40代の生命保険選び!ポイントとおすすめ保険を解説

生命保険は、日々の生活の中で起こる万が一の備えとしてぜひとも準備したいもの。だからこそ、各年代や利用目的に合わせて個別に検討することが重要です。特に、40代は保険の加入・見直し時期として適しているといわれており、50代以降のライフスタイルまでを見すえた保険選びがポイントになります。40代を迎えたこの時期に賢く生命保険を選びたいなら、しっかりとポイントをチェックしておきましょう。保険選びが初めての方にも、わかりやすく要点を厳選して紹介します。

 

 

40代の生命保険選び…実はとても重要

40代を迎えると、生命保険を含めた各種保険を検討する機会が増える傾向にあります。これまで特に保険に加入していなかった人が関心を持つようになったり、すでに加入していた保険の掛け金が見直されて高額になったりといったタイミングが重なるからです。生命保険の保険料算出には、予定死亡率と呼ばれている被保険者と同年代の生存率に大きく関係しています。ちょうど40代は人生の折り返し時期に差し掛かり、老後の生活を含めたライフスタイルの変化も目前です。保険料は50代になればピークを迎えるだけでなく、60代でも少額しか安くなりません。40代の時こそ、保険の加入や見直しが大切になるのです。
40代を迎えた人のライフスタイルは幅広く、独身者もいれば子育て中の人もいます。子育て世代であれば、今後の教育費などの出費を踏まえた保険選びがポイントになるでしょう。そこで、保険料の増大を少しでも抑えられる負担の少ない保険を中心に検討することをおすすめします。その上で、個々に必要と感じるオプションを追加するようにしましょう。特に、50代以降のライフスタイルを想定し、老後の保険料で支出が膨らまないように注意することも忘れてはいけません。

 

 

40代からの死亡保障について

自分に合った生命保険選びでポイントとなるのが、実際の保障内容です。保険は病気やケガ、さらには死亡時の保障といくつかの項目に分かれています。特に、保険料との関係で死亡保障に加入するか否かは検討が必要です。その理由として、一般的に60歳までの生存率は男女ともに90パーセント以上と良好だから、というのが挙げられます(※1)。もし差し迫った月々の保険料を抑えたいと考えるのであれば、考慮したいポイントに含まれるでしょう。
また、加入するとしても目的に合わせ必要となる金額を見きわめて死亡保障額の検討をすることが保険料を上手に抑えるポイントです。死亡保障の場合には支払われる保障額も高額になるので、その受け取り方もライフスタイルに合わせて選びましょう。あらかじめまとまった金額が必要になるのであれば一括受け取りがおすすめですし、一定額を月払いで受け取りたいのであれば分割での受け取りが適しています。いつまでにどれくらいの金額が必要になるのか、前もって試算しておきましょう。

 

 

40代からの医療保障について

 

医療保険に加入すると、病気やケガの治療費を保障してくれます。しかし、覚えておきたいことは高額療養制度の存在です。高額療養制度とは公的に認められた制度で、ひと月に一定額以上の高額な医療費を支払った際に払い戻しが受けられます。(※2)この制度を有効に活用すれば、ひと月の医療費は多くても10万円程度に抑えることが可能です。保険料を抑えたいなら、この制度を上手に利用するといいでしょう。もちろん、医療保険に加入しておけば突然の入院でも一時金を受け取れるほか、より環境の充実した病室や設備を用いて療養できます。つまり、必要十分な治療に関しては公的な制度で補い、より充実感を得るためには医療保険を検討するとさらに安心でしょう。

 

 

40代からのがん保障について

生命保険に含まれる保障内容の中でも、がんに対する備えは重要項目でしょう。その理由として、療養期間が長期化することや収入面でもしっかりとした対策が欠かせない病気だからです。(※3)特に、40代の場合、家族を持つなど生活の中心的な役割を担っていることが考えられます。それだけに、万が一に備えてがん保障に加入するのか検討したいものです。統計的にみると、40代での発症率は低いといえます。しかし、リスク回避の意味では経済的な余力があるのなら加入をおすすめします。また、がん保障に加入する場合には、保障内容と支払い条件を十分に検討しましょう。どのような場合に支払いを受けることができるのか、再度入院が必要となった場合でも保障対象に含まれるのかなどチェックが必要です。

 

 

40代が節目かも… 生命保険について再考しよう

 

生命保険の再考をするのであれば、40代はおすすめの時期といえるでしょう。これまでの保険を見直したり、50代以降のライフスタイルを見据えた保険を選んだりできるからです。生命保険を上手に選ぶには、保険内容と保険料のバランスに注意しましょう。特に、40代は万が一に備えた保険選びを心掛けましょう。いざという時の保障をしっかりと押さえた上で、個人的に充実させたい保障を保険料と相談しながら追加します。そうすれば、満足度の高い生命保険を見つけられるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

40代の生命保険選び!ポイントとおすすめ保険を解説 ページTOPへ戻る