生命保険が満期になると受け取れる!満期保険金とは

生命保険は万が一時の備えとして加入するものですが、保険の種類によっては満期を迎えると支払った保険料が戻ってくるものもあります。そのため、生命保険を貯蓄の手段として活用している人も少なくありません。ただ、それを正しく行うためにはお金が戻ってくる仕組みをきちんと理解する必要があります。特に、満期の定義とそれに伴う満期保険金に関する知識は必須です。そこで、満期保険金とはどのようなものかについての解説を行っていきます。

 

 

生命保険の満期って何?

 

生命保険にはよく満期という言葉が使われますが、その定義は保険の種類によって異なります。たとえば、定期保険の場合は更新時期のことを満期と呼びます。10年更新の定期保険であれば10年経過した時点が満期であり、そこで新たな条件に合意して更新をするか保険契約を終了させるかを決めるわけです。契約を終了させれば保険料は掛け捨てになるので一切戻ってくることはありません。それに対して、養老保険などの貯蓄性のある保険の場合は保険料の払い込みがすべて終了した時を満期と言います。そして、その場合、満期を迎えるというのは満期保険金の受給資格を得たということも意味しています。いずれにせよ、満期とは保険期間が終了した時と定義して問題ないでしょう。ちなみに、満期は保険を見直す絶好の機会でもあります。そのため、満期が近づいてくればライフプランの変化などを考慮し、同じ保険を更新してそのまま続けるのか、それとも全く新しい保険に切り替えていくのかなどといったことを考えていく必要があります。(※1)

 

 

何が違うの?満期保険金と解約返戻金

 

満期保険金と類似した仕組みに解約返戻金がありますが、両者は別物なので注意が必要です。まず、解約返戻金とは契約者が自分の意思で途中解約した際に保険会社から払い戻される保険金のことです。ただし、今まで支払ったすべての保険料が返ってくるわけではありません。一般的に、払い戻される額は保険料の総額よりかなり目減りしており、しかも、解約の時期が早いほど戻ってくるお金の割合は低くなる傾向にあります。保険会社は保険料を運用することで利益を増やしており、すぐに解約されたのでは運用による利益が十分でなく、保険契約にかかった人件費や諸経費の方が高くなってしまうためです。逆に、契約日から年月が過ぎていくと損失分も運用による利益で相殺されることになり、戻ってくるお金の割合もそれだけ高くなっていきます。それでも、基本的には解約返戻金が保険料の総額を上回ることはありません。それに対して、満期保険金は満期を迎えることで今まで払い続けた保険料がすべて戻ってきます。これは主に養老保険や終身保険などでみられる仕組みです。(※2)

 

 

満期保険金が受け取れる保険とは

 

満期保険が受け取れる保険にはいくつかの種類があります。その中でも代表的なものと言えるのが養老保険です。養老保険に加入した場合、途中で加入者が亡くなると死亡保険金が支払われるのでもしもの時の備えになります。その上、満期まで加入者が健在だった場合には死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができます。満期保険金は支払った保険料と同額か配当金としていくらか上乗せされる場合もあるため、老後の生活費を蓄える手段としては最適です。一方、終身保険は一生涯の保障なので満期というものは存在しません。その代わり、解約返戻金の額は徐々に上昇し、保険料の支払い期間が終了する頃には保険料の総額と同程度になっている場合が多いものです。したがって、タイミングを見計らいながら解約し、老後の費用を確保するという手もあります。一方、学資保険は子どもが幼い頃から積み立てを行い、多くの学費が必要な進学の時期に祝金を受け取るというものです。そして、学校を卒業する頃になると満期を迎えて満額保険金が支払われることになります。

 

 

満期保険を受け取った!税金はかかるの?

 

満期保険金を受け取る際に、多くの人が気にするのがそのお金に税金がかかるかどうかではないでしょうか。結論を先に言うと、受け取ったお金が今まで支払った保険料を下回る場合には税金はかかりません。しかし、上回った分は一時所得扱いとなり、所得税と住民税がかかってきます。また、一時所得の課税金額は「(満期保険金+配当金-払込保険料総額-特別控除50万円)×1/2」の式で求めることができます。つまり、配当金による上乗せがあった場合でもそれが50万円以下なら税金はかからないわけです。ただし、これはあくまでも保険の契約者と保険金の受取人が同じ場合です。両者が別人のケースでは、保険金を贈与したということで贈与税が科せられます。贈与の場合は支払った保険料の多寡は関係なくなるため、満期保険金から基礎控除の110万円を差し引いた額すべてに税金がかかることになります。いずれにしても、算出された課税金額に所定の税率をかけたものが実際に支払う税額となるので、それがいくらになるかはあらかじめ確認しておいた方がよいでしょう。

 

 

満期保険金の受け取りで損をしない!堅実な積み立てを

 

満期保険金のある保険に加入しておくと、死亡保障の保険金が確保できる上に満期を迎えると支払った保険料が戻ってくるのでお得です。それに加え、保険の種類によっては配当金による上乗せも付くものもあるので老後などの備えにはぴったりでしょう。しかし、将来の見通しがあいまいなままに保険に加入し、途中で解約をしなくてはならなくなると思わぬ損失を負うことになりかねません。そうならないためにも、最初に満期保険金の仕組みをしっかり理解し、堅実な積み立て計画を立てておきましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

生命保険が満期になると受け取れる!満期保険金とは ページTOPへ戻る