生命保険はいらない?必要性について考える

生命保険に加入していると、被保険者がケガや病気で死亡または高度な障害をわずらった場合に保険金を受け取ることができます。例えば世帯主が死亡した時に備えて生命保険に加入しておけば、残された家族は生活に困らないで済むでしょう。しかし子どもたちが成長し家族のライフスタイルに変化が生じれば、必要となる保険の中身も変化するはずです。子育てがひと段落する頃になれば、加入していた生命保険を見直しても良い時期を迎えるでしょう。

 

 

生命保険はいらないもの?見直しのポイントは?

 

生命保険は、被保険者が死亡した時に保険金が支払われる保険です。例えば家族を養う世帯主を被保険者にすることで、もしもの際に受取人となった家族が保険金を受け取れます。特に被保険者名義で住宅ローンを返済している場合、保険金がなければその後の返済も大変です。生命保険に加入しておくことで、生命の存続に関わる出来事が被保険者に起きた時に手厚く家族をサポートしてくれるので安心感が得られます。
しかし独身や夫婦2人の場合で、誰かに保険金を残す必要がない場合もあるでしょう。もしもに備えて生命保険に加入していても、サポートされる人がいなければ必要がなくなります。
また被保険者の死亡時に対する備えではなく、病気やケガなどの治療を保障して欲しいと感じるケースもあるはずです。特に世帯主が病気やケガで働けなくなってしまうと、生命保険の保障では必要十分なサポートを受けることができません。そんな場合には生命保険ではなく医療保険に加入して、手術や入院、治療に対する備えを充実させる必要があります。医療保険の種類によっては、死亡時にも保険金が支払われることもあるので、手厚くサポートが受けられます。
生命保険は死亡時の高額な保険金が必要となる子育て世代を中心におすすめしたい保険です。他にどんな用途で高額な保険金が必要となるのか考えるとライフスタイルに合った保険がわかるはずです。

 

 

保険が不要!必要性を感じない2つのケースって?

 

一般的な意味で保険に加入するメリットをあげるとすれば、条件を満たせば保険金が支払われることです。しかし被保険者が死亡した時に保険金が支払われる生命保険では、2つのケースで保険に加入する必要性を感じないでしょう。1つ目が、支払われる保険金の受取人がいないケースです。例えば被保険者が独り身でさらに扶養するべき家族を持たない場合には、保険金の受取人を指定する必要がありません。もう1つが、わざわざ保険料を支払わなくても十分に財産の蓄えがあり、残された家族が日常生活に困ることがないケースです。確かに保険に加入することで精神的には安心感を得られますが、2つのケースではどちらも生命保険に加入するメリットが薄く、むしろ他の対策を講じた方が良さそうです。

 

 

不要だと思っても実は使える?生命保険が活用できるケースって?

 

死亡時に受け取ることができる保険金の必要性だけでなく、生命保険には加入することで得られるメリットがあります。その1つが相続税対策として利用できる点です。通常、被相続人が残した現金を相続する場合、受け取った現金は相続税の対象となります。死亡を原因として受け取る保険金では、生命保険の保険料を支払っていた人や受取人の関係性から判断して、相続税、贈与税、または所得税のいずれかが課税されます。特に相続税として扱われる場合、相続する人数に500万円を掛けた金額がさらに非課税となります。相続によって受け取ることになった総額は同じでも、全て現金で受け取る場合に比べて、より税金が掛からない非課税部分を生命保険なら増やすことができます。つまり生命保険を利用することで節税対策になるのです。
2つ目として、老後の資金を貯めるために生命保険を活用できます。生命保険は被保険者が死亡した時に保険金が支払われますが、それ以外にも一定の条件を満たすことで満期保険金を受け取れます。例えば保障期間が定められた定期保険であれば、対象期間が終了となるまで生存することで満期保険金が支払われます。貯蓄が苦手な場合でも、保障期間中は生命保険として効力を発揮し、その後は貯蓄としての役目を果たすので、老後に役立ちます。(※1)また保険金の受取人を指定できるので、将来的にも家族に遺産を確実に渡すことが可能です。

 

 

医療保険の必要性は?必要な人と不要な人は?

 

医療保険とは、ケガや病気で手術や入院が必要になった場合に給付金が支払われる保険です。死亡保険としての生命保険とは異なり、被保険者の生存を前提としています。
そこで医療保険の加入がメリットとなるのは、治療費や入院費などのまとまった費用が準備できないケースです。日頃から貯蓄が苦手な人が医療保険に加入しておけば、医療費の負担が抑えられ安心感も得られます。また先進医療は高額になることもあるので、保険に加入していれば納得できる治療法を受けることができます。(※2)
反対に、医療保険が不要といえるケースも考えられます。その1つが、保険料の総支払額に対する給付額を比べた時でしょう。どうしても保険料は、給付額を見越して設定されているので元を取ることが厳しいからです。
また家計に余裕があり、まとまった医療費が用意できるのであれば医療保険はいらないでしょう。日頃から計画的に貯蓄ができれば、もしもの時の医療費も用意できるからです。

 

※1 【保険の教科書】生命保険の満期金を受け取る前に押さえておくべき3つのポイント
http://hoken-kyokasho.com/mankikin
※2 【医療保険の教科書】医療保険は損をする? 必要な人、不要な人の違いを徹底考察
http://hokensc.jp/iryou/fuyou.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

生命保険はいらない?必要性について考える ページTOPへ戻る