終身保険の特徴を徹底解説!メリット・デメリットと活用方法

生命保険は、契約上被保険者として設定された人が死亡した場合に受取人に設定された人が保険金を受け取ることができる保険です。生命保険の種類は3種類で、終身保険と定期保険、養老保険があります。それぞれ特徴が違いますが、終身保険はこれら3つの中でもメジャーな生命保険です。終身保険は上手く活用することによってさまざまなメリットが得られます。そこで、終身保険の特徴やメリット・デメリット、向いている人はどんな人か、さらには終身保険の選び方などについてお伝えします。

 

 

終身保険の特徴や活用方法と言えば?

 

終身保険とは、被保険者が死亡した場合に死亡保険金が出る保険です。定期保険も死亡保険金を受け取ることができますが、保険期間に限りがあります。一方、終身保険は保険期間の定めはなく、被保険者の死亡まで保険期間が続きますので必ず保険金を受け取ることができます。また、終身保険は貯蓄性が高いという特徴があります。貯蓄性とは、貯蓄代わりに保険が使えることを指します。終身保険は、死亡時に保険金を受け取るだけでなく、解約した場合に解約返戻金というまとまった金額を受け取ることができます。そのため、死亡保障を得ながら、いざというときに解約して現金を手にすることも可能ですので、老後資金を貯める目的も含めて加入できます。ただし、掛け捨て保険ではないため、定期保険と比較すると保険料は高くなります。そのため、高額な保険金額を設定することは難しいかもしれません。死亡保険金は葬儀関連費用に使うことを想定して加入するとよいでしょう。さらに、終身保険は受取人を指定することができ、要件を満たす遺族が受け取った場合は一定の非課税の適用がありますので、相続税対策としても活用できます。(※1)子供の教育費を用意する学資保険の代わりに加入するという使い方も考えられます。

 

 

終身保険に加入!得られるメリットとデメリットは?

 

終身保険に加入することで得られるメリットは主に6つあげられます。1つ目は資金計画が立てやすいことです。一般的な終身保険は、保険料の支払いが一定の年齢までとなっていることが多く、医療保険特約などを除けば保険料は一定です。そのため、資金繰りがしやすいといえるでしょう。2つ目は万が一に備えられることです。被保険者が死亡した場合、遺族などに財産を残せます。3つ目は保険金をきちんと受け取りすぐに使えることです。免責事由に該当しないかぎり被保険者死亡の事実があれば受取人に対して早期に保険金が支払われます。死亡した人の預金は凍結されて使用できなくなる場合がありますが、保険金は受取人固有の財産ですのですぐに使用できます。4つ目は生命保険料控除を活用して所得税・住民税の節税ができることです。所得税の場合、年間支払い保険料が8万円を超えていれば、4万円の所得控除を受けられます。(※2)5つ目は税金がかかりにくいことです。死亡保険金は受取人の相続税の課税対象となりますが、一定の非課税枠が用意されていますので、課税されない場合もあります。(※1)6つ目は相続対策として使えることです。死亡保険金は死亡した人が持っていたお金ではなく民法上の相続財産には該当しませんので、生命保険金を含めて遺産相続を検討することによって相続争いを避けることができるでしょう。一方、デメリットもあります。保障額に対する保険料が定期保険と比較すると高めになること、加入後すぐに解約すると解約控除額が大きくなり解約返戻金が少なくなること、解約して別の終身保険に加入すると同じ保障額であっても保険料が上がってしまうため見直しがやりにくいことなどがあげられます。

 

 

終身保険の向き不向き!それぞれの特徴は?

 

終身保険には向いている人と向いていない人がいますので、しっかり検討した上で加入を決めることが大切です。終身保険に向いている人の特徴としては、2つあげられます。1つは貯蓄が得意でない人です。終身保険に加入すれば保険料という形で強制的に支払いをすることによって解約返戻金が増えて貯蓄することにつながります。もう1つは保険料が負担にならない人です。終身保険は掛け捨てではなく貯蓄性が高い保険ですので、定期保険よりも保障額に対する保険料が高くなります。そのため、必要な保障額を設定した場合の保険料の負担が可能な経済力がある人に向いているといえるでしょう。一方、終身保険に向いていない人の特徴は3つあります。1つ目は、高めになる保険料が経済的負担になる人です。保障優先で考えたい人は必要保障額のすべてを終身保険で用意するのではなく定期保険への加入も検討するとよいでしょう。2つ目は医療保障の充実だけを求めている人です。終身保険は医療特約を付けることで医療保障を充実できますが、更新可能な期間が保険料支払い期間に限られることが多いため、一生涯の医療保障には向いていないといわれています。医療保障だけを充実したい場合は、単独で加入できる医療保険への加入を検討しましょう。3つ目は途中解約の可能性がある人です。終身保険は解約時に解約返戻金が受け取れる保険ですが、加入後の経過年数によっては少額もしくはゼロというケースもあります。早期解約の可能性がある人には向いていないといえます。

 

 

終身保険は何にすべき?選ぶための重要ポイントは?

 

終身保険は各生命保険会社からさまざまな商品が発売されています。また、保険金額をどう設定するか、特約はどうするかということも考える必要があります。終身保険の選び方のポイントは3つです。1つ目は、保険の見直しを徹底することです。新たに終身保険に加入することによって不要になる保険はないかといったことを検討することがポイントです。特に医療保障の重複がないようにする点と、すでに加入している死亡保障付きの保険と合わせて死亡保障額を決める点が重要です。2つ目は解約のタイミングを考慮することです。加入後早期に解約することになると、解約返戻金は支払った保険料よりも少なくなったりゼロになったりする可能性があります。将来の資金計画をしっかり立てて、保険料をどのぐらいの期間払い続けることができるか、想定外のタイミングで解約する羽目にならないかを確認してから加入することをおすすめします。3つ目は解約返戻金を確認することです。保険会社によって保険料を運用する予定利率は違いますし、解約控除額の計算も変わってきます。解約返戻金に関する計算ルールなどについて加入前にしっかり確認し比較した上で加入する終身保険を決めましょう。

 

※1.【国税庁】No.4108 相続税がかからない財産
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4108.htm
※2.【国税庁】No.1140 生命保険料控除
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

終身保険の特徴を徹底解説!メリット・デメリットと活用方法 ページTOPへ戻る