自動車保険を乗り換えるメリットと注意点

保険の見直しは、保障内容と掛け金のバランスなどを考えて定期的に行いたいものですが、自動車保険の場合はどうでしょうか?一般的に、結婚・出産・転居などライフスタイルの変更や新車購入のタイミングで行うことが多いものですが、定期的に見直しをかけていないと家計への負担が大きくなっていたり現在の使用状況とマッチしていなかったりという可能性も出てきます。ここでは、自動車保険の見直し、乗り換えを行うメリットとその際に気を付けたい注意点を紹介していきます。

 

自動車保険を乗り換えるメリットは?

 

自動車保険は3年から5年程度の中長期型で契約している場合をのぞくと、その多くが一年契約、一年ごとの更新となっています。そのため、保険の見直しや乗り換えのチャンスは年に一度来る方が多いと思われます。自動車保険を乗り換えるメリットのひとつは、乗り換えの方向けのキャンペーン等を利用できる点。携帯電話の乗り換えサービスなどと同様に、各保険会社ともに新規契約者を優遇する措置を取っているので、こういったキャンペーンを利用するとお得に保険の乗り換えを行うことができます。主に図書カードやギフト券などの特典がつくことが多いです。また、前の契約から一年経ったことで運転者の年齢や料率クラス・等級等が変わるため、新たに他社を含めて見積もりを取るとさらに保険料が安くなる会社が見つかる可能性が出てきます。他にも子供の成長やライフスタイルの変化によって保険内容・オプション等が変更になることもあるので、その時の自分に合った保険内容を見直していくこともできます。さらに保険の乗り換えをきっかけに現在加入中の保険以外に他社の新サービスやオプションにも目を向けることができるので、常に最新の選択肢の中から最良の保健サービスを選ぶことができるというメリットがあります。

 

 

難しい?自動車保険を乗り換える方法

 

「保険を乗り換える」というと、現在加入中の保険会社と新たに加入予定の保険会社にそれぞれどんな手続きをすればいいのか気になりますよね。難しそうに見えますが、その時の加入状況によってはそれほど手間なく乗り換え可能なことが多いです。まず加入中の保険の満了時に乗り換えを行う場合は、元の保険会社に対して他社へ乗り換える旨を伝える必要はありません。契約満了後に更新手続きを行わなければそのまま解約扱いになるので、新たに加入する方の保険会社への手続きのみを行います。この際、等級の引き継ぎなどを行うため、乗り換え先の保険会社には正確な申告をする必要があります。保健満了に伴う乗り換えの場合は大体保険会社が手続き可能な期間として保険始期日の3ヶ月ほど前から申し込みを受け付けるケースが多いので、このタイミングで手続きを行いましょう。移行手続きは各保険会社のウェブサイトにて必要事項を入力し申請する方法が主流で、手続き完了には「加入中の自動車保険の保険証券」「車検証」「運転免許証」の3つが必要となります。乗り換え時、前回の契約が代理店型になっている場合、ダイレクト型(通販型)へ変更すると代理店を通さなくなるためその分保険料が安くなることがありますので、こちらも合わせて確認しておくと良いです。

 

 

乗り換え時に気をつけたい注意点

 

自動車保険を乗り換えることで、保険料が安くなる、保証内容を現在のライフスタイルに合わせられる等のメリットが上げられますが、一方で乗り換え時に気を付けなければいけないポイントもいくつかあります。自動車保険には「等級」、事故の有無等によって保険料が増減するシステムがあります。等級は事故歴によって決定し、等級が下がると定められている一定の事故がない場合次の更新時から等級と割引率が高くなる仕組みになっています。乗り換え時に事故歴等を正しく申告しておかないと、乗り換え後に新たに加入した保険会社の調査が入るのでそこで齟齬が生じた際に問題が起こる可能性があります。間違った情報を申告したことによる告知義務違反は契約解除の対象になり、補償を受けられなくなってしまいますので十分に注意しましょう。また、等級の引き継ぎに関しては、元の保険の契約満了日と新しい保険の始期日が同一になっていない場合、正常に引き継ぎが出来ないことがあります。せっかく等級が上がった状態になっていても、引き継ぎ先で反映されず保険料が高くなってしまう可能性もあるので、契約日の確認をした上で前もって準備をしておくことが大切です。

 

 

まとめ

 

自動車保険の乗り換えは、新規加入キャンペーンなどの恩恵を受けられるだけでなく、保険料と保証内容の見直し、現在の自分に合った保険を見つけるきっかけにもなります。乗り換えのタイミングは満了時がスムーズ。満了を迎えるひと月前には乗り換え先を見つけていると、等級などの引き継ぎも余裕をもって行うことができます。トラブルを防ぐため、新たな加入先に正しい申告ができるよう、事故歴など申告内容を確認しておくこともポイントです。また保険の切り替え時期にも注意が必要なので、移行がスムーズかつ正常に行われるように計画を立てて乗り換えを行いましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

自動車保険を乗り換えるメリットと注意点 ページTOPへ戻る