自転車事故を起こしてしまったら… 自動車保険でカバーできる?

老若男女問わずに使用する頻度が多い乗り物といえば自転車です。自転車は近くのスーパーに買い物に行ったり、通勤・通学に使ったりと、距離を選ばずに使用できることも特徴といえます。しかし自動車と比べると専門の保険も少ないことから、「事故が起こった際の補償について不安がある」という方も多いのではないでしょうか。自転車で事故を起こしてしまった場合には、自動車保険でカバーできるケースもあります。今回は、自転車事故の事例と保険のかけ方をあわせて紹介します。

 

 

うっかり自転車事故で大変なことに…

 

自転車は使用するための免許もないため、大人から子供まで幅広い年齢層の人々が日常的に乗車しています。しかし自転車に乗っている時に事故を起こしてしまうと、重大な問題に発展してしまうことも考えられます。自転車事故の例をご紹介しましょう。小学校5年生の男の子が、坂道を自転車で下り、女性に衝突してしまった事件が発生しました。自転車と衝突した女性は転倒した勢いで頭を強く打ち、一命は取りとめたもののその後意識が戻らない状態になってしまいました。裁判の判決では、少年の母親に賠償命令が下され、その金額は9,500万円というばく大なものとなりました。他にも自転車に乗っている際に歩行者と衝突し、死亡させてしまったケースは多数あります。

 

 

自転車事故を起こすと発生するお金とは?

 

自転車事故を起こすことで発生するお金には、医療費と破損したものの修繕費、損害賠償金などが挙げられます。まず、自転車で事故を起こし相手にケガをさせてしまった場合、ケガの治療にかかる医療費は自転車に乗車していた人が支払います。入院が必要になる場合などは費用も高額になりやすいです。自身がケガを負ってしまった場合は、自身の治療のために医療費が必要になります。自転車に乗っている際に衝突した相手が歩行者ではなく車に乗っている場合などは、車の修理費などを支払うことになります。また、自転車で起こした事故によって、被害者に深刻な後遺症が残ってしまったり、死亡してしまったりした場合は、損害賠償を請求されるケースもあるため注意が必要です。中には損害賠償金で約1億円を請求されたケースなどもあり、金額は大きくなりやすいといえます。

 

 

自動車保険で自転車事故の補償ができる!

 

自動車保険の中には自転車事故を起こしてしまっても、補償が適用される場合もあります。自転車で事故を起こしてしまった場合に補償を受けるためには、「人身傷害補償保険」と「個人賠償責任保険」について知っておくことが大切です。まずは人身傷害補償保険について解説しましょう。人身傷害補償保険とは、契約している自転車に乗っている際に搭乗者が事故で後遺障害を負ったり、死亡したりする場合などに適用される保険です。契約の保険金額の範囲内で実際の損害額が支払われる実損払いになります。搭乗者の医療費だけではなく、過失分を含めて全額保証が適用されるため安心です。次に個人賠償責任保険とは第三者の体や財物に被害を与えてしまい、法律上の賠償責任を負った際に適用される保険です。日常生活全般のトラブルに対しても適用されるため、補償も幅広いことが特徴です。家族全員で加入する必要がなく、その家の生計維持者が加入することで、配偶者や子供、同居の状態にある親などにも適用されます。これらの保険は自動車保険に付帯して契約することが一般的といえます。

 

 

若い人ほど加入しておきたい自転車事故の補償

 

20歳以下の方が自動車保険に加入する場合、保険料は高くなりやすいといえます。この若い世代は事故に遭うリスクが高いと考えられているためです。自転車の運転でもスピードを出してしまう傾向もあります。しかし、20歳以下の方が自転車事故を起こしてしまっても、被害をカバーするためのお金や賠償金を支払うことは難しいです。自転車の事故を起こした方が若年である場合、貯金が少なかったり、働き始めで金銭的な余裕がなかったりすることが多いのです。最悪の場合、家族や親せきに迷惑をかけてしまうことも考えられます。だからこそ個人賠償や人身傷害補償が必要なのですが契約の内容によっては、保険料が高くなりすぎてしまう場合もあります。それでもいざという時のために保険に加入する際には、補償の内容や保険料についてよく確認してから加入するようにしましょう。また、個人賠償責任保険は本人が加入していなくても家族が加入している場合は補償を得られる場合もあります。家族がどのような保険に加入していて、どのような補償があるのか把握しておきましょう。20歳以下の方や若年の方が保険に加入する際の、1つのポイントになります。

 

 

まとめ

 

通勤や通学、買い物などに自転車を利用する方は多いです。自転車による事故であっても、自身が大きな被害を負ってしまったり、他人にケガを負わせてしまったりする場合もあります。場合によっては、数千万円にも上る賠償金を支払わなくてはいけなくなってしまうこともあるようです。自動車保険で自転車事故をカバーするためには、「人身補償保険」と「個人賠償責任保険」について知っておくことが大切です。自転車事故が大きな事故に発展してしまった場合でも、損害をカバーすることができますので、ぜひ検討してみてください。

 

https://allabout.co.jp/gm/gc/400721/2/(Allabout)http://www.自動車保険見積もり比較.jpn.com/qa/jitenshahosho.html(自転車事故自動車保険)http://www.sankei.com/west/news/130713/wst1307130001-n1.html(産経WEST)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

自転車事故を起こしてしまったら… 自動車保険でカバーできる? ページTOPへ戻る