雨漏りで火災保険が使えるってホント?使えるのはどんなケース?

住宅を借りる場合も購入する場合も加入することの多い「火災保険」ですが、詳しい補償内容については把握していない人もいることでしょう。加入する時にしっかり説明を受けたとしても、何も起こらなければ保険を使う機会がないので無理のない話です。「火事の補償」というイメージが強いですが、火災保険では水が関係する事故である雨漏りなども補償対象になっています。今回は、雨漏りで火災保険が適用されるための条件などを詳しく説明します。

 

 

雨漏りで火災保険?使えるのはどんなケース?

 

雨漏りで火災保険が使えないのは、住宅が古くて雨漏りする可能性が高かった場合、雨漏りの原因が他人の過失だった場合、建築事業者の施工不良が原因だった場合、地震が原因の場合などです。
古くて雨漏りする可能性を予測していたのに、住宅を修理せずに放置していた場合は保険が使えません。マンションなどで上階の人が水をあふれさせて雨漏りした場合は、上階の人の保険を使う可能性が高くなります。その住宅を建築した事業者の施工不良が雨漏りの原因だと判明した場合は、事業者の責任です。地震が雨漏りの直接の原因になった場合は、火災保険ではなく「地震保険」を使います。その他に、原因不明の雨漏りも補償対象になりません。
自分の加入している火災保険が雨漏りを補償対象にしていることが確認できたら、突然の自然災害の時に保険を使えるように、現状の住宅に雨漏りの原因になりそうな破損箇所はないか確認しておいたほうが良いでしょう。屋根の破損だけでなく、住宅の壁のひび割れや壁とサッシのすき間なども雨漏りの原因になることがあります。このような軽微な破損の場合は安価で簡単な修理で済むことも多く、早めの対応が肝心だと言えます。

 

 

雨漏りは水害?ではなく風災です!

 

雨漏りは水分が主成分である雨水が関係するので「水害」のイメージがありますが、保険事故としては「風災」の扱いになることが多くあります。雨漏りの原因となる屋根の破損が、風によって引き起こされることが多いからです。強風・暴風雨・台風や竜巻などによって風災は起きますが、屋根の破損の直接の原因になることもあれば、間接的な原因になることもあります。強風で屋根がめくれ上がるように破損した、瓦が飛ばされたなどは、風が直接の破損原因になっています。強風で物が飛ばされてきて自宅の屋根に穴を開けてしまうようなケースでは、風が間接的な破損原因だと言えます。日本の中でも南の地域は暴風雨による保険事故、北の地域は大雪による保険事故が多いという特徴がありますが、風災も請求される件数の多い事故の一つになっています。
住宅にかける保険には「住宅総合保険」と補償範囲を絞った「住宅火災保険」があります。ここで挙げた「風災」は、どちらのタイプの保険でも補償されています。「住宅総合保険」では水災や盗難などの事故も補償していますが、「住宅火災保険」では補償の対象外です。自宅にかけている火災保険がどちらのタイプなのか、確認しておくと良いでしょう。

 

 

まとめ

 

実際に風災で雨漏りの被害に遭った場合は、火災保険を契約している保険会社のサービスセンターや代理店にすみやかに連絡しましょう。請求の手続きについて、詳しく説明してくれることでしょう。
自然災害は起こっていないけれど火災保険に加入していない、加入はしているけれど補償内容がよくわからなくて不安だというような場合は、保険代理店や損害保険に詳しい専門家などに相談してみましょう。自宅の状況や自分の希望にあった補償内容をピックアップして、必要補償額に過不足のない火災保険に加入できるようなアドバイスをもらえるので安心です。補償内容の細かい基準などについて納得できるまで質問することもできます。

 

 

THE火災保険の達人http://www.fsausomali.org/post-239
火災保険ランキング火災保険の選び方補償内容火災http://火災保険比較ランキング.net/kasai/hosho/amamori.html
損害調査担当に訊く火災保険事故のウラ側https://allabout.co.jp/gm/gc/324655/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

雨漏りで火災保険が使えるってホント?使えるのはどんなケース? ページTOPへ戻る