自動車保険を安くするなら等級を意識!

自動車保険の「等級」。よく聞く言葉かもしれませんが、その仕組みについて詳しい内容を理解できているでしょうか。自動車保険を節約したいのであれば等級のことをよく知っている必要があります。等級は保険の割引率に大きく関わってくる大事な要素ですので正しく理解し保険料を安く済ませる方法を検討してみましょう。等級の基本的なルールだけでなく、その種類、ランクアップの手段、下がった時のデメリットなどをここでは解説していきます。

 

 

そもそも等級とは?なぜ等級が決められているの?

 

自動車保険の等級制度とは無事故を継続することで1年ごとに等級が高くなり、保険料がだんだん安くなる仕組みのことです。自動車安全運転センターによると、一度事故を起こしたドライバーは再度事故を起こしやすい、というデータが出ています。事故を起こす可能性が高い人と事故を長年起こしていない人の保険料が同じなのは平等ではありません。自動車保険の等級とは契約者間の不公平を無くすためのものといえるでしょう。自動車保険の等級制度には「ノンフリート契約」と「フリート契約」の2タイプがあります。「ノンフリート契約」とは所有する自動車の総台数が9台以下、「フリート契約」は所有する自動車の総台数が10台以上の時に適用される契約です。「ノンフリート契約」と「フリート契約」では保険の割引や割増のルールが全く異なります。今回説明するのは「ノンフリート契約」の場合の等級制度であることを念頭に置くようにしてください。

 

 

等級は全部で20等級!割引率が変わる

 

等級は最大で20等級まで存在します。20等級が最も保険料が安く、1等級の保険料が最も高いです。新規で自動車保険に加入した場合、6等級からスタートします。保険会社によって割引率は若干異なりますが、20等級にもなると約6割程度の割引を受けることができるでしょう。逆に最低ランクの1等級になると保険料を約6割増しで支払わなくてはなりません。保険料が高いだけでなく、会社次第では契約の更新を拒否されるケースもあり得ます。また同じ等級であっても、7等級以上では1年間全くの無事故か、事故有か、によって割引率は変わってきます。仮に20等級になったとしたら本来であれば約6割の割引を受けることができますが、事故有の場合は4割ほどの割引に下がってしまいます。あくまで目安ですが事故有の場合は無事故に比べて20%程度、割引率に差が出ると覚えておきましょう。

 

 

等級はどうやって上がっていくの?

 

等級を上げる方法ですが、前述したとおり、無事故を継続することが条件になります。1年経過するごとに等級が1ランクずつアップしていきます。ここでひとつ注意したいことは、仮に事故を起こしてしまったとしても、自動車保険を使用しなければ等級が下がらない、ということです。ちょっとした擦りキズ程度であれば、保険を使用せずに修理した方が有利という考え方もできるでしょう。自分ではなかなか判断がつかないようであれば、保険会社の担当者と相談してみてください。一度上げた等級は車を買い替えても条件次第で引き継ぐことができますし、保険会社を変更しても引き継ぎは可能です。同居の家族間で等級を引き継ぐこともできますので、状況に合わせて検討してみましょう。ランクアップした等級が無駄になるケースは少ない、ということを覚えておいてください。

 

 

下がる時は一気に下がる!

 

等級が下がる条件ですが、状況によっては一度の事故で数ランク落ちるケースもあります。ランクが大きく落ちる条件は危険走行が該当します。たとえば、自動車同士で激突を起こしたり、電柱にぶつかるような危険走行を行ったりしてしまうと、翌年度の契約時に3等級ダウンします。大きな事故を何度も起こすとあっという間に等級は下がっていってしまうでしょう。台風などの自然災害で車が破損したり、車上荒らしに窓ガラスを割られたり、車体への落書きなどの車両損害に関しても、保険を使用すれば等級が1つ下がります。さらに保険を使用することで、事故有等級が適用されることになります。適用期間は3等級ダウンの事故は1件につき3年間、1等級ダウンの事故は1件につき1年間です。事故を複数起こしてしまうと最長6年間適用されてしまうこともあります。ちなみに事故を起こしてもノーカウントになるケースも中にはあります。ノーカウントになる条件は、人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険のみを請求する時や弁護士費用特約、ファミリーバイク特約などの請求が当てはまります。

 

 

まとめ

 

無事故を継続することで、等級が上がる。等級が上がれば保険料が下がる、ということは常に意識するようにしましょう。等級は1年に1つずつしか上がりませんのでなかなか大変なことです。事故を起こしてしまったとしても、保険を使用するかどうかは事故の内容次第です。修理額が保険使用に見合ったものかどうかよく考えるようにしましょう。安全運転を心がけることは、身の安全を守るだけでなく保険割引率が良くなるメリットもあり一石二鳥です。無理な運転は控えて、等級を地道に上げ続けることを目指していきましょう。

 

 

 

自動車保険の等級とは?意外と知らない安くする3つのワザ
http://dzhoken.com/lowsafe/tokyu.html

自動車保険の常識!等級制度のすべて
https://hoken-connect.jp/columns/28/

自動車保険の割引率が決まるノンフリート等級制度とは
https://allabout.co.jp/gm/gc/9383/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

自動車保険を安くするなら等級を意識! ページTOPへ戻る