自動車保険はどこがいい?自分にあった保険を見つけよう

自動車保険は車を所有している人なら必ず入っておきたい保険です。しかし自動車保険といってもさまざまな種類があり、どの会社がいいのか判断できないという人も多いのではないでしょうか?そこで、保険会社を選ぶ際のポイントを解説していきます。所有している車やその人の状況によって、必要な補償内容には違いがあります。一人ひとりが最適な自動車保険を選ぶために、どの点に気をつけていけばいいのかを検討していきましょう。

 

 

あなたに向いているのはダイレクト?代理店?

 

 

自動車保険には大きくわけてダイレクト型と代理店型があります。ダイレクト型は通販型とも呼びます。営業所を持たずインターネットやフリーダイヤルでやり取りをするため人件費が抑えられることから、保険料が安いというメリットがあります。ロードサービスも充実しているケースが多いのが特徴です。ただし事故対応時に保険会社の担当者が来ることはありません。対面で会うことがないので、コミュニケーションを取りながら対応して欲しいと思う人には物足りないかもしれません。対して代理店型は従来からあるスタイルです。対面式でいろいろなことを相談できるのがメリットのひとつ。インターネット申し込みがよくわからない、不明点は担当者とじかに会って質問したいという人に向いているスタイルです。逆に人見知りや自分で手早く契約したいという人にはデメリットになってしまう可能性があります。また、代理店型は営業所を構えているため人件費がかかっています。ダイレクト型よりも保険料が高いのもデメリットといえるでしょう。

 

 

どこまで求める?補償内容

 

自動車保険の補償内容にはたくさんの種類があります。所有している自動車の車種や用途によって必要になる補償も変わってきますので、まずは補償の範囲をどこまでにするかを決めましょう。ここでは一般的な補償内容について紹介します。まずは対人賠償保険です。自動車保険の要ともいえる補償で、交通事故を起こして相手を死傷させてしまった場合に支払われます。次に対物賠償保険です。車の運転中に建物や車などにぶつかって破損させてしまった際の補償です。どちらも事故を起こしてしまうと賠償金額が高額になりやすいため、支払い額は無制限にするのが一般的です。この2つの保険はあくまでも迷惑をかけてしまった相手に対する補償で、搭乗者本人の補償ではありません。もし事故を起こして自分がケガをしてしまった場合、このままでは保険金が出ません。そこで加入しておきたいのが自損事故保険。搭乗者全員も補償対象にするなら搭乗者傷害保険もおすすめです。搭乗者を守る補償として、事故を起こした相手が逃げてしまった場合を想定した無保険車傷害保険もぜひ検討したいところです。

 

 

あると便利な付帯サービス

 

自動車保険にはさまざまな付帯サービスがついています。複数の自動車保険を比較してどこがいいのか迷った場合、付帯サービスの内容で選ぶのもひとつの方法です。一般的な付帯サービスといえばロードサービスが代表的です。事故にあってしまった際のレッカーサービス、事故現場が自宅から離れている場合の帰宅・宿泊サービスなどは、どの会社の自動車保険にも大体ついています。交通事故だけではなく、バッテリーが上がってしまったりタイヤが溝にはまったりしたときの対応サービスもあります。また、ロードサービス以外で便利なのが、示談交渉を代行してくれるサービス。相手がいる交通事故の場合、どちらの過失がより大きいのか、過失割合によって賠償金額にかなりの違いが出てきます。いくら自分が悪くなくても証人がいなければ、話し方ひとつで自分が不利になってしまうケースもあります。そんなときに示談交渉代行サービスに加入していれば、保険会社の担当者が冷静に対応してくれるので安心です。

 

 

事故対応はしっかりしているほうが良い

 

人によって自動車保険に求める内容や範囲は違います。ただひとつ言えるのは、自動車保険の事故対応はしっかりしているほうが良いということです。保険料がいくら安くても、事故対応が不十分だと困る場面があります。交通事故は24時間、いつ起こるかわかりません。例えばあなたが自動車事故にあってしまったとします。大抵は自分や相手のケガを確認したり修理対応をしたりなどの初期対応が行われます。しかし、保険会社によっては土日や夜間の対応が限定的な場合があり、事故処理が翌営業日に食い込んでしまうケースがあるのです。相手に迷惑をかけてしまったのにスピーディーな対応ができず、悶々とした気持ちを抱えて営業日を待つことになってしまいます。もし24時間いつでも対応してくれる保険会社であれば、不安な気持ちを翌営業日に持ち越すことなく問題解決へと導いてくれます。このように、事故対応をどの程度してくれるかは自動車保険選びの重要なポイントになるでしょう。

 

 

まとめ

 

自動車保険はどこがいいのか、判断するポイントは人それぞれ。しかし押さえるべき基本的なポイントは大体一緒です。まずは基本の補償内容は網羅しておくほうが、事故にあってしまったときにも役に立ちます。保険の支払い金額が安くなることは大切ですが、自動車関連の事故や故障は命に関わることがあるので、補償内容にはこだわったほうが良いでしょう。自分や家族、相手を守るために必要な自動車保険。場合によっては付帯サービスや特約への加入も視野に入れて選んでください。

 

※参照URL
SBI損保、http://www.sbisonpo.co.jp/car/service/roadservice/
三井住友海上、http://www.ms-ins.com/personal/car/gk/support.html
三井ダイレクト損保、http://www.mitsui-direct.co.jp/car/compensation/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

自動車保険はどこがいい?自分にあった保険を見つけよう ページTOPへ戻る