空き家 火災保険

物件を購入・借りる際などに加入する機会の多い「火災保険」。火災やその他の災害から建物を守るために必要不可欠な保険といえます。しかし、空き家を所持している方の場合、火災保険に加入した方が良いのかどうか迷う方もいるのではないでしょうか。空き家といっても、火災やその他災害の被害に遭うこともあります。被害から建物を守るためには、保険選びに留意することが必要です。今回は、火災保険の選び方と空き家に火災保険をかけるべきか否かを解説していきます。

 

 

火災保険の選び方1.何を守るか考える

 

火災保険を選ぶ際には、保険の対象になっている物は何かについて着目する必要があります。というのも、火災保険の対象となるものは建物だけではありません。火災保険には建物部分の補償と家財部分の補償があります。例えば、建物の外壁や土台などは建物にかかる火災保険で補償することができます。一方、住居内にある家具などは家財保険の補償に含まれます。新築の物件を購入したり、物件を借りたりする場合には、住居内の家財にも保険をかけておくのが望ましいです。しかし空き家に火災保険をかける場合、建物内の家財に保険をかける必要はありません。また、住む建物がマンションか一戸建てか賃貸かによっても契約するべき保険の内容は変わってきます。例えばマンションの火災保険を考える際には、住んでいる階が1階ではない限り、浸水などの災害の心配はないといえるでしょう。しかし、一戸建ての住居を購入する場合、水害が起こった際の補償について考える必要があります。起こり得る災害を想定し、契約する保険内容を選ぶことが大切です。保険のプランを見直すことで、保険料をリーズナブルにすることができます。

 

 

火災保険の選び方2.どんな災害の可能性があるか

 

「火災保険」といっても、火災による損害にのみ補償が適用されるわけではありません。パッケージ化された火災保険の中には、火災の他にも、水害、ひょう害・雪害、風害、空き巣による被害など様々な補償が得られるプランもあります。しかし、パッケージ化された火災保険に何も考えずに加入してしまうと、保険料が高くなってしまう場合もあります。そのため、どの保険が住宅に必要なのかを加入する前に吟味しなくてはなりません。保険を選ぶ際に着目したいのが、住宅の周辺環境です。住宅のある場所によって、どのような災害に遭いやすいのかは変わってくるものです。例えば、よく雪が降る地方である場合は、雪害やひょう害に対する保険に加入する必要があります。しかし、雪が全く降らない温暖な地域に住まいがある場合は、それらの災害に遭う可能性は低いため保険に加入する必要はないといえます。

 

火災保険の選び方3.保険金額をいくらにするか

 

保険を選ぶ際には、加入するプランを決めるだけではなく保険の金額をいくらに設定するのか吟味する必要があります。保険料を考える際には、補償額がどのように決定されるのかについて知っておく必要があります。火災保険では、建物と家財は別々に補償額が決定されます。建物の補償額を決める際には「保険価額」に基づいて考えられます。保険価額の考え方には「新価」と「時価」の2種類があります。新価は「現在新しい建物を建てるとしたら、どれくらいの金額がかかるか」という目安の金額になります。時価は建物を建てた時にかかった金額から消耗や経年劣化分の金額を差し引いたものになります。火事で建物を失った場合、建物を立て直すためには新価分の金額がかかるため、時価換算で補償された金額では不足してしまうこともあります。補償額を高く設定してしまうと保険料が上がってしまいやすいですが保険料を下げ過ぎて、十分な補償を得られないのでは本末転倒になってしまいます。発生しそうな損害金額をあらかじめ計算し、過不足ない補償額を設定することが重要です。一方、家財保険金額を決定する際には、世帯主の年齢と家族構成に基づき、家財の保険金額を決定します。これは、総務省の「家計調査」を元に保険会社が設定したものです。建物同様、家財も「新価」、「時価」を選べる契約もあります。

 

 

火災保険の選び方4.地震保険をつけるかどうか

 

日本は有数の地震大国として知られています。しかし、火災保険のみでは地震に対する被害の補償を得られません。(ただし、地震火災費用が組み込まれている火災保険の場合、一定の補償金が得られます)。噴火や津波による影響を建物が受けたとしても補償の対象外になってしまいます。地震の2次被害の中でも火災は多く発生しています。しかし、地震がきっかけで発生した火災の場合、火災保険が適用されない場合もあるため注意が必要です。地震が発生するタイミングは想定することが難しく、大きな被害を受けやすいといえます。住宅を購入したり、借りたりする場合には地震保険の加入について一度検討してみるのが良いでしょう。

 

空き家に火災保険をつけるのはもったいない?

 

空き家に火災保険を付けることを「もったいない」と感じる方もいるようです。しかし、空き家に火災保険を付けることによって様々なメリットがあります。まず、空き家が近隣の火災被害を受けた際には補償金を得ることができます。この補償金は建物の修繕に使用する必要はありません。また空き家から出火した場合、被害に対する補償金は建物の所有者が支払わなければいけません。火災保険に加入していると、被害を補償するためのお金を確保することもできます。空き家が火災保険に加入していないと、空き家から出火した際に損害金を自身で支払わなくてはいけなくなるケースもあります。多額のお金が必要になる可能性もあるため、空き家であっても火災保険を付けておくと安心です。

 

 

まとめ

 

災害によって住居に大きな被害が及んでしまった場合、生活に影響が出てしまうケースもあります。空き家も含め、保険に加入しないと自分自身が経済的に大きな打撃を受けるだけではなく、家族や周囲の人に迷惑をかけてしまう場合も考えられます。様々な災害から建物を守る手厚い保険は、保険料が高くなりやすいことも事実。火災保険を選ぶ際には「災害から何を守るのか」と「何から守るのか」について考えることが重要です。火災保険の選び方と保険料設定のシステムを知り、自身の住居に合った保険を選びましょう。

 

http://hokensc.jp/kasai/akiya.html(火災保険の教科書)https://allabout.co.jp/gm/gc/416910/(Allabout)
http://www.ins-saison.co.jp/eraberu/kotsu/kiso/kasai.html(じぶんで選べる火災保険)
https://allabout.co.jp/gm/gc/11992/(Allabout)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

空き家 火災保険 ページTOPへ戻る