火災保険とは?加入しないとどんなデメリットがあるの?

物件を借りたり、住宅を購入したりする際に加入する方も多いのが「火災保険」です。火災保険に加入しないことによって起こり得るリスクには様々なものが考えられます。火災保険の内容や保険料などは、加入する保険の種類によっても変わるため、自分の住居に合った火災保険を見極める必要があります。そのためにも補償内容について知っておくことが大切です。今回は、火災保険の概要と、保険に入らないことで起こり得るトラブルなどもあわせてご紹介します。

 

 

あらためて復習!火災保険とは?

 

火災保険とは、火災から一戸建てやマンションなどの「建物」と、建物内の家具などの「動産」を補償する保険になります。なお、これらの補償の対象になるものを火災保険では「保険の対象」と呼びます。火災保険は、「保険の対象」ごとに加入する仕組みになっているため、建物や動産それぞれに保険を付けることが必要です。例えば、建物だけに火災保険をかけていた場合、被害を受けた建物内の家具などは補償を受けられません。建物内の家具などの補償を受けるためには、別途家財保険に加入する必要があります。また、「火災保険」という名前が付いていますが、火災による損害でなくても補償が受けられることもあります。例えば、火災が起きた際には鎮火のために放水されます。その隣の火災を鎮火するための水で自分が損害を受けるケースも考えられます。この場合も、火災保険に加入していれば補償の対象になるのです。火災の他にも落雷や、台風などで建物に物がぶつかってしまい破損してしまった際などに適用される「風災」、洪水で床上浸水してしまった際の「水害」、空き巣に入られてしまった際の「盗難」など様々なトラブルに巻き込まれてしまうことも考えられます。火災保険の中には、あらゆる災害保険と組み合わせて加入できるものもあります。建物や家財をトラブルから守るために、加入しておくと安心です。

 

 

住宅購入する際は火災保険に入るべき?

 

住宅を購入する際に、火災保険への加入を検討する方は多いです。住宅は、人生の中でも大きな買い物の1つといえます。火災によって建物や家財に被害が出てしまった場合、火災保険に加入していなければ住居を守るための補償を受けることはできません。住みやすい住宅に長く、安全に暮らすためにも火災保険に加入することは必要です。しかし、住居の購入を期に火災保険に入る方の中には、補償内容やプランを確認せずに、銀行やハウスメーカー、不動産会社などが勧める保険に加入してしまう方もいるようです。火災保険はプランや契約の期間によって、金額が大幅に変わってきます。住宅購入費用を節約したいという方は、保険のプランについても慎重に考えることが重要といえるでしょう。また、賃貸物件に入居する際にも火災保険の加入を勧められる場合が多いです。火災保険は、物件に入居するための条件として提示される場合も多いため、拒否する方は少ないといえます。火災保険に加入することによって、火災が起こった際の補償が受けられることはもちろん、故意ではない日用品の破損なども補償の対象に含まれます。マンションなどの賃貸物件に入居する場合、水漏れなどのトラブルが起こってしまうことも考えられます。しかし、火災保険に加入しなければこれらのトラブルに対し補償を受けることはできません。例えば、自室の風呂場から水漏れが起こってしまい、下の階の住人に被害が出てしまった際などには自身の負担で修繕費などを支払うことになります。火災保険に加入することで多額の費用がかかるトラブルを回避できます。

 

 

火災保険の保険料は高い?安い?

 

火災保険にかかる費用を抑えるためには、保険のタイプについて知っておくことが重要といえます。一般的に、幅広く普及しているのは「オールリスクタイプ」と呼ばれるパッケージ型の保険です。火災以外にも、落雷、盗難、水害などによる様々な災害被害をカバーする保険となっています。しかし、パッケージ型の保険は、補償内容が充実すればするほど、加入するために必要な金額が高額になりやすいといえます。火災保険に加入する際には、火災保険にどのような補償が付いており、いつからいつまでが契約期間なのかを確認することが重要といえます。基本的に、火災保険には火災の他にも、落雷、破裂、爆発の3つが対象として組み込まれていることが多いです。カスタマイズができる火災保険に加入する場合は、これらの補償の他にどの特約を追加していくかが契約の金額を左右することに繋がります。例えば、マンションの高層階に住む場合は水害や雪、風などの影響を受ける心配が少ないです。この場合は、保険特約から水害、ひょう災・雪災、風災などを外すことで、保険料を安くできます。

 

 

まとめ

 

災害の被害に遭った際には、できるだけ手厚い補償を得たいと考える方は多いといえます。しかし、あらゆる災害に対応する補償を付けようとすると、保険料は高額になってしまいます。火災保険を選ぶ際には、保険料と契約内容のバランスを取ることが重要といえるでしょう。火災保険に加入する際には、住居にどのような補償が必要なのかをよく吟味しましょう。火災保険の補償内容と、保険料のシステムを知り、自身の住居を災害から守りましょう。

 

https://allabout.co.jp/gm/gc/8645/(Allabout)

http://www.ins-saison.co.jp/eraberu/kotsu/kiso/kasai.html(じぶんで選べる火災保険)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

火災保険とは?加入しないとどんなデメリットがあるの? ページTOPへ戻る