海外旅行に保険は必要不可欠?保険のすすめ

海外旅行は楽しいものですが、日本とは違った食事や移動の疲れで体調を崩したり、思いがけないところで盗難にあったり、帰りの飛行機が欠航したりなどのトラブルといつもとなり合わせです。これらのトラブルを完全に回避する手段はない以上、身の安全の確保やトラブル対策がしっかりできているかで、安心の度合いが変わるのも確かでしょう。そこで、海外旅行での安心を得るための手段として、海外旅行保険について考えてみたいと思います。

 

 

海外でありがちなトラブルって何?怪我や病気のリスクは?

 

実際のところ、海外旅行で起こりがちなトラブルには、どんなものがあるのかをまずは知っておきましょう。海外旅行保険商品を主力に展開している保険会社・AIU損害保険会社の2013年度事故別支払件数実績のデータをもとに解説します。(※1)このデータによれば、支払件数のうち「治療にまつわるもの」が75.7%、「手荷物にまつわるもの」が15.2%、「航空機にまつわるもの」が4.1%、「その他」が5.0%でした。
つまり、海外旅行保険の支払い理由は4分の3以上が病気やケガであるということになります。しかも、これらのトラブルの場合、治療費が高額になるのも珍しくありません。(※2)例えば、「ハワイで脳卒中で倒れてICUに緊急搬送され、17日間現地で入院した後、医療専用機で日本に搬送された」ケースを考えてみましょう。このケースでの医療費の請求額はなんと約2,374万円とのことです。一般の人ならこんな高額の医療費を支払うのは非常に厳しいでしょう。ここまで高額なケースはあまりないとしても、「海外で病気やケガをした時の医療費は大変なことになる」という点は肝に銘じておいたほうがよさそうです。

 

 

海外旅行に備えて!保険の選択肢は?

 

では、海外旅行に備えて保険に入る場合、どのような選択肢があるのかを説明しましょう。まず、クレジットカードに付いている保険を利用する方法があります。しかし、クレジットカードの種類によっては、海外旅行保険自体が付帯していなかったり、付帯していても保障内容が手薄だったりする場合もあるので、事前にどこまで保障してもらえるかを確認しましょう。次に、インターネットで海外旅行保険に加入する方法があります。旅行会社や保険会社のホームページで申し込むのが一般的ですが、最近では携帯電話会社からも申し込みできます。特に、携帯電話会社経由で申し込む場合、後日携帯電話料金に上乗せして保険料を支払えばいいので、手続きも非常に簡単です。事前に入り損ねた場合は、空港の対面カウンターや自動加入機(銀行のATMのようになっている)で加入するのも一つの選択肢です。ただし、空港に早めにチェックインした場合など、ある程度時間に余裕がないとできないのも現実のため、これは最終手段として考えておきましょう。どうしても海外旅行保険のメリットを感じにくい場合は、海外旅行保険には入らないのも自由ですが、できることならこの選択はしてほしくないところです。できれば、安い保険料のものでもいいので、加入してから出かけるのをおすすめします。その理由をこれから説明しましょう。

 

 

海外旅行保険は必要?加入すべき理由は?

 

海外旅行保険が必要である理由について、加入するメリットとともに説明します。最も大きいのは、医療費が保障されることです。先ほど説明した「ハワイでの脳卒中」のように、海外で医療機関を受診した場合、日本の健康保険ではカバーできません。病気・ケガの程度にもよりますが、中には数百万以上の請求が来る場合もあります。しかし、海外旅行保険に加入していれば、これらの医療費の給付が受けられたり、提携する医療機関での受診であれば窓口負担額が0になったりと、負担が大幅に減るのです。さらに、病気やケガの程度がひどく、しばらく身動きが取れない場合に救援者費用が支給されるため、迎えに来てくれる家族の負担もぐっと減らせます。これらの対応は、すべて専門のコールセンターが日本語で対応してくれるため、慣れない現地語で四苦八苦する必要はありません。また、病気やケガからは離れますが、カメラなど身の回りの品が盗まれた時の保障や、飛行機が遅れたり欠航した場合の宿泊費・食費の保障が受けられるのも大きなメリットです。失くしたものは戻ってきませんが、代わりのものを購入できる費用が賄えるだけでも、精神的には安心します。

 

 

どこで加入すると良い?加入場所の選択肢は?

 

では、海外旅行保険はどこで加入すればいいのでしょうか?まず、対面で申し込みたいという人は、旅行代理店や損害保険代理店を検討しましょう。商品の内容を詳しく説明してくれるので、本当に自分にあった海外旅行保険が選べます。ただし、対面である以上、保険料はやや高めですので、安さを求める人にはあまり向いていません。事前に申し込みのできる、保険料の安い海外旅行保険がいいなら、インターネットでの加入が断然おすすめです。中には、保険料シミュレーションを設けている保険会社もあるので、希望条件を入力して海外旅行保険選びに役立てましょう。事前に申し込んでいる暇がなかったら、空港で申し込むのも一つの選択肢ですが、出国当日に余裕をもって動けるかどうかがポイントです。また、クレジットカードに付帯している保険を海外旅行保険として使いたい場合は、保障内容とトラブルが起こった場合の連絡の流れを把握しておくのをおすすめします。

 

 

※1【海外旅行保険ならAIU保険会社】海外旅行で身近に起こるトラブル
http://www.aiu.co.jp/travel/trouble/

※2 【海外旅行保険ならAIU保険会社】海外旅行で身近に起こるトラブルの具体例
http://www.aiu.co.jp/travel/trouble/detail.html#09

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

海外旅行に保険は必要不可欠?保険のすすめ ページTOPへ戻る