火災保険でカバー!水災補償をつける際のポイントまとめ

住宅が災害の影響を受けた際には、普段通りの生活ができなくなってしまうだけではなく、多額のお金が必要になってしまうこともあります。住宅を様々なトラブルから守るために必要になってくるのが「火災保険」です。火災保険といっても、その補償は火災によるトラブル以外でも適用される場合もあります。災害には様々な種類がありますが「水害」の被害は火災保険で補償されるのでしょうか。今回は、水災補償を付ける際のポイントと、保険が適用される水災の例について解説していきます。

 

 

どんな災害?火災保険でカバーできる水災とは?

 

「水災」と一口にいっても、その種類には様々なものがあります。火災保険に水災補償を付けることによってカバーできる水災には、洪水や集中豪雨による土砂崩れ、台風による高潮などが挙げられます。洪水や高潮による被害は水災に含まれるというイメージを持たれることは多いですが、土砂崩れ被害が水害の補償対象に含まれていることを意外に思う方もいるでしょう。ちなみに、火災保険の補償では台風による強風被害は「風災」、台風で大雨が降り床上浸水したり洪水が起こったりした際などには「水災」の補償が適用されます。なお、火災保険のプランや契約内容などは、保険会社によってそれぞれ違いがあります。火災保険の補償を自身で選択するプランでは水災の補償を除外して契約できる商品なども用意されています。しかし、意図的に水災補償に対する契約を外さない限り、通常の火災保険では水災に対する補償が組み込まれているケースが多いようです。ただし、長期的に火災保険の契約をしている方は注意が必要です。住宅火災保険や普通火災保険に長期契約をしている場合は、水災の補償が組み込まれていないプランである可能性も高いといえます。

 

 

ホントに水災補償は必要?自治体のハザードマップで確認

 

火災保険に水災補償を付けるか迷った際には、住んでいる自治体のハザードマップを確認すると良いでしょう。ハザードマップとは「被害予測地図」とも呼ばれており、災害による被害を予測するだけではなく、避難所や避難経路なども示された地図です。ハザードマップは、その地域の土地の成り立ちや特性、災害の要因となり得る地形や地盤の特徴、過去の災害履歴などを元に作成されています。水災に関するデータが残っている場合や、水災が起こりやすい地域に住んでいる場合は、火災保険に水災補償を付けておくと良いでしょう。近くに海や川がなくても安心はできません。水災にはゲリラ豪雨や暴風に対する補償が組み込まれている場合もあります。都心ではゲリラ豪雨が発生するリスクも高いため、こちらも水災保険への加入を検討する価値があります。また、マンションの高層階に住んでいる場合などは「水災補償を付けるか否か」迷う方もいるようです。住んでいる階数が高い場合は、床上・床下浸水などの水害について心配する必要はないといえます。しかし、マンションの場合は共用部分も自分の持ち物に含まれます。マンションの共用部分の保険契約がどのような形になっているかも確認しておくと安心です。

 

 

水災補償をつけたのに!水災ではない水害とは?

 

一見すると水災による被害のように見えても、水災補償が適用されない事例もあります。保険が適用されるのは、空から降ってくる雨や風が被害の原因となる場合と雨が降った結果川の氾濫や増水によって建物に被害が出た場合に限られます。そのため、地震による津波の被害などは水災補償が適用されないため注意が必要です。地震によって津波が発生し建物が被害を受けた場合、適用されるのは地震保険になります。また、給排水設備の不具合によって水漏れが発生し建物が被害を受けた場合も、水災補償が適用されないケースがあります。補償が適用されるのは「事故」とみなされたものに限られます。水道管が凍結して破裂してしまった場合を例に解説していきましょう。凍結によって水道管が破裂した場合、給排水設備の事故とみなされ、補償を受けられる場合が多いようです。しかし、洗濯機に常設していないホースを設置しており、部屋が水浸しになってしまった時には補償が適用されません。これは、ホースが常設のものではなく、排水設備と判断することができないためです。事故の判断基準は、保険会社の規定によっても異なる点があります。保険会社や契約によって補償内容も変わってくるためあらかじめ確認しておくと安心です。水漏れ補償として火災保険に組み込まれている場合もあります。給排水設備に関する規定や、補償範囲は保険商品によって変わってくるため、加入前に確認しておくことが重要です。

 

 

まとめ

 

火災保険をかけていても、起こった災害に対する補償が付いていなくては意味がありません。しかし、火災保険の契約内容によって補償対象などが異なる場合もあります。火災保険に加入する際には、あらかじめどのような災害に対する補償が付いているのか確認する必要があります。海や川の周辺に住居がある場合や、ゲリラ豪雨がよく発生する地域では、水災補償を付けておくと安心です。火災保険に加入する際のポイントと、水災補償の内容について知り災害から住居を守りましょう。

 

http://www.gsi.go.jp/hokkaido/bousai-hazard-hazard.htm(国土交通省国土地理院)

https://allabout.co.jp/gm/gc/8650/(Allabout)

http://kasaihoken99.com/fp/question_list/64/(火災保険プロパイザー)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

火災保険でカバー!水災補償をつける際のポイントまとめ ページTOPへ戻る