知っておいて損はない!火災保険の相場を調べる方法

火災保険を選ぶ際には「保険料」について気にする方も多いのではないでしょうか。火災の被害から家を守るためには、少しでも手厚い補償が付いている保険を選びたい所です。しかし保険の対象となる範囲が広かったり、補償金の額が大きかったりすると保険料が高額になってしまうケースがほとんどです。火災保険に加入する際には保険料と補償内容とのバランスを見て決めることが重要といえるでしょう。今回は、より良い火災保険を選ぶために必要な火災保険の相場を一戸建てとマンションに分けて解説します。

 

 

戸建てよりマンションのほうが火災保険は安い

 

火災保険の保険料は、戸建てよりマンションのほうが安くなります。これは単純に「戸建てのほうが補償の対象になる範囲が広い」ためです。一戸建ての場合は、住宅の建物はもちろん、住宅の中に含まれている家財にも保険を掛けることになります。もちろん、戸建ての場合であっても、「建物のみ」、「家財のみ」の保険に加入することはできますが、それでは万が一の際に十分な補償が得られなくなってしまいます。いざ被災した時に補償が十分でなければ支払った保険料は無駄になってしまうため注意が必要です。一方、マンションの火災保険は、借りている部屋や家財などに掛けるタイプが多いために、保険料は安くなりやすい傾向にあります。賃貸住宅の場合、自分で保険を選び加入するケースは少ないといえるでしょう。それは賃貸住宅への入居条件として、「指定の火災保険に入居すること」が求められることが多いためです。また賃貸住宅の火災保険を利用する際に注意したいのが「引っ越し時の返金」についてです。賃貸物件の火災保険に加入しており、契約の途中に引っ越しをする際には返金の手続きについて問い合わせると良いでしょう。解約返戻金を得られるケースもあります。

 

 

住んでいるマンションの火災保険相場を知る方法は?

 

「マンションの保険料金の相場が知りたい」と考える方は、火災保険の一括見積もりを取ることも1つの方法です。一括見積もりとは、保険の見積もり会社に依頼をし、自分が保険を利用した際の金額を始め様々な情報を一気に受け取ることができるサービスです。あらかじめ保険見積もり会社に「自分が加入したいと考える保険について」や「自分が保険に求める補償」などを伝えておくことで、自身の希望にあった保険の見積もりを取ることができます。一括見積の優れた点は、1度に数社の保険会社の情報に触れられる点にあります。住んでいるマンションの火災保険の相場を知る重要な資料になり得ます。保険についての知識がなかったり、どのような保険に加入するべきか分からなかったりする方でも安心して見積もりを取りやすいのです。一括見積もりは会社によって無料で利用できる場合もあります。火災保険の相場を調べるために役立てるのも良いでしょう。また、一括見積もりを利用する以外にも、マンションの火災保険の相場について知る方法があります。それは、マンションの住所や建物の構造、築年数、専有面積から保険料金の相場を算出する方法です。しかし、算出方法によっては、相場の基準があいまいになってしまう場合も考えられます。

 

 

実際の相場はどのくらいか見てみよう

 

それではマンションの保険料がいくらになるのか相場を見てみましょう。火災保険の料金は、建物の構造によって変わってきます。マンションは「M構造」と呼ばれるタイプに含まれ、保険料は戸建ての「H構造」や鉄骨・ツーバイフォーなどの建築様式を含む「T構造」よりも保険料がリーズナブルになりやすいです。マンションに火災保険(破裂・爆発・落雷)を付ける場合、10年間の保険料はおよそ4万2000円になります。これらの補償に、風災・ひょう災・雪災などの補償を加えた保険の場合の相場はおよそ5万6000円となり、さらに破損や汚損に関する補償を加えると保険料の相場はおよそ6万8000円になります。これらの補償内容に、水災を加えたオールカバータイプの保険であれば保険料の相場はさらに上がり、およそ8万円になります。ちなみに、H構造のタイプにオールカバータイプの保険を掛けると、料金の相場はおよそ27万円になり、戸建ての物件と比べるとマンションの保険料相場が安いことをうかがい知れます。火災保険は、補償内容を充実させればさせるほど保険料が高くなってしまいやすいです。保険料を少しでも安くしたいなら必要な補償と不必要な補償を見分けることが重要です。例えば、マンションの高層階に住む場合は、水災や雪災に遭うリスクは低下する為、これらに対する補償を付ける必要性は低いといえます。

 

 

まとめ

 

火災保険の相場は「一戸建てかマンションか」だけではく、築年数や専有面積、周辺の環境などによっても変わってきます。マンションの火災保険の相場について知りたい場合は、見積もり会社の一括見積もりを利用することも1つの方法です。1度に複数社の保険サービスについて知ることができ、火災保険の相場も算出しやすいといえます。無料でサービスを展開している会社も多いため、活用すると良いでしょう。また、自分自身でマンションの火災保険料の相場を調べておくのも良いでしょう。

 

http://hoken.kakaku.com/insurance/kasai/market/(価格.com)

https://kasai-hoken.com/soba.html(火災保険ランキング)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

知っておいて損はない!火災保険の相場を調べる方法 ページTOPへ戻る