貯金を考えた保険を!貯蓄型保険の魅力と選び方

保険にはさまざまな種類があります。
少ない掛け捨て保険料で大きな保障が得られる保障型保険もあれば、
保険料は高めでも掛け捨てではなく貯蓄機能が高い貯蓄型保険も存在します。

保険に加入する場合は目的に合わせて保険を選ぶ必要がありますが、
いざというときの資金を確保したいという人は、
貯蓄性と保障性が同時に得られる貯蓄型保険への加入も検討すべきでしょう。

そこで、貯蓄型保険のメリット・デメリットや選び方などについてお伝えします。

 

貯金にもなる?貯蓄型保険とは?

 

生命保険にはさまざまなタイプの保険があり、その中には貯蓄型保険と呼ばれるものもあります。
代表的な貯蓄型保険としては、満期がなく死亡保障が一生涯続く終身保険と、
保険期間中の死亡に対して支払われる死亡保険金と満期時に支払われる満期保険金が
同額である養老保険があげられます。

貯蓄型保険は保険期間中の死亡保障が得られるだけでなく、
満期時や解約時に解約返戻金と呼ばれるまとまった資金が得られることが特徴の保険です。
終身保険や養老保険のような貯蓄性がある保険は、保険料が掛け捨てになりません。
終身保険であれば死亡時まで保障が続きますし、
養老保険であれば満期まで生存した場合は満期保険金が支払われます。

いずれの保険金もいずれは受取人に支払われることになりますので、
保険会社としてはその支払いに充てるためのお金を保険料として受け取り、
将来の支払いのために運用して残しておかなければいけません。

つまり、契約者は保険会社にお金を積み立てているような形になります。
解約時は、保険会社に積み立てられている資金から一定の解約控除を除いた金額が
解約返戻金として支払われます。(※1)

 

貯蓄型保険に加入する意味は?メリットとデメリット

 

貯蓄型保険には主に3つのメリットがあります。

1つ目は保障確保と貯金を同時に行うことができる点です。
貯蓄性がある保険の特徴は「預金は三角、保険は四角」という言葉で表すことがあります。
預金は、縦軸に受取額、横軸を時間とした場合、右肩上がりのグラフで表現でき、
三角形の形でお金が貯まっていきます。

一方貯蓄型保険は、解約返戻金に関しては預金と同じように右肩上がりですが
保険期間中の死亡保障は満期までの積み立て累計額とほぼ同額が加入直後から満期まで続き、
グラフでは四角形で表されます。
つまり、死亡保障を得ながら積立預金と同様の貯蓄効果も期待できるということです。

2つ目は定期預金よりも戻り率がよいということです。
日本銀行のゼロ金利政策などの影響で預金金利はほぼゼロといっても過言ではない水準になっています。
そのため預金していてもほとんど利息収入は期待できません。
保険の運用利率も厳しい状況ですが、預金よりは高い戻り率が期待できるといわれています。

3つ目は貯蓄しやすいという点です。
保険料の支払いは銀行口座振替で行われることが多く、
強制的に引き落とされるため貯めやすいといえるでしょう。

一方デメリットも3つあります。

1つ目は定期保険などの掛け捨て保険と比較すると保険料が高いことです。
保険料が高い分、貯蓄機能が優れているためやむをえないでしょう。

2つ目はインフレリスクです。
貯蓄型保険は死亡時や満期時の保険金を契約時に決めることになりますが、
保険期間中にインフレが発生すると保険金は実質的に目減りしてしまうことになります。

3つ目は解約時に支払った保険料よりも解約返戻金が少なくなるケースがあることです。
特に加入後早期に解約すると、運用益や解約控除などの関係でそういったことが起こりえます。(※1)

 

※1.【いつでも保険相談ナビ】5分でわかる貯蓄型保険の3大メリット/デメリット
http://www.hoken-buffet.jp/news/knowledge/saving

 

銀行の預金と貯蓄型保険なら… どちらにすべき?

 

同じ貯蓄をするなら銀行預金と貯蓄型保険のどちらがよいのだろうと迷う人もいるでしょう。

保険は加入時の健康状態などによっては加入できないこともあります。
そういった場合は預金を活用すればよいでしょう。
保険に加入できる場合は貯蓄型保険の活用を検討しましょう。

インフレリスクに関しては預金も保険も同じですので、
預金にはない保障性が保険にはあることを考えると、
満期まで解約する可能性が小さければ貯蓄型保険を活用する方が有利といえるかもしれません。

また、銀行預金の場合は積み立てに回すべきお金を使ってしまう誘惑に負けそうだという人も、
銀行口座引き落としで保険料を支払うことになる貯蓄型保険を活用することをおすすめします。

 

貯蓄型保険でお金を貯めるなら!覚えておくべき選び方のポイント

 

貯蓄型保険を選ぶ場合は、目的に応じて適した保険を選ぶことがポイントです。
主な4つの目的に適した保険をご紹介します。

1つ目は、解約する可能性が低く死亡保障を兼ねて貯金を行いたい場合です。
この目的の場合は、低解約返戻金型の終身保険を選ぶとよいでしょう。
低解約返戻金型とは、解約時に支払われる解約返戻金が低額に抑えられている分、
保険料が安く設定されているタイプの保険です。
途中解約しなければ安定的かつ効率的に貯蓄できます。

2つ目は、老後の生活費を貯めたい場合です。
この場合はリスクが低い個人型年金がおすすめです。
年金の受取方法には多くの選択肢があります。

3つ目は利回りの良さを求める場合です。
この場合は、日本よりも高い利回りが期待できる外貨建保険を検討しましょう。
ただし為替差損を被るリスクは覚悟する必要があります。

4つ目は手元資金を一括で支払って運用したい場合は一時払い終身保険がよいでしょう。
死亡保障を得ながら貯蓄ができるだけでなく、
預金で保有しているよりも相続税の節税につながるメリットも得られます。(※2)

※2.【保険の教科書】貯蓄型保険でお金を貯めるときに必ず知っておくべき知識と選び方
http://hoken-kyokasho.com/tuitate-hoken

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

貯金を考えた保険を!貯蓄型保険の魅力と選び方 ページTOPへ戻る