。

また日々の体調や気温、湿度などを気にかけて、早めに対処することも熱中症を避けるのに大切です。

暑い夏、夏野菜を使った料理を楽しんで健康的に乗り切りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

夏バテを予防しよう!暑い夏を乗り切るためにとりたい栄養・食事法とは? ページTOPへ戻る