自動車保険の任意保険とは?自賠責保険だけでは安心できない!

自動車保険には大きく分けて自賠責保険と任意保険の2種類があります。2つあるのだからどちらか片方に加入していればよいのかと言えば、決してそんなことはありません。望ましいのはあくまでも両方の保険に加入しておくことです。なぜなら、同じ自動車保険でも両者は性格が異なり、互いを補完し合う関係にあるからです。もし、片方だけしか入っていないと事故を起こした時に補償を十分にしてもらえない可能性が高くなってしまいます。そのことを理解するために、自賠責保険と任意保険の違いについて説明をしていきます。

 

 

任意保険って必ず入らなきゃダメ?自賠責保険との違いは?

 

まず、大前提として、任意保険は別名強制保険とも呼ばれ、自動車を所有する者全員に加入の義務があります。そして、普通は車を購入した時か車検を受けた時に自動的に加入させられているはずです。したがって、任意保険だけに加入して自賠責保険には加入しないという選択肢は通常ではありえません。それでも、万が一、自賠責保険に未加入のまま公道で車を運転すると1年以下の懲役または50万円以下の罰金を科せられ、その上、免許取り消しになってしまいます。
それに対して、任意保険には加入の義務はありません。つまり、車を運転する際には自賠責保険と任意保険の両方に加入するか、もしくは自賠責保険だけに加入するかのふたつの選択肢があるわけです。初心者が自動車保険について考える際は、それぞれの選択によってどのように補償の内容が変わってくるかを知ることが大切です。

 

 

任意保険と自賠責保険… 補償の面でどう違う?

 

車の所有者に対して自賠責保険加入を義務付けているのは被害者救済のためです。例えば、車にぶつけられて大ケガを負った被害者が治療費を請求したとしても、運転手に支払い能力がなければ困るのは被害者の方です。そこで、被害者が当面の治療費の支払いに困ったり、家長が交通事故で亡くなってその家族の生活が成り立たなくなったりしないようにと設けられたのが、自賠責保険というわけです。しかし、自賠責保険はその性格上、対象となっているのはあくまでも人身事故における被害者に対する賠償だけであり、物損事故の場合は補償の対象外です。したがって、自賠責保険にしか加入していなかった場合、事故によって破壊した車や家屋などはすべて自分自身で賠償をしなくてはならなくなります。しかも、人身事故による賠償金についても自賠責保険で支払われる金額はケガの場合で上限120万円、相手が死亡したケースでも上限3000万円と極めて限定的です。つまり、自賠責保険にしか加入していなかった場合、事故の内容によっては、多額の賠償金を長い年月自分の力で支払い続けなくてはならなくなってしまうのです。
それに対して、任意保険は対人賠償に加え、対物賠償、自分自身が負ったケガに対する人身傷害補償、自分が乗っていた車に対する車両補償がついているのが普通です。その他、細かい補償内容や特約などは保険会社によっても異なりますが、中にはいざという時に自賠責保険よりはるかに高額の補償を行ってくれるものもあります。もちろん、補償内容が充実した保険に加入すれば、それだけ保険料は高くなります。しかし、交通事故を起こしてしまった時に莫大な賠償金を払わなくてはいけなくなったり、自分のケガの治療に多額の費用が必要になったりした場合のことを考えるとやはり、自賠責保険だけではなく、任意保険にも加入しておいた方が安心だと言えるでしょう。

 

 

事故を起こすと等級が下がってしまう!?

 

いざという時に手厚い補償が期待できる任意保険ですが、注意すべき点もあります。それは、任意保険には等級制度というものがあって事故を起こすたびに保険料が高くなってしまうという点です。
任意保険は普通、ノンフリート契約という方式を採用しており、契約条件が20等級に分かれています。最初は6等級からスタートし、1年間保険を使わずに過ごせば、1等級上がります。そのたびごとに保険料が安くなり、20等級まで上がると本来の保険料の63%も値引きをしてくれるのです。その一方で、事故を起こして保険を使用してしまうと、保険料は高くなっていきます。それも、自分の車に対する盗難やいたずら、あるいは台風による被害といった100%こちらが被害者である場合、等級は1つ下がるだけですが、他人にケガを負わせたり、他人の物を壊したり、電柱や建物に自分の車をぶつけたりなどといったケースでは等級は一気に3つも落ちてしまうのです。そして、等級が1まで落ちてしまうと保険料は64%もアップしてしまいます。したがって、任意保険に入っているからと油断して車をあちこちにぶつけていると保険料の負担はどんどん増えていってしまうというわけです。しかも、1等級まで下がってしまうと事故を起こしやすい人だと判断されて保険の更新を断られる場合もあります。ただし、たとえそうなっても、それで2度と任意保険に加入できなくなるというわけではありません。13ヶ月間任意保険の契約を行わないでいると、以前の記録はリセットされ、改めて6階級から任意保険の契約を結ぶことが可能になるのです。
このように、任意保険にもデメリットは存在しますが、しかし、それでも、任意保険に加入していない状態で事故を起こしてしまった場合と比較すると、負担する金額は遙かに少なくてすむことは確かです。

 

 

まとめ

 

初めて車に乗る人の中には、保険料の負担を減らしたくて任意保険に加入しないでおこうと考えている人がいるかもしれません。しかし、車を運転しているといくら気をつけていても事故に巻き込まれる可能性があるものです。その時に任意保険に加入していなければ、人身事故による賠償金の一部を除き、必要な金額はすべて自分で負担しなくてはならなくなります。そして、その金額が莫大なものであれば、長い年月、その負担が重くのしかかってくることになります。
安心して運転を行うためにも、車を購入した際には自賠責保険場だけではなく、必ず任意保険にも加入しておくようにしましょう。

 

 

http://www.koutuujikobengo.jp/jidoushahoken/jibaiseki-ninihoken/
交通事故・損害賠償請求ネット相談室/自賠責保険と任意保険はどのような関係にあるのか?http://www.sjnk.co.jp/kinsurance/automobile/jibaiseki/
損保ジャパン日本興亜/自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とはhttp://www.koutuujikobengo.jp/jidoushahoken/
交通事故・損害賠償請求ネット相談室/自動車保険とはhttp://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2066431/
自動車保険ニュース/【自動車保険】今さら聞けない「自賠責保険」と「任意保険」の違いとは?http://www.sjnk.co.jp/knowledge/basic/automobile/contents2/
損保ジャパン日本興亜/教えて自動車保険任意保険の補償範囲http://car-exciting.com/%E4%BB%BB%E6%84%8F%E4%BF%9D%E9%99%BA%E3%81%AE%E7%AD%89%E7%B4%9A%E5%88%B6%E5%BA%A6/
車買取・自動車保険のコトなら「CAR-EXCITING」/いまさら聞けない「任意保険」3分でわかる等級制度
http://jidoushahoken-nattoku.com/jidousha-hoken/ninihoken/1rank-koushin/
比較で納得!自動車保険/任意保険一番下のランク、1等級になったら保険の更新ができないことも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

自動車保険の任意保険とは?自賠責保険だけでは安心できない! ページTOPへ戻る