怪我をした時のための傷害保険!特徴や医療保険との違いは?

私たちは日常生活のさまざまなリスクに囲まれて生きています。このリスクに備えることができるのが保険の魅力です。生命保険や医療保険などすでに保険に加入しているという人も多いでしょう。しかし、怪我のための保険は入っているでしょうか?ケガに備える保険として傷害保険があります。まだ加入していないという人は加入を検討してみましょう。傷害保険とはどんな保険かわからないという人のために、傷害保険の概要や種類、補償内容、さらには医療保険との違いなどについてお伝えします。

 

傷害保険ってどんな特徴?

 

傷害保険は、突発的な事故によって怪我をした場合に、あらかじめ契約時に定めた保険金が支払われる保険です。日常生活の中でも怪我はもちろん、旅行やスポーツなど怪我をしやすい場合に関する備えもできます。怪我により入院した場合に1日あたり定額の保険金を受け取れるほか、死亡した場合や高度障害状態になった場合に受取人に死亡保険金が支払われます。事故による怪我は前触れなく起こるものです。そのため、怪我の経済的なリスクに対して貯金で対応するのは難しいといえるでしょう。その点、傷害保険は基本的には掛け捨て保険ですので安い保険料で補償を確保できる魅力があります。また、傷害保険に個人賠償責任特約をセットすることで、他人を怪我させたり他人の物を壊したりといった日常生活で起こりうる損額賠償責任負担をカバーすることもできます。自転車に乗る人や小さい子どもがいる人などは個人賠償責任が特約でセットされている傷害保険を選ぶとよいでしょう。注意点としては、怪我でも傷害保険から保険金が受け取れない場合があることです。故意や重過失による怪我や酒酔い・麻薬などの影響での事故による怪我、地震・噴火・津波による怪我などは対象外です。また、妊娠・出産・疾病による症状に関しても一般的には傷害保険の保険金支払いはありません。(※1)

 

傷害保険には種類がある?

 

傷害保険は用途や保険金支払い対象範囲によっていくつかの種類に分けられます。それぞれについて特徴を確認し目的に応じて使い分けることが大切です。傷害保険は主に4つの種類があります。1つ目は普通傷害保険です。傷害保険の中でも最も補償範囲が広い基本的な保険です。国内外を問わず、さまざまな場面で発生する怪我を補償対象としています。家庭内での怪我はもちろん、仕事中や通勤中の怪我、旅行中の怪我などにも対応します。保険料については年齢による差はありませんが、被保険者の職業によって変わってきます。怪我をするリスクが高い仕事ほど保険料が高くなります。普通傷害保険の被保険者に家族を加えることもできます。家族を加えた普通傷害保険を家族傷害保険といいます。同居の親族などだけでなく別居の未婚の子も含まれます。また、契約期間中に子どもが生まれた場合は、その子どもも自動的に対象に含まれます。2つ目は交通傷害保険です。交通傷害保険は、交通事故による怪我に補償対象を絞った保険です。対象を絞ることによって保険料が安くなります。公共の乗り物に乗っている場合の怪我はもちろん、エレベーターやエスカレーターに乗っている場合の怪我や駅の改札口内の転倒による怪我なども交通傷害保険の対象となります。被保険者に家族を含める場合はファミリー交通傷害保険という名称になります。3つ目は国内旅行傷害保険です。国内旅行目的での移動中の怪我を補償対象とする保険で、家を出てから帰るまでの怪我が対象となります。死亡、入院、手術などの補償だけでなく、携行品の破損などに関する特約を付けることができます。4つ目は海外旅行傷害保険です。海外旅行目的での移動中の怪我を補償する保険で、怪我が発生した場所が国内であっても海外旅行の旅程内であれば対象となります。国内と同様に補償や特約に加え、航空機遅延に関する費用の補償などの特約が付けられる場合もあります。(※2)

 

傷害保険と医療保険!2つの違いは?

 

すでに医療保険に加入しているため傷害保険は必要ないと考えている人もいるかもしれません。しかし、傷害保険は医療保険と補償範囲や対象が違う点がいくつかありますので、違いを理解した上で判断することが大切です。まず範囲ですが、傷害保険が急激・偶然・外来の事故による怪我で入院したり死亡したりした場合を補償するのに対して、医療保険は死亡保障がなく病気または怪我両方について保障する点が違います。死亡保障と病気に関する支払いの有無に違いがあると理解すればよいでしょう。怪我については、じわじわと身体損傷が発生する靴擦れなどは急激に該当せず傷害保険の対象にはなりませんが、医療保険の対象にはなるといった「急激・偶然・外来」要件の有無に違いがあります。また、保険料の決まり方も違います。傷害保険は年齢にかかわらず被保険者の職業で決まる一方、医療保険は年齢と性別で決まります。さらに、加入条件にも違いがあります。傷害保険については、怪我を補償することが目的であるため健康状態に関する審査はありません。しかし、医療保険は病気に関しても対象になりますので健康状態に関して告知書や医師による診査で確認が行われます。(※3)

 

※1.【傷害保険の窓口】傷害保険とは
https://www.insweb.co.jp/shogai/contents/
※2.【保険市場】知っておきたい傷害保険のアレコレ!傷害保険の種類
https://www.hokende.com/damage-insurance/accident/basic_info/types_of_insurance
※3.【保険市場】知っておきたい傷害保険のアレコレ!傷害保険とは?
https://www.hokende.com/damage-insurance/accident/basic_info/about_accident_insurance

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

怪我をした時のための傷害保険!特徴や医療保険との違いは? ページTOPへ戻る