自分にあうのはどれ?知っておきたい損害保険の種類

損害保険といってもその種類はいろいろあります。保険はお守りといわれるように、入っていれば万が一の時にも安心なものです。しかし、一度にたくさん入るのは月々の掛け金もばかになりません。今の自分に必要な保険とは一体どれなのでしょうか。そこで、生活する上で密接に関わってくる一般的な損害保険をいくつかあげ、それぞれの概要を説明します。すぐに入っておきたい保険やまだ先でも良い保険はどれなのか、考えてみましょう。

 

 

保険は大きくわけて3種類

 

はじめに保険の種類について説明しましょう。保険は大きく3つの分野でわけられています。第一分野は生命保険のことで、主に死亡時に保険金が支払われるという特徴がある保険のことです。個人年金保険や養老保険、定期保険などの他、子ども保険や収入保障保険なども含まれます。そして第二分野は損害保険です。突発的な事故などに備えるもので、自然災害などもこれに該当します。火災保険や地震保険、そして自動車保険などがあげられます。最後の第三分野に関しては明確な定義が特に設けられていません。第三分野としてまとめられている保険の種類にはガン保険や傷害保険、介護保険などがあります。損害に対して保険金が下りるというものではなく、必ずしも死亡に関連していないというのが特徴といえるのではないでしょうか。

 

 

損害保険の種類1.自動車保険

 

自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」があります。「自賠責保険」は交通事故が発生した際に、加害者が経済的負担を負うための補てんとして義務付けられている保険で、車の購入時に自動的に加入します。「任意保険」は自動車の運転中に起こった事故に対して補償されるもので、対人や車両、対物、人身の事故に対して保険料が支払われます。補償の限度額やどこまでをカバーするかは保険会社によって異なりますし、加入者が自由に選択するものです。対人は加入している自動車の搭乗者をカバーし、運転者や同乗者のケガに対して補償されます。車両は自損事故のような相手がいない事故によって破損した車両に対応されるものです。車両と対人は自動車を所有する本人に関するものですが、対物と人身は他人の家や公共物などを破損させた場合や、歩行者または事故を起こした相手のケガなどを補償してくれます。建造物によっては高額な補償額になったり、ケガの治療が長期になったりする場合を考え、より手厚い補償内容で加入する人が多いようです。

 

 

損害保険の種類2.火災保険

 

火災保険は保険会社によって条件や特約の内容は異なりますが、敷地内で発生した火災に対して保険が適用されるのが一般的です。例えば物置や塀などの場合でも、敷地内のものであれば保険が適用になると考えられます。火災保険といっても強風やヒョウ、雪崩など一部の自然災害で発生した損害に対してもカバーされているものが多いのも特徴です。火災保険に何を特約するかで補償内容は変わるので、隣家との距離や立地、住居のタイプなどを考慮して考えるべきでしょう。例えば貰い火で火事になった場合でも、出火元に明確な過失が認められなければ賠償請求はできないといわれています。逆に自分の家が出火元で隣家まで被害が及んだ場合でも、保険の内容に盛り込まれていなければ隣家の被害に対して保険金は下りません。いったん火災が発生すれば消火作業で家財が水浸しになるのはよくあることです。万が一の時の被害がどれくらいになるか考えて、火災保険は検討しましょう。

 

 

損害保険の種類3.地震保険

 

日本は地震大国といわれるほど地震の多い国として知られています。特に近年は大きな地震が続いたこともあり、地震保険への関心が高まっています。地震保険が適用になるのは、地震による倒壊、地震によって発生した火災による消失、そして津波によるものなど、地震が原因になって損害を受けた建物です。保険会社によって条件は違いますが、家財に関しては個別に契約していなければ下りないところが多くみられます。また、地震保険だけで契約可能な保険会社もあれば、火災保険とのセット契約が条件になっている保険会社もあります。月々の掛け金や家の規模などを考えて判断が必要といえるでしょう。

 

 

損害保険の種類4.医療保険と介護保険

 

医療保険は入院や通院に対してそれぞれの日数に応じてかかった費用が支払われるものですが、加入内容で金額や支払い条件は変わります。入院の場合は1日当たりの金額で出されるのが一般的です。近年は入院初日から保険適用になるものが多く、日帰り入院などにも対応したものが増えています。入院日額をどれくらいで設定するかは、1日当たりの入院費用や治療による収入の損失などを考慮するといいでしょう。ただし、収入保障などが他の保険で賄われる場合は保険料のバランスを取ることも大切です。介護保険は子育てにお金がかかる時期などに無理に加入することはありませんが、余裕ができたら早めに考えておくといいでしょう。実際に介護が必要になると、公的介護保険ではカバーしきれない部分は多くなります。公的介護保険で賄えない部分を民間の介護保険で補えるようにしておくのは理想的です。公的介護保険ではリフォーム補助などが設けられていますし、市町村によって利用できる補助はありますが、保険があればさらに安心できます。

 

まとめ

 

保険は生活に密接なものです。万が一のことが起こった時には、たとえ少ない金額だとしても非常に助かります。自分の年齢や家族の状況、そして自宅の立地や条件などを考えて、どんな保険をどのような条件で加入するかを考えてみましょう。火災保険や自動車保険などの損害保険でも特約で増やせるものがあります。特約を活用して、できるだけ月々の掛け金を抑える工夫も必要です。負担にならない金額の範囲内で、どの種類の損害保険に加入しておくべきか、定期的に見直すのも上手な保険の使い方です。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

自分にあうのはどれ?知っておきたい損害保険の種類 ページTOPへ戻る