養老保険の特徴とは?どういう保険なのかをレクチャー!

生命保険への加入を検討する場合、自分や家族のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。そして、もし貯蓄性の高い生命保険を希望しているのであれば養老保険は有力な選択肢となります。ただ、養老保険とはどのようなものかをよく知らないという人も多いのではないでしょうか。そこで、養老保険について詳しく知りたいという人のために、その概要を説明しつつ、養老保険に加入した場合のメリットやデメリットなどについて解説をしていきます。

 

養老保険とはどんな保険?

養老保険の第一の目的は、加入者にもしものことがあった場合に残された家族がまとまったお金を受け取れるようにすることです。そのため、加入した時点で死亡保障を受け取る権利を得られます。つまり、加入者が死亡、もしくは高度障害者になった場合には保険会社から保険金が支払われるわけです。また、満期の期間が定められているのも養老保険の特徴です。同じ生命保険でも終身保険の場合は一生涯保障が続く代わりに、元気なうちにお金を受け取るには保険を解約する必要があります。それに対して、養老保険は加入時に満期の時期が定められており、そのときになれば満額給付金が受け取れる仕組みになっています。
さらに、養老保険を語る上では貯蓄性の高さも見逃せません。終身保険にも貯蓄性は備わっていますが、養老保険が満期になったときに受け取れるお金は同時期に終身保険を解約して得られる金額よりも高い傾向にあります。そのため、万が一の場合に備えつつ、老後のために貯蓄するのに向いている保険だといえます。

 

 

積み立てタイプと一括払いタイプがある

養老保険は大きく分けて積立と一括払いの2つのタイプがあります。まず、積立とは満期まで一定の保険料を払い続けるタイプの保険です。たとえば、毎月1万円ずつ、あるいは毎年12万円ずつといった具合に保険料を支払い続け、満期になれば満期給付金を受け取るといった方式です。1度の支払いが少額ですむので資産にあまり余裕がないという場合はこちらのタイプが向いています。
それに対して、一括払いは保険加入時に満期までの保険料を一括して支払うのが特徴です。仮に、保険料がトータル350万円とすれば最初にそれを払ってしまい、以降は保険料を支払う必要はありません。そして、満期になるのを待って満期給付金を受け取るというわけです。1度に多額の保険料を支払わなくてはならないので当然負担は大きくなりますが、その分、積み立てタイプに比べて満期給付金の額も高額になるのが最大のメリットだといえるでしょう。ただ、加入者が途中で亡くなった場合は積立タイプにしておけばより少ない保険料で保険金を受け取れたのにという話になりかねません。したがって、どちらのタイプを選ぶかはそれぞれのメリットとデメリットを秤にかけて慎重に検討する必要があります。

 

養老保険に加入するメリット

養老保険は満期が設定されているのでその時期になれば必ず保険金が受け取れるというのがメリットの一つです。これが終身保険ならお金を受け取るには解約をしなければなりませんし、定期保険の場合は掛け捨てなので何事もなく契約期間が過ぎてしまうと基本的にお金は戻ってこなくなります。また、貯めたい金額や貯蓄を続ける期間を自由に設定できるのも養老保険の大きな利点です。仮に、現在30歳だとすれば、老後に備えて30年後に保険金が支払われるように設定することもできますし、5年後にまとまったお金が欲しければ5年設定の保険への加入も可能なわけです。要するに、養老保険とは万が一の場合の保障がついた利率のよい貯金だといえます。もちろん、本当の意味での貯金ではないので自由にお金を引き出すことはできませんが、将来に向けて計画的に貯蓄をしたいという場合には魅力的な選択肢の一つになるはずです。

 

 

考えなければならないデメリット

多くのメリットがある養老保険ですが、当然デメリットも存在します。その一つが保険料の高さです。貯蓄性が高いだけに月々支払う保険料の負担はどうしても大きなものになります。満期まで支払えればリターンも大きいのですが、支払い切れずに途中で解約してしまうと元金割れを起こしてしまう可能性が高くなります。また、なんとか支払うことができたとしても、そのために日々の生活を圧迫してしまっては本末転倒です。しかも、解約返戻金が元金を下回るという事実は保険の見直しがしにくいということを意味します。確かに、養老保険は利率の良い貯蓄という側面がありますが、銀行などの貯金と違って物価上昇に連動して利率が上がるわけではありません。そのため、保険の乗り換えがしにくいことで将来的に大きな損失につながる可能性があります。
さらに、その他のデメリットとしては生涯保障がされていないという点が挙げられます。たとえば、30歳で加入して60歳で満期を迎えるとそれ以降に死亡したり、高度障害者になったりしたとしても保険金は一切支払われません。もちろん、満期を迎えた時点で満期保険金は受け取っているのですが、その後長生きをして保険金をすべて使ってしまえば家族に残せるものは何もなくなってしまいます。
以上のように、養老保険への加入を検討する際にはそのメリットとデメリットを踏まえた上で、自分に合った保険であるかをよく検討することが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

養老保険の特徴とは?どういう保険なのかをレクチャー! ページTOPへ戻る