時代はドル建て終身保険?保険の概要やメリット・デメリット

資産を銀行に預けておくだけでなく、もう少し積極的な資産運用をしてみたいと考えることもあるでしょう。保険を活用した資産運用のひとつの方法として、ドル建て終身保険を知っていますか。外貨を介して保険を活用する資産運用方法のひとつです。しかし、金利が有利な金融商品はそれなりにリスクがあるので不安に感じることもあります。リスクやメリット、デメリットを知った上で、保険商品を検討してみてはいかがでしょうか。ドル建て終身保険について紹介していきます。

 

 

ドル建て終身保険って何?普通の保険とは違うの?

 

ドル建て終身保険の特徴のひとつに、円建ての終身保険と比べ予定利率が高めに設定されていることがあげられます。予定利率とは、顧客が支払った保険料から収益を想定し保険料から割り引くときの割引率で、これが高めに設定されている保険商品は保険料が安めになる傾向があります。ドル建て終身保険は予定利率が高いので、保障に対して支払う保険料が割安になるのです。
ドル建ての終身保険に加入することで、為替の変動によってはさらに利益を得られることがあります。予定された利率の他に、保険が満期になった時点で円安になっていれば、為替差益が発生し、同じドルの額面でも受け取る円の金額はプラスになることがあります。仮に、満期になった時点で円安でなくても、据え置き期間をうまく利用すれば、円安になったときに満了金を受け取ることもできるでしょう。これは外貨の保険ならではの特徴です。
投資にはリスクに応じて高い利率を得る、利率は低くても安全を重視した運用をするなど、それぞれの目的によって分散して行うという考え方があります。選択肢のひとつとして保険商品を利用するという方法もあります。必要な保障と同時にドルなどの比較的安全な外貨を長期で保有し、予定利率が高いという特徴もあるドル建て終身保険は検討の価値があるのではないでしょうか。(※1)

 

 

ドル建ての終身保険にするメリットとデメリットとは?

 

ドル建て終身保険にはメリットとデメリットが存在します。自分の投資する方針に合っているかどうかをよく確認してから、加入を検討するとよいでしょう。メリットとしては、日本円よりも高い金利の通貨で運用するため、貯蓄性で有利になることがあります。普通預金に預けておくより高い利率が得られます。さらに、保険料が安いこと、満期時に円安になっていれば多くの利益が期待できるでしょう。また、将来的に円の価値が目減りしてしまったときのリスクを抑えられるのがメリットです。外貨を所有しておくことで、貯蓄の目減りリスクを分散することが可能になります。
一方でデメリットもあります。円安になるとメリットになりますが、保険満了時に、為替が加入時よりも大幅に円高に振れてしまった場合には、満期時に受け取る金額が減少してしまうリスクがある可能性を理解しておくことが大切です。そのため、将来いくら戻ってくるのか確定できないという要素がデメリットになります。また、ドルから円に資金を移動する際には為替手数料がかかりますのでその分コストが発生します。(※1)

 

ドル建て終身保険を活用!運用のコツは?

 

ドル建て終身保険は商品の特徴を理解した上で運用すれば、将来的な円安に備えて通貨を分散しておく貯蓄手段としては有効であるといえるでしょう。その他に活用する手段としては、相続税対策があります。相続税の基礎控除の引き下げが実施されてから、将来の相続税対策を考える機会が増えてきており、生命保険を活用した方法が注目を集めています。たとえば、被相続人が加入していた保険は、被相続人が死亡した際に相続人が受け取る死亡保険金には非課税枠が設けられています。500万円×法定相続人の数が非課税枠になるために、生命保険を相続税対策に活用できます。ドル建て終身保険は、死亡保険金が非課税になるだけではなく、高い運用利率が期待できますので受け取る金額が多くなる可能性があります。また、被相続人が生前贈与などを通じて相続人に贈与した金額でドル建て終身保険に加入する方法があります。この場合、加入者は相続人になります。保険が満期になったときは保険加入者である相続人がそのまま受け取ることになり、相続税の納税資金などに使うことができます。ドル建て終身保険は為替のリスクは伴いますが、年金タイプを選べば相続人の年金にもなりますし、非課税枠を利用することで相続税対策になります。(※2)

 

 

結局どっちが良いの?ドル建て保険と円建て保険なら… 

 

保険を活用した資産運用に興味があるけれど、ドル建てと円建て、結局どちらがよいのでしょうか。大きな違いは為替の影響を受けるか、受けないかという点です。そのため、為替レートの変動をどうみるかによってドル建て終身保険には向き不向きがあるといえるでしょう。ドル建て終身保険が向いているのは、円安、円高にそれほどこだわらず長期的に取り崩さなくてもよい余裕資金で運用ができる場合です。さらに、将来の円安を見据えて外貨に分散投資をしたいと考えている場合でしょう。為替のリスクを理解した上で、保険を投資と貯蓄の手段として検討することができる場合にも向いているといえます。さらに、ドルを日常的に使う国に将来移住を予定しているときなどは、満期金はドルのままで使えますので、満期時の円安、円高をそれほど気にしなくてよいでしょう。
一方で、保険金を確実な金額で受け取りたいと考えている場合には、為替リスクがとても気になるのではないでしょうか。満期時に元本割れを起こす可能性がまったくないわけではないので、為替変動の影響を避け、安定を求めるならば円建て終身保険を検討するとよいでしょう。(※3)

 

 

※1.【保険の教科書】ドル建て終身保険とは?押さえておきたいメリットとデメリット
http://hoken-kyokasho.com/dolhoken-shushin

※2.【ひかり税理士法人】外貨建て終身保険(ドル建て終身保険)で相続税対策と資産運用!!
http://hikari-tax-shiga.com/blog/%E5%A4%96%E8%B2%A8%E5%BB%BA%E3%81%A6%E7%B5%82%E8%BA%AB%E4%BF%9D%E9%99%BA%EF%BC%88%E3%83%89%E3%83%AB%E5%BB%BA%E3%81%A6%E7%B5%82%E8%BA%AB%E4%BF%9D%E9%99%BA%EF%BC%89%E3%81%A7%E7%9B%B8%E7%B6%9A%E7%A8%8E/

※3.【LIFULL保険】リスクがこわい!?ドル建て終身保険選びの3つのチェックポイント
https://www.lifull-fintech.com/media/life-insurance/risk-dollar-shushinhoken/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

時代はドル建て終身保険?保険の概要やメリット・デメリット ページTOPへ戻る