20代のための保険ナビ!必要な知識や保険の必要性まとめ

20代といえば、まだ社会に出たばかりの年頃です。
心身ともに健康な人が多く、保険の必要性を感じるケースは少ないのではないでしょうか。
しかし、だからといって保険は不要だと決めつけるのは早計です。
保険にはさまざまな目的があり、その目的によっては若い時から加入しておいた方が
よいものも存在するからです。
そこで、みなさんが考える上での指針となるように、20代で保険に加入した方がよいケースや
保険に入ることのメリットやデメリットについて解説をしていきます。

 

 

保険の基本的な知識!仕組みや大切なポイントって?

 

そもそも保険とは何かというと、多数の人間から少しずつお金を集め、
万が一の時のために蓄えておく財産共有システムです。
何も起こらなければそのお金が使われることはありませんが、万が一病気になったり、
事故に巻き込まれたりした人はそのお金で救済されるわけです。
したがって、その『万が一』が起こらなければ保険への加入は損ということになります。
実際問題、大多数の人にとって保険は金銭的損失になるものとはいえるでしょう。
しかし、問題は『万が一』が誰の頭上に降り注ぐかわからないという点です。
昨日まで元気に働いていたのに急に病で倒れたり、思わぬ事故で大けがをしてしまったりなどといった
可能性は常に私たちの間につきまといます。
もし、それが起きても対処できるだけの十分な貯蓄があるというのなら、
保険は不要だといえるかもしれません。
一方で、『万が一』が起きると困るという人にとっては保険加入の検討は意味のあることです。
ただし、負担の大きな保険に入って生活を圧迫しては本末転倒です。
あくまでも最小限の負担で大きな安心を買うのだという点が重要なポイントとなります。
そういった観点からもう一度自分にとって保険が必要か否かを考えてみてはいかがでしょうか。(※1)

 

 

20代で医療保険が必要となる理由と不要な理由は?

急に重い病にかかった時や大きなケガを負った時に、あると助かるのが医療保険です。
しかし、20代の若者にこの保険は必要なのでしょうか。
これは人によって意見の分かれるところです。

まず、貯蓄が十分でない20代の場合、入院が長引くと医療費が払えなくなる可能性があるので
医療保険に入るべきだという意見があります。
また、仮にある程度の貯蓄があったとしても、将来のために積み立てているのであれば
それを切り崩さなくてすむように保険に入った方がよいというのです。
それに、まとまったお金が手に入れば、入院でふさぎがちな気持ちも元気づけられるという点も
医療保険が必要な理由として挙げられています。
その他にも、日本の社会保障制度はいずれ破綻する可能性が高いのだから、それに代わる保険に
入っておくべきだなどといった考えもあります。

一方、医療保険が不要だという意見の根底をなしているのが、国民健康保険という医療保障の存在です。
医療費の7割が免除されることに加え、トータルの負担額も過度にならないように高額医療制度によって
1ヶ月ごとの上限が定められています。
そして、その範囲内であれば貯金で十分賄えるというわけです。
将来的に日本の保障制度はどうなるかはわかりませんが、少なくとも現時点ではこれだけの
手厚い保障が存在します。
そう思うと、毎月保険料を払うのはもったいないように感じるのでしょう。
例えば、月々5千円払った場合は1年で6万円、30年間で180万円にもなるのです。
さらに、保険に入ってもそれで治療費がすべて賄われるとは限らないという点も医療保険が
不要だという意見を後押ししています。
どういうことかというと、入院に対しては支払限度日数が設けられていてそれを超えると
保障の対象外になりますし、他にも、保障するものとしないものの細かい区分が存在します。
決して無制限の保障を約束しているわけではないのです。
それらの点を踏まえると、ある程度の貯金がある人は無理に医療保険には入らなくてよいかもしれません。
ただ、全く貯金がない人は、少なくとも貯金が一定額貯まるまでは
医療保険に入っておいた方が安心なのではないでしょうか。(※2)

 

 

20代で保険に入るなら!考えるべき項目は?

保険を検討する際、まず重要なのは目的を明確にすることです。
例えば、「自分に万が一のことがあった時に妻のために」、
「自分が病気になった時に治療費と生活費を確保するために」などといった事柄です。
ここを曖昧にするとどんな保険に入ったらよいのかが分からなくなってしまいます。
次に、保障内容は極力シンプルなものにした方がよいでしょう。
特約などをつけ、保障条件を複雑にするとそれだけ保険料も高くなってしまいます。
それに、条件を複雑にすると内容を勘違いして保障がつくと思っていたのにつかなかった
などといったことにもなりかねません。
最初はシンプルで保険料が安いものを選び、年齢を重ねて病気などのリスクが高まると
それに応じた条件の追加を検討していくのが賢明です。(※1)

 

20代で保険に加入する意味は?メリットとデメリット

 

60歳で満期を迎えるような長期に及ぶ保険の場合、20代での加入にはメリットとデメリットの両方が存在します。
まず、メリットは保険料が安い点です。
若い内に加入した方が月々の保険料が安いのはもちろんですが、満期を迎えるまでに
トータルで支払う金額も安くなるのです。
例えば、40歳で加入して60歳まで支払うと保険料の合計は100万円になるとすれば、
25歳で加入すると80万円ですむといった感じです。
それに、医療保険などは傷病歴があると加入できない場合があります。
20代なら健康である確率が高く、保険にも入りやすいといった点もメリットだといえるでしょう。
それに対して、デメリットとしては20代から保険をかけていて一度も使う機会がないと
損をした気分になるという点が挙げられます。
特に、病気ひとつせずに20代を過ごした人にとって医療保険は全くのムダだと感じられるかもしれません。
後は、終身医療保険などの長期の保険をかけていても数十年後にはインフレなどで
保険金の価値が激減してしまう可能性がある点です。
仮に、加入から30年たって4000万円の保険金を受け取った時に
物価が当時の5倍になっていたとしたらどうでしょうか。
受け取った4000万円は実質800万円の価値しかないことになります。
20代で保険に加入する際にはこうしたメリットやデメリットをよく考えることが大切です。(※2)

 

 

20代でも入るべき!?おすすめの医療保険

 

20代で医療保険に入るメリットとデメリットを踏まえた上でおすすめの保険を挙げるとすれば
『10年更新型の定期型医療保険』、『短期払込型の終身医療保険』、『払込保険料が還付される終身医療保険』
などがあります。

まず『10年更新型の定期型医療保険』は保険料が安い割に保障が厚いのであまり財力のない20代でも
気軽に加入することができます。
それに、将来の物価上昇が心配だという人は一定期間ごとに保険の見直しができる更新型の方が安心でしょう。
それに、貯金がないから保険に入ったという人は10年間で貯金をして保険をやめてしまうこともできます。

次に、老後の医療制度がどうなるか心配な人は『短期払込型の終身医療保険』に入って
老後に備えるのもひとつの手です。
このタイプは早期に保険料の支払いを終了して一生涯の保障を得るというものです。
将来、日本の医療制度がどのようになったとしても、保険料を支払い終えた時点で一定の保障が
受けられることになります。

最後に、『払込保険料が還付される終身医療保険』は医療保障と貯蓄の両方が重要と考えている人におすすめです。このタイプの保険の場合、ケガも病気もせずに満期を迎えると今まで支払った保険料が還付金として返ってきます。したがって、保険金をもらえなくて損をしたという気分にならなくてすみますし、結果として将来への蓄えにもなるわけです。以上のように、医療保険ひとつとってもさまざまなタイプがあるため、保険に入る時は自分に適したものはどれかをよく検討することが重要です。(※2)

 

 

『※1【保険コネクト】保険の選び方基本編|20代以上は絶対に知るべき4つの考え方 https://hoken-connect.jp/columns/50/

『※2【保険の教科書】20代で医療保険は必要?必要性と3つのおすすめプラン http://hoken-kyokasho.com/20dai-iryohoken

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

20代のための保険ナビ!必要な知識や保険の必要性まとめ ページTOPへ戻る