生命保険の種類を徹底解説!加入の意味や比較ポイントまとめ

生命保険は、長期にわたって決して安くはない保険料を月々支払うため、人生の中でもかなり高い買い物の部類に入ります。そのため、自分にはどんな保障が必要かを考えたうえで、「この生命保険だとどんな保障が受けられるのか」についてしっかり理解するのが大事です。そのためには、生命保険の種類や加入することで受けられるメリットについても考える必要があるでしょう。そこで、生命保険の種類および加入の意味や比較ポイントについてまとめました。本当の意味で自分にあった保険選びに役立てましょう。

 

 

生命保険とは一体?特約の種類は?

 

生命保険とは「死亡・高度障害状態など保険会社が定める一定の状態に陥った場合、あらかじめ指定した受取人に保険金が支払われる保険商品」のことです。実際には、特約といって、特定の条件に該当した場合にも保険金が支払われるようにするオプションも付けられます。一般によく用いられている特約を紹介しましょう。まず、介護特約とは、所定の要介護状態になったときに給付金が支払われるものをいいます(※1)。給付金は一時金としてまとまって受け取る場合もあれば、年金として数年にわたって分割して受け取る場合もあるのが特徴です。次に災害割増特約とは、自然災害、火災事故、交通事故、感染症など、保険会社や商品ごとに定められている不慮の事故により被保険者が死亡・高度障害状態となった場合、通常の死亡保険金に加えて、上乗せ分として特約保険金が支給される特約をいいます(※2)。特約保険金の金額は、保険会社や保険商品によって異なりますが、ある程度の幅で自由に設定できるのが特徴です。さらに、家族定期保険特約とは、被保険者本人のみならず、その家族が死亡・高度障害に陥った場合でも保険金が支払われる特約のことをいいます(※3)。この特約を付けることで、別個に保険を契約することなく、家族の万が一も保障できるのが大きなメリットです。最後に、リビングニーズ特約とは、被保険者が病気等で余命6か月以内であると医師から宣告を受けた場合、死亡保険金を生前に受け取れる特約をいいます(※4)。最近では相当数の保険会社で採用されており、特約を付加する場合でも追加の支払いはないケースが多いです。

 

 

保険の種類は?主な生命保険4つを比較!

 

生命保険を保障の内容と保険料の払い込み期間の観点からさらに細かく分類すると、次の4つに大分されます。それぞれについて紹介し、比較してみましょう。
ます、定期保険とは、保険料を払い込んでいる期間のみ保障が受けられる保険をいいます(※5)。月々の保険料が安いのが魅力ですが、いわゆる掛け捨て型の商品のため、満期を迎えても満期保険金は支払われません。また、途中で解約した場合でも、解約返戻金の支払いもありません。このことから、貯蓄性の高い商品を求める人にはあまり向いていないようです。次に、終身保険とは、保障を受けられる期間(保険期間)が終了するのが死亡時となっているため、一生涯にわたり保障を受けられる商品です(※6)。定期保険に比べると保険料は高めですが、長い間保障が受けられるのが大きなメリットでしょう。また、死亡時はもちろん、介護が必要になった場合でも保険金を受け取れる商品もあります。さらに、途中で解約しても解約返戻金が受け取れるので、掛け捨て型の保険を契約したくない人なら選択肢に加える余地はありそうです。収入保障保険とは、被保険者に万が一のことがあったり、高度障害状態に陥った場合に給付される保険金を年金形式で受け取る商品のことです(※7)。つまり、毎月もしくは毎年決まった額を所定の期間にわたり家族が受け取れるため、いざというときの生活費の保障としても使えます。最後に、養老保険とは、保険期間は一定であるものの、満期時にまとまった額の保険金が受け取れる商品です(※8)。商品によっては、解約返戻率が高く設定されており、払い込んだ保険料の総額よりさらに高額な金額を受け取れるため、老後資金の準備や子ども・孫の進学資金を準備する手段としても用いられます。

 

 

生命保険に加入する意味は?メリットとデメリットを教えて!

 

ここで、生命保険に加入する意味を、メリットとデメリットを比較しながら考えてみましょう。
まず、メリットとして大きいのは、生命保険を契約し、保険料を支払っていたなら、生命保険料控除が受けられることです。つまり、所得税の計算にあたって年間に支払った保険料に応じた一定の金額を所得額から差し引けるため、所得税および所得税額を基礎として計算される住民税の減税が可能です。加えて、生命保険に加入していた被保険者が死亡して相続が発生した場合でも、「500万円×法定相続人の数」の金額までは相続税が非課税となります。さらに、生命保険の契約期間中に配当金を受け取った場合は、一時所得となるため、50万円の特別控除が受けられます(※9)。
一方、デメリットとしては、インフレリスクが回避できないことが挙げられます。つまり、物価が上昇しても、受け取れる保険料に反映されるわけではないので、将来の生活をカバーできない可能性もあるということです。また、毎月保険料を支払う必要がある以上、支払い続けられる金額かどうかを見極める必要があります。さらに、仮に保険料を払い続けられないからといって途中解約しても、加入から解約までの期間が短い場合は解約返戻率も低くなるため、受け取れる金額は少ないです。

 

 

効果的な生命保険を選ぶ!選び方のポイントが知りたい!

 

ここまでの内容を踏まえ、選び方のポイントを3つご紹介しましょう。1つ目のポイントは、万が一の時にどれだけお金がかかるかを把握することです。家族構成や年齢によって異なるので、具体的に紙に書きだすなどして考えてみましょう。もし、自分だけでは決められないのならば、家族同士で話し合って、どんな生命保険が必要かという点についてのビジョンを共有することをおすすめします。仮に、自分と他の家族の意見が食い違っていたとしても、話し合いを経たうえで妥協点を見つけられれば、後日もめる可能性を低くできるためです。

 

 

生命保険を比較する!保険を選ぶための比較ポイント

 

自分たちに必要な保障がわかったら、それを実現できる保険を選んでみましょう。その際、次のポイントを意識したうえで、保険を比較すると効果的です。まず、自分たちのライフステージや目的を意識し、どんな種類の生命保険を契約するのがいいかを考えてみましょう。もし、複数の保険会社の商品が候補に挙がった場合は、保険会社の経営状態などに着目して選ぶのも効果的です。特に、保険会社の支払い余力を示すソルベンシーマージン比率(※10)は、保険会社を選ぶうえでの重要な指標となりますので、確認しておくのをおすすめします。

 

 

※1【賢い生命保険の選び方(無料相談で見直しするメリット)】介護特約
https://xn--68j2byz633he3e8w2an3rpjhymejb0531bsddgu6c.com/seiho/tokuyaku/1676.html

※2【賢い生命保険の選び方(無料相談で見直しするメリット)】災害割増特約
https://xn--68j2byz633he3e8w2an3rpjhymejb0531bsddgu6c.com/seiho/tokuyaku/1778.html

※3【賢い生命保険の選び方(無料相談で見直しするメリット)】家族(ファミリー)特約
https://xn--68j2byz633he3e8w2an3rpjhymejb0531bsddgu6c.com/seiho/tokuyaku/1762.html

※4【賢い生命保険の選び方(無料相談で見直しするメリット)】リビング・ニーズ特約
https://xn--68j2byz633he3e8w2an3rpjhymejb0531bsddgu6c.com/seiho/tokuyaku/1709.html

※5【価格.com】 定期保険(掛け捨て) 比較・一括見積もり
http://hoken.kakaku.com/insurance/gla/tk/

※6【賢い生命保険の選び方(無料相談で見直しするメリット)】生命保険の種類
https://xn--68j2byz633he3e8w2an3rpjhymejb0531bsddgu6c.com/seiho/base/10.html

※7【価格.com】収入保障保険 比較・一括見積もり
http://hoken.kakaku.com/insurance/gla/dc/

※8【価格.com】養老保険 比較・一括見積もり
http://hoken.kakaku.com/insurance/gla/yr/
※9【知るぽると】8. 生命保険と税金
http://www.shiruporuto.jp/public/document/container/syotoku/syotoku009.html

※10【第一生命ホールディングス株式会社】初めてでも分かりやすい用語解説
http://www.dai-ichi-life-hd.com/investor/individual/glossary.html#anc03

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

生命保険の種類を徹底解説!加入の意味や比較ポイントまとめ ページTOPへ戻る