生命保険と健康保険の種類!タイプや役割の違いは?

生活していく上では病気やケガ、死亡などさまざまなリスクがありますが、そのリスクに対して経済的に備える方法として保険があります。保険にはさまざまな種類があり、民間の保険会社が運営している生命保険や国や地方が運営している公的医療保険である健康保険などがあげられます。生命保険や健康保険などはさらに細かく種類が分かれています。そこで、これらの種類にはどんなものがあるか、どんな目的の場合にどんな保険に加入するのがよいのかなどについてお伝えします。

 

 

種類は何がある?基本的な生命保険のタイプ

 

生命保険とは、被保険者が死亡した場合にあらかじめ決めておいた金額が支払われる保険です。基本的な生命保険には3種類あります。1つ目は定期保険です。定期保険とは、掛け捨てのタイプの保険で少ない保険料で大きな死亡保障が得られることが特徴です。保険期間があらかじめ定められていて、その期間中に被保険者が死亡すると保険金が支払われますが、期間終了時に生存していると保険金を受け取ることができず、支払った保険料は掛け捨てとなります。死亡率は年齢によって異なりますので、保険料を年齢に見合ったものするために毎年保険料を変える方法も考えられますが、一般的には契約期間中の保険料を平準化して毎月同じ金額を支払うことになります。こういったタイプのものを平準型の定期保険といいます。2つ目は養老保険です。定期保険と同じように保険期間の設定があります。保険期間中に被保険者が死亡した場合は死亡保険金、保険期間満了時に生存していると死亡保険金と同額の満期保険金が支払われます。生死にかかわらず保険金が支払われるため、保険料は定期保険よりも高くなりますが、満期保険金や解約した場合は解約返戻金がありますので貯蓄性が高いという特徴があります。3つ目は終身保険です。終身保険は一生涯の死亡保障がある保険で、保険期間の設定はなく満期保険金はありません。終身保険もいずれは保険金を受け取ることになりますので、定期保険よりも保険料は高くなります。また、解約した場合に解約返戻金が受け取れますので貯蓄性があります。一生涯保障が続きますので葬儀代を準備する目的で加入する人もいます。(※1)

 

 

生命保険の目的はさまざま!目的毎の種類は?

 

生命保険を活用する目的はさまざまで、主に3つの目的で加入する人が多いといわれています。3つの目的とそれぞれに適した生命保険、合わせて加入することも考えられる保険についてご紹介します。まず1つ目は死亡保障目的です。死亡保障とは、被保険者が死亡した場合に遺族などが困らないように保険金で財産を残すことをいいます。そのため、適している生命保険としては、定期保険と終身保険があげられます。特に、定期保険は少ない保険料で大きな保障が得られますので、収入がそれほど大きくなく結婚したてで子供が小さいうちの備えとして活用されることも多いです。また、死亡保険金を分割で受け取る収入保障保険も死亡保障目的に適した保険です。一般的な死亡保険金は一括支払いされますが、収入保障保険の場合は死亡保険金が一括払いではなく一定期間に分割して支払われることになります。(※2)保険金をまとめてもらうと使いすぎてしまう可能性がありますが、分割でもらうと定期収入の中で支出をまかないやすく家計管理がしやすいというメリットがあります。2つ目の目的は医療保障です。医療保障とは、入院費や治療費の備えとして入院1日あたり定額で給付金などが支払われるなどの保障のことをいいます。生命保険そのものにはこの医療保障はありませんが、終身保険や定期保険、養老保険などに医療特約やガンの特約を付けることができますので、死亡保障と合わせて医療保障までカバーする人も多いです。また、生命保険とは別に、単独で加入できる医療保険やがん保険などもあります。3つ目は貯蓄目的です。貯蓄目的とは、銀行の積み立て預金などをする代わりに保険料を支払い満期時に満期保険金を受け取ったり必要なときに解約して解約返戻金を受け取ったりすることを目的として加入することです。保険期間中は死亡保障も得られる点が特徴です。生命保険としては養老保険や終身保険が貯蓄目的として適しているといわれています。また、結婚後に教育資金を貯める目的であれば学資保険、老後資金を貯める目的であれば個人年金保険を活用することも考えられます。

 

 

健康保険は2種類!2つの違いは?

 

生命保険は民間の保険ですが、社会保険という公的な保険も存在します。その中には医療保険もあります。公的な医療保険には複数の種類がありますが、代表的なものとしては健康保険があげられます。主に会社員とその家族が加入することになります。従業員だけでなく役員も被保険者となります。健康保険は保険者が2種類あり、1つは主に大企業は企業単位で健康保険組合を作って健康保険の運営を行うもの、もう1つは主に中小企業を対象とした全国健康保険協会が運営する保険です。健康保険の保険者番号はいずれも8桁となっています。その他に代表的な公的医療保険は国民健康保険です。健康保険や高齢者向けの医療制度の対象とならない人は国民健康保険に加入することになります。国民健康保険も運営主体は2種類あり、全国の同業者が組合を作って運営する国民健康保険組合と、市町村が主体となって運営する市町村国民健康保険があります。国民健康保険の保険者番号はいずれも6桁となっています。保険者番号を見ることで健康保険なのか国民健康保険なのかを判別することができます。(※3)

 

 

※1.【保険見直し入門】保険の種類
http://www.enetnavi.com/kiso/syurui.html
※2.【保険コネクト】収入保障保険とは
https://hoken-connect.jp/columns/23/
※3.【保険の疑問をしっかり解決】保険証の種類を一覧で見ると凄い数!気になる記号、番号、保険者番号や色の違いの意味を知る!
http://hokenstory.com/hokensho-kind-list/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

生命保険と健康保険の種類!タイプや役割の違いは? ページTOPへ戻る