最安の自動車保険が知りたい!調べる方法とは?

今現在の自動車保険料やこれから契約する保険の毎月の支払額に不安を持っていませんか?毎月出ていく自動車保険料をできるだけ安くしたいという人は多いでしょう。ただ、ただ単に保険料が安いというだけで飛びついてしまうと、サービスの内容が良くなかったらどうしようという不安もあります。そこで、ここでは安い自動車保険の選び方や調べ方を詳しく解説していきます。自動車保険の最安値を提供している保険会社も紹介していますので、保険料を安くしたいと考えている人は是非参考にしてみてください。

 

 

自動車保険の最安値が知りたい!

 

まず、自動車保険の最安値を探す方法を具体的に解説します。探す方法としてはいくつかありますが、もっともおすすめなのは一括見積もりから検索する方法です。一括見積もりサービスというのは、インターネット上から簡単に複数の自動車保険会社に見積もり依頼ができるサービスで、これを使えば保険料の相場や補償内容の充実度合いを簡単に知ることができます。自分が必要としている補償内容などを入力し、見積もりをもらった中から最も安い保険料のところを選択すれば、必要最低限の補償内容を備えた最安値の保険会社を選ぶことができるでしょう。
具体的な依頼方法を解説すると、まずインターネット上から保険の対象となる車の登録年月日やメーカー、社名、型式などを入力し、現在の保険加入状況や車両の状況などを入力します。その後、見積もり依頼を出したい自動車保険会社を複数社選択し、依頼ボタンを押すだけで見積もりが完了してしまいます。本来であれば、1社ずつ見積もり依頼をしなければならないところを、1回の入力だけで複数社に依頼が出せるというのはとても魅力的なサービスです。

 

 

自動車保険最安値として名高いSBI損害保険

 

保険料の最安値を探す方法を解説しましたが、このように一括見積もりを利用して格安の自動車保険会社を探すと、高い確率で最安値になるのがSBI損害保険です。この自動車保険会社は、業界でもトップクラスの保険料の安さを誇っており、他社のダイレクト自動車保険と比較してもかなり安いとして有名です。代理店型の自動車保険と比べると、その保険料はおよそ半額以下になるということもあり、保険料を安くしたいと思っている人にとっては選択肢として外すことのできない自動車保険会社なのです。さらに、インターネット割引をはじめとする各種割引制度をフルで活用すると、その保険料はさらに安くなります。
ここまで保険料が安いとなると、気になるのはそのサービス内容です。安かろう悪かろうでは意味がないですが、SBI損害保険に関しては、最低限の補償内容は兼ね備えているといっていいでしょう。対人・対物・人身・車両の4つの基本補償に関しては、他の自動車保険会社と大きな違いはありませんし、弁護士費用や対物超過修理費用に関する特約もしっかりと備わっています。確かに、事故処理の能力としては全国で14拠点と他社と比較すると少な目ではありますがコストパフォーマンスという観点から見るとかなりおすすめな自動車保険会社です。

 

 

保険料の観点からおとなの自動車保険について解説

 

セゾン自動車火災保険が提供するおとなの自動車保険は、年齢層が高くなるにつれて事故率が下がることに着目した自動車保険です。40代や50代がメインターゲットとなっており、通常よりも割安な保険料が実現しました。年齢層が高くなるにつれ保険料が安くなるとはいっても、通常の自動車保険でも60歳以上になると保険料は変動し、高くなっていく傾向にあります。しかし、おとなの自動車保険では、60歳や70歳を超えても保険料の変動はほとんどないという点が非常に大きな特徴です。
さらに、ダイレクト系自動車保険ならではのインターネット割引などの各種割引も充実しており、うまく利用すれば大きな割引を受けることも可能です。
また、SBIと違って保険料は一般的な走行距離に応じた変動型を取っているため、普段あまり車に乗らないという人にもおすすめの保険になっています。
ただし、年齢がまだ若い人にとってはそこまで大きなメリットがあるというわけではなく、保険料に関しても、商品内容に関しても他の自動車保険会社の方が大きな恩恵を受けられると思っておいていいでしょう。
このように、ターゲットを絞り、その年齢層に最適なサービス内容を考え出すことで安い保険料を実現させているため、万人受けという点では他の会社に比べ劣るものの、サービス内容、補償内容に関しては申し分ない水準を保っているといえます。
年齢を重ね、40歳を超えてきたという人や、そこまで車を頻繁に乗る方ではないという方にとってはおすすめの自動車保険といえるでしょう。

 

 

まとめ

 

数ある自動車保険会社の中でも、最安値の商品を提供している会社をメインに見てきましたが、今の時代、保険料が安くても商品内容は悪いとは限らないということがわかります。これは、多様化するニーズに対して、それぞれに合った商品内容を考え出すことにより、保険料を安くすることや、そもそもの販売形態を変え、ダイレクト型をとることなどで実現しているものです。ただ、注意深く商品の内容を見ないと、契約後に思っていたものと違うということになる可能性もゼロではありません。ここで紹介した情報を参考に、実際に一括見積もりサービスなどを利用して自分に合った最安の自動車保険を選ぶようにしましょう。

 

価格.com:http://kakaku.com/kuruma_hoken/company/sbi-sonpo/
ダイレクト自動車保険乗り換え大作戦:http://dzhoken.com/ranking/lowcost.html
ダイレクト自動車保険乗り換え大作戦:http://dzhoken.com/ranking/sbi.html

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

最安の自動車保険が知りたい!調べる方法とは? ページTOPへ戻る