高齢者の保険はどうすべき?保険の必要性や知っておくべきこと

若い間は保険など不要と考えていた人も高齢者と呼ばれる年齢に達すると肉体も衰え、病気にもなりやすくなってしまいます。そして、その時点で保険への加入を検討してもそこには大きな問題があります。保険とは万が一の備えとしてかけるものなのに、その「万が一」が起きる可能性が極めて高い高齢者が対象では制度上うまくマッチしない部分があるのです。それでは高齢者は保険についてどのように考えるべきなのでしょうか。いくつかのポイントを挙げながら解説をしていきます。

 

 

厚生労働省の高齢者医療って何?

 

肉体的な衰えを自覚すると必要性を感じるのが医療保険ではないでしょうか。しかし、医療保険を論ずる前にまずは、国が定めた高齢者医療制度がどのようになっているかを確認しておきましょう。この制度は65歳以上75歳未満の前期高齢者医療制度と75歳以上の後期高齢者医療制度のふたつに分かれています。まず、前期高齢者医療制度は基本的に65歳未満の人と同じ制度下にあり、その費用は健康保険組合などが分担しています。自己負担額も65歳の時点ではこれまでと同じ3割負担ですが、70歳からは2割負担へと軽減される点が大きなポイントです。同時に、1ヶ月の医療費負担限度額である高額療養費も大幅に引き下げられるため、70歳からの医療負担はかなり楽に感じられるようになるでしょう。そして、75歳になると、今度は後期高齢者制度に移行します。これは今までの制度とは独立したもので、保険料に関しては基本的に年金からの天引きとなります。ここでの大きな変化は、なんといっても医療費の負担額が1割にまで軽減される点です。しかも、高額療養費の限度額はさらに引き下げられ、標準的な収入を得ている人で44,400円、低所得者層で24,600円となります。極端な話をすると、1ヶ月の医療費が実際には100万円かかっていたとしても、44,400円や24,600円を払えばすむようになるわけです。以上の点から、日本では高齢者に対してかなり手厚い保障が施されており、医療費に関する心配は少ないといえます。(※1)

 

 

高齢者が医療保険の加入を考えるなら!知っておくべきこととは?

 

医療保険は突然の病気などに対して入院費などを肩代わりしてくれるため、高齢者にとっては心強い存在のようにも思えます。しかし、実際はそこまで万能だというわけではありません。例えば、入院した時に支給される入院給付金は通産100日や1入院50日までといった制限が定められており、超過分に関しては自分で払わなくてはならないのです。それに、高齢者になってから医療保険に入ると保険料が高く生活を圧迫してしまう可能性があります。また、高齢者の場合は自分が気づかない間に病気を抱えている場合が多く、その状態で保険に加入するとあとで告知義務違反になって保障がつかないといったケースも考えられます。それらのリスクを考えると、あえて医療保険に加入しなくても保障の手厚い高齢者医療制度を頼りにし、足りない部分は貯金で補った方がメリットも大きいのではないでしょうか。高齢者になってから医療保険の加入を検討する際には、これらの疑問に対して十分検証を行う必要があります。(※2)

 

 

高齢者になったら!加入しておくべき保険って?

 

高齢者になってから加入すべき保険にはどのようなものがあるのかを考えてみましょう。まず、医療保険は高齢者になってから加入するとどうしても保険料が高くなってしまいます。それに対して、その保障にはいろいろ制限があるため、保険金を使ったとしても結局損になる可能性が高いと言えます。したがって、医療費は『高齢者医療制度+貯金』でまかなうことを考え、貯金が十分にない場合だけ医療保険の加入を検討すればよいのではないでしょうか。また、生命保険に関しては子どもに資産を残すという意味では不要でしょう。子どもはすでに大人になって経済的に独立しているはずだからです。もし、配偶者の生活費を確保したいのであれば、生命保険に入る前に、自分が死んだあとに残された者の年金がどうなるのかを計算してみましょう。冷静に計算をしてみると年金と貯金を合わせると十分やっていける額だったといケースも多いはずです。そもそも、生命保険というのは十分な蓄えがない人がそれで代用するという意味合いが強いものです。自分の場合は本当にそれが必要なのかをよく考えてみてください。(※3)

 

 

70歳や80歳でも大丈夫!加入できる保険って?

 

高齢者になるにつれて死亡リスクはおのずと高くなります。それだけに、後期高齢者と呼ばれる年齢を超えてしまうと保険に加入すること自体が至難の業になってしまいます。ところが、中には日本人男性の平均寿命にあたる80歳を超えても加入可能な保険が存在するのです。例えば、メモリードライフの無配当1年定期保険(保険金建)です。20歳から89歳まで申し込み可能な1年更新型で、99歳まで更新ができるようになっています。死亡保険は最大300万円ですが、そこに特約をつけて災害による死亡の場合に300万円を上乗せすることもできます。また、エクセルエイドの普通保険ライフは6歳から89歳まで申し込みができ、90歳まで更新可能です。死亡保障はやはり最大300万円で、保険料は保険金100万円ごとに80歳では男性月額9,489円、女性は4,831円となっています。こういった保険は持病を持っている場合でも入りやすいように加入基準を緩和しているのが特徴です。高齢者となってからどうしても保険が必要となった場合は検討してみてはいかがでしょうか。(※4)

 

 

『♯1【 価格.com】高齢者は医療保険を検討するべき?http://hoken.kakaku.com/insurance/gma/article/1705a.html

『♯2【 保険の教科書】高齢者が医療保険を検討するときに知っておくべきこと http://hoken-kyokasho.com/koureisya-iryou

『♯3【 生命保険会社の見直し相談まとめ】高齢者になってからの保険、加入すべき保険とは? http://hoken-manabu.jp/archives/626

『♯4【 lify.jp】80歳以上の高齢者でも入れる保険 http://lify.jp/%E4%BF%9D%E9%99%BA%E9%81%B8%E3%81%B3%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%84/80%E6%AD%B3%E4%BB%A5%E4%B8%8A%E3%81%AE%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E3%81%A7%E3%82%82%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E4%BF%9D%E9%99%BA/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

高齢者の保険はどうすべき?保険の必要性や知っておくべきこと ページTOPへ戻る