生命保険で受け取った給付金… 医療費控除に当てはまる?

生命保険へ加入した後、被保険者が病気やケガの治療のために入通院した際に支給を受けられるのが医療保険金です。この保険金は治療費を填補する目的で支給されます。そのため、医療保険の給付金を受け取った際、医療費控除に関連してくるのか否かが気になるところです。医療費控除とは、一定の条件の下、年間の医療費を所得から控除できる制度です。医療費控除を受けると、その分所得も少なくなるので、所得税や住民税を抑えられるメリットがあります。そこで、生命保険により支給された保険金は、医療費控除に含まれるのか否かについて解説します。

 

 

保険会社から受け取る給付金は課税対象?

 

生命保険で保険会社から支給されたお金は、その種類によって課税されるか否かが変わってきます。まず、保険会社から支給された給付金には、入院給付金、手術給付金、通院給付金、持病(災害)療養給付金などがあり、これらはすべて非課税です。入院給付金とは、入院した際、日数に応じて受け取れる給付金で、手術給付金とは、被保険者が手術を受けた際に支給される給付金になります。通院給付金とは、治療のために病院へ通院したときに支給されるもので、持病(災害)療養給付金は、勤務中や通勤中での病気やケガをしたときに支給される給付金です。また、先進医療給付金や障害給付金などの給付金も非課税対象になります。(※1)一方、死亡保険金は課税対象です。契約内容によって相続税、贈与税、所得税が課税されます。ただ、相続税の場合、控除枠が設けられています。受取人が被保険者及び契約者の相続人である場合、支給された死亡保険金総額のうち、「500万円×法定相続人の人数」の金額までが非課税となっているのです。例えば、法定相続人が2人だったとすると、支給された死亡保険金が1000万円以内であれば非課税となり、医療費控除にもなりません。(※2)

 

 

医療保険の給付金は医療費控除に当てはまる?

 

医療保険の給付金は非課税なので、支給を受けた際、税金について考える必要はありません。しかし、医療費控除を受ける際、支給された医療保険の給付金が関係してくるので、この点をしっかり把握しておいたほうがよいでしょう。医療費控除の適用を受けるには、確定申告をして手続きをしなければなりません。その際、医療費控除額の計算をする必要があります。医療費控除額は、年間に負担した医療費から医療保険の給付金で填補された金額を差し引き、そこからさらに原則10万円を控除して算出します。例えば、年間に負担した医療費が50万円で、医療保険の給付金が30万円だったとしましょう。この場合、医療費控除額は10万円になります。一方、年間所得が200万円未満の人は、計算式が少し変わります。医療費控除の適用を受けるには、年間に負担した医療費が10万円を超えていなければならないのが原則です。ですが、年間所得が200万円未満の人は、年間の医療費が所得金額の5%を超えれば適用を受けられます。したがって、年間所得が200万円未満の人の場合、年間に負担した医療費から医療保険の給付金で填補された金額を差し引いた後、10万円ではなく年間所得金額の5%の額を控除して算出します。医療費控除を受けるために確定申告をする際、年間に負担した医療費や支給を受けた医療保険の給付金額を明らかにしなければなりません。したがって、これらを証明できる書類を準備する必要があります。(※3)

 

 

医療費控除を受ける… 計算方法をおさらい

 

医療費控除額は計算式が決められているので、それに当てはめて出していくことになるでしょう。しかし、「医療保険の給付金で填補された金額」の差し引き方を間違えてしまうと、正確な医療費控除額を出すことができません。「医療保険の給付金で填補された金額」の差し引き方を理解した上で、医療費控除額を計算することが重要です。医療保険の給付金で填補された金額を差し引く対象は、年間で負担したすべての医療費ではありません。医療保険の給付金が支給された対象の医療費を限度として差し引くのです。世帯所得が年収500万円の夫婦を例に見ていきましょう。妻が出産で入院して45万円の入院費用がかかり、その際に50万円の給付金が支給されました。その他、夫の病気による入院費で15万円負担したとします。この場合、妻の出産の入院費と夫の病気の入院費を合計した60万円から50万円を差し引くのではありません。妻の出産の入院費用である45万円から差し引くのです。前者の間違った方法で計算すると、60万円から50万円を差し引き、その後10万円を控除します。そのため、医療費控除額は0になってしまい、医療費控除ができません。一方、後者の正しい方法で計算すると、まず、妻の出産の入院費用である45万円から50万円を差し引きます。このとき、数値はマイナスになってしまいますが、その場合は0と扱います。そして、夫の病気の入院費である15万円の部分は、給付金支給の対象となっていないので、差し引くのは10万円のみです。したがって、医療費控除額は5万円となります。このように医療費控除額の計算方法を間違えてしまうと、本来医療費控除の適用対象だったのにもかかわらす、受け損ねてしまうことがあるので気をつけたいところです。(※4)

 

 

給付金の種類と医療費控除について知ろう

 

生命保険の給付金の種類によって、医療費控除にかかわってくるものとそうではないものがあります。医療費控除にかかわってくるのは医療保険の給付金です。医療保険の給付金の支給を受けた場合、医療費控除額を計算するとき、負担した医療費からその額を差し引かなければなりません。その際、医療保険の給付金の支給対象となった医療費が差し引く対象になることも覚えておきたいところです。医療費控除の適用を受けるためには、確定申告をして自分で手続きする必要があります。そのため、給付金の種類と医療費控除について、しっかり理解しておいたほうがよいでしょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

生命保険で受け取った給付金… 医療費控除に当てはまる? ページTOPへ戻る