火災保険だけじゃだめ!地震保険に加入すべき理由

住宅にかける保険の中でも、火災保険とあわせて利用されることが多い「地震保険」。しかし、火災保険に加入する方の中には「わざわざ地震保険を付ける必要はない」と考える方もいるようです。住居が地震の被害を受けた場合、火災保険だけでは損害をカバーしきれないこともあります。住居を自身の被害から守るためには、住宅に合った火災保険を選ぶことが需要です。今回は、地震保険へ加入するメリットと選び方について解説していきます。

 

 

日本に住んでいるなら誰しも入っておきたい地震保険

 

世界的な基準で見ても、日本は地震の多い国として知られています。地盤は10個のプレートがつながってできています。日本は「太平洋」、「北米」、「ユーラシア」、「フィリピン海」の4つのプレートのつなぎ目にある国です。地震は、プレートがずれることによって発生する災害なので日本では規模の大きな地震が起こりやすいのです。また、地震は揺れによる被害だけではなく「津波」や「火災」など2次被害が出やすい災害です。1975年から2005年までに起こった震度6以上の地震は15以上にも上ります。今の技術ではどの地点で地震が発生するのかを完璧に予測はできませんが、これらの地震は日本各地で発生していることから、日本のどこに住んでいるとしても地震保険をかけるなどして大地震の被害に備えることが重要です。また、地震の際に注意しなくてはいけないのは、揺れによる建物・家財の倒壊だけではありません。地震が起こった際には、津波や火災などの2次被害も予測されます。しかし住宅に火災保険をかけているだけでは、これらの被害に対して補償が得られない場合もあります。

 

 

火災保険じゃカバーできない!地震保険の入り方

 

火災保険は、火災だけではなく様々な災害から住宅を守る保険です。一方で地震については、火災保険だけでは地震を直接原因とする火災や損害が補償されないなどカバーしきれない部分があるため注意が必要です。地震によって被害を受けた住宅を修繕するためには、地震保険に加入しておくと安心です。地震保険は居住している建物と家財が補償対象になる保険で、法律に基づき政府と民間の損害保険会社が運営しているものになります。地震保険に加入するためには条件があります。それは「火災保険に加入すること」です。つまり、地震保険は火災保険とセットでプランを考える必要があり、一般的に火災保険を扱っている保険会社であれば、地震保険を取り扱っている場合が多いため、まとめて加入することができます。火災保険と地震保険がセットになっているオールパッケージ型の場合、地震補償はどこまで適用されるのかを把握するのも忘れないようにしましょう。また、火災保険と地震保険の違いの1つとして「年末調整の控除対象に含まれること」が挙げられます。平成18年度の税制改定により、年末調整の控除に火災保険料は含まれなくなりました。代わりに控除の対象になった地震保険料は、年末調整の際に申告することを忘れないようにしましょう。火災保険と地震保険はセットで加入する方が多いため、保険会社に問い合わせるか、地震保険料は保険会社から送付される「控除証明書」でも確認することができます。

 

 

地震保険でカバーできる被害とは?

 

地震は2次被害が発生しやすい災害として知られています。日本で発生する地震の被害をさらに大きくしているのは、「火災」や「津波」などです。よって地震保険でカバーできる被害には「地震の揺れ」に対するものだけではなく、「津波」や「火山」なども含まれます。例えば、火山の噴火の影響で住居が火事になってしまった場合は、地震保険が適用されます。地震が起こったことによって津波が発生し、建物が倒壊してしまった場合も同様です。津波の被害は一見すると「水災」による被害にもとらえられますが、地震によって発生した災害であるために地震保険の対象として組み込まれています。また、地震によって建物が倒壊し室内の家財が破損してしまった場合なども地震保険の対象になります。しかし。ここで注意しておきたいのが「地震保険はあくまで損害を補てんするためのもの」であるという点です。地震保険が適用された場合でも、建物や家財を修復するために必要な費用が100%補償されるわけではありません。補償の金額は、加入している保険会社や契約プランにもよりますが、建物・家財に設定した金額の30%から50%程度が相場のようです。

 

 

まとめ

 

火災保険だけでは地震が原因で引き起こされた被害の多くがカバーされないことは重要なポイントです。地震保険に加入することで、地震の揺れによる建物の倒壊のみならず火災や津波の被害も補償の対象になります。地震保険は単体で加入できる保険ではないため、火災保険とセットで加入する必要があります。なお、地震保険料は年末調整の際に控除の対象になります。年末調整の前に、対象となる地震保険料について保険会社に問い合わせることを忘れないようにしましょう。地震が多い日本に住んでいるからこそ、地震保険選びについて慎重に考えることは重要です。

 

http://hoken.kakaku.com/insurance/kasai/select/jishin/(価格com.保険)http://www.sjnk.co.jp/kinsurance/habitation/(損保ジャパン日本興亜)http://asagaku.com/kokoku/jishin_tsunami/nihonwajisintaikoku.html(子供アサヒ)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

火災保険だけじゃだめ!地震保険に加入すべき理由 ページTOPへ戻る