【知っておきたい】生命保険3つの基本と保険の仕組み ~保険の役割って、いざのときの備えだけじゃない~

「保険」といえば、いざという時の備えとして考える…というのが一般的。急な事故で働けなくなったときや、長期にわたる病気の治療費を捻出しなければならなくなったときなどの「万が一」のために入っておくもの…と捉えている人が多いと思います。

その一方では、学校を卒業し、就職、結婚といった人生の節目に遭遇して将来を考えたときに浮かぶもの…という考え方もあります。

一人暮らしや結婚という形で家を出ることになり、自分自身で生活をやりくりすることを考えた時、必要な時に十分な蓄えがなかったとしたら…そんな時、保険は貯蓄としてとらえることもできます。

共通して言えるのは「保険は自分の未来をプランして初めて加入を考えるべきもの」であるということ。人生を豊かにするための一つの選択として保険がある…と考えると、その捉え方も大きく変わるのではないでしょうか。

大きく3つに大別できる生命保険の種類

保険といわれて最初に浮かぶのはやはり生命保険。
この生命保険にも実は色々な種類があり、代表的なところでは「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3つに大別することができます。

では、それぞれにどのような特徴があるのかを、見ていくことにしましょう。

まず、わかりやすく解説するために、まったく同じ条件で3つの保険に加入するという仮説を立ててみます。

022_3%e3%81%a4%e3%81%ae%e5%9f%ba%e6%9c%ac
例)30歳男性が1000万円の死亡保障に加入し、60歳まで保険料を払う場合

では、それぞれの違いとメリット・デメリットについてみていきます。

<終身保険>

終身という言葉の通り、一生涯の保障が確約されている保険です。
60歳までに支払う金額は、概算で約800万円。そのまま解約をしないでおけば、自分が最期を迎えた後、受取人の方に1000万円が入ります。

「死んでからの受け取りではなく、老後に自分で使うことはできないのか」というと、それももちろん可能。「解約」することで、満期返戻金としてお金が戻ってきます。

ただし一生涯の保障はなくなるので、代わりとなる保険に加入はしておいた方が良いかもしれませんね。

(まとめ)

60歳時点で
解約=ほぼ支払い分(約800万円)が受け取れるものが多い。
据え置き=一生涯の保障。亡くなったときに1000万円が受け取れる。解約返戻金が伸びつづける。

60歳以降で解約せずに保険を放置した場合、解約返戻金が所定の利率で毎年増加していく面白さがあります。放置する期間や商品によっては保険料として支払った総額を大きく超えることも。

ただし逆に途中解約だと返戻金はグッと下がりますので、支払い期間途中での解約は慎重に。

どちらにしても取りはぐれにくい、安定的な貯蓄機能を備えた死亡保険と言えそうです。

<定期保険>

電車の定期券は期限が切れたら更新しなければ使えなくなります。それと同じ考え方で、「始まりと終わりのある保険」と考えていただければよいのではないかと思います。

60歳までの期間限定保険で、支払総額は概算で約140万円。返戻金はほとんどないですが、支払う保険料が安いのが特徴です。

(まとめ)
60歳満期時点で
契約終了=継続する場合は更新するか、新規で入り直す必要がある。
掛け捨てのため、返戻金はほぼ期待できない。

育ちざかりの子供がいて学費がかかるので保険料を少しでも安くしたい、あるいは安い保険料で必要最低限の保障をつけておけばいいという場合などに選択されることが多い保険です。

予算を抑えたい時に加入する保険ということで認識されていますが、貯蓄型の終身保険でかけつつ、計算しながら定期で最低限の保障を上乗せするという方法もあります。

前もって決めた保険期間の終了と同時に切れてしまう保険ですが、保険期間が終わるたびに見直し、その時々に合う保険を選ぶことができるという点では、都合のよい保険と言えそうです。

<養老保険>

老後のための備え…といったイメージの養老保険。3つの保険の中では、最も貯蓄向きの保険です。保険料は最も高く、60歳の満期時点での支払総額は概算で約950万円。保障は定期保険と同様に60歳で終了となります。

何事も無く60歳の満期を迎えると、死亡保障と同額の1000万円を満期金として受け取ることができます。

(まとめ)

60歳満期時点で保障はなくなりますが、保険金は自分のタイミングで受け取ることができます。満期金=満期を迎えれば、支払い額よりも受取金額の方が一般的には高くなり、1000万円となります。

途中で解約をした場合は受取金額が支払金額よりも少なくなりますが、満期になれば、支払金額よりも多く受け取ることができる、貯蓄要素の高い保険です。

それに比例して支払金額は3つのなかで最も高額になりますが、途中解約を考えないのであれば、老後のための資金準備には最適です。

ただし、そのまま据え置いても終身のように保障が続くわけでも、返戻金が増えるわけでもありません。そのため保険としては別途定期に加入するかなどについて、検討することが必要となります。

こぼれ話

今でこそ、生命保険、医療保険、学資保険…と種類ごとに加入できるようになっている保険も、戦後、日本に入ってきたばかりの頃は、それらが包括的になっている商品を販売していたのだとか。

これが現在のように「その人のライフスタイルに合ったコンサルティングをしましょう」という流れになったのは、1987年頃のことだったそうです。

こぼれ話2

保険=女性というイメージがなぜかありませんか?
その理由は、日本で保険商品を販売していたのは主に女性だったからです。

戦争で主人を亡くした未亡人たちが、子供を抱えて戦後を生きていくために、彼女たちの実体験を語りながら保険を販売したのが始まりだといわれています。

そのため何もわからない人でも売りやすいように、「まるごと売るべくして生まれた商品」となっていたんですね…。

※こちらは記事の内容を理解することを目的として、あくまでも参考ということで話を展開しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

【知っておきたい】生命保険3つの基本と保険の仕組み ~保険の役割って、いざのときの備えだけじゃない~ ページTOPへ戻る