安い自動車保険はどう選ぶ?おすすめはどの保険?

ダイレクト型とは、利用者と保険会社が直接契約を結ぶ保険プランのことで、1998年の保険業法改正と共に普及したモデルです。これと対になるモデルとして、代理店型というものがありますが、一般的に代理店型に比べてダイレクト型の方が、保険料が安くなるといわれています。ここでは、ダイレクト系自動車保険の魅力と、保険料が格安になる理由などを中心に解説していきます。保険料を少しでも安く抑えたいと思っている方は、是非参考にしてみてください。

 

 

おすすめはダイレクト系自動車保険!格安な理由とは?

 

保険料をとにかく安く抑えたいという方におすすめなのがダイレクト系自動車保険です。代理店型に比べ、大幅に保険料を安くできるのがダイレクト系の最大のメリットです。では、ダイレクト型だとなぜ保険料が安くなるのでしょうか?その秘密は商品の販売モデルを見てみると分かります。従来型の代理店型の場合には、保険会社と契約者との間に代理店が入ります。これによって、保険会社は数十%の代理店手数料を支払わなければなりません。これに対して、ダイレクト型の場合には、代理店が間に入らないことで、代理店手数料という費用が全額カットされるのです。これがダイレクト型の保険料が大幅に安くなる、もっとも大きな理由といえるでしょう。
保険料について少し詳しく見てみると、保険料には純粋に保険料の支払いに充てられる純保険料と呼ばれるものと、人件費や広告宣伝費のような会社を運営するために必要な経費をまかなうための付加保険料と呼ばれるものがあります。前述の通り、ダイレクト型では、商品の販売で代理店を通さないため、付加保険料部分を大幅にカットすることができます。ダイレクト型のなかにもさまざまな販売方法がありますが、近年のインターネットの普及に伴って、一般的になっているのがネットでの契約です。ネットでの契約は代理店型で必要だった人件費や店舗の固定費などを大幅にカットできます。その分、当然付加保険料部分が下がり、全体としての支払保険料が安くなるというわけです。
また、優良ドライバーしか入ることができない仕組みも保険料の削減に大きく影響しています。保険会社のなかでもっとも大きい出費は保険料の支払いです。そのため、保険料の支払い機会を少なくすることができれば、当然保険会社の資金繰りは良くなり、契約者1人1人に対する支払保険料額も安くすることができるというわけです。

 

 

格安自動車保険を選ぶポイントとは?

 

ダイレクト型の自動車保険が保険料を大幅に安くできるということは分かりましたが、ダイレクト型であれば何でもいいというわけではありません。格安自動車保険を選ぶ際には、ここで紹介するポイントを最低限備えているものを選ぶようにしましょう。
まず、基本の補償内容として、必要最低限のサービスが備わっているかを確認してください。自動車保険において最低限必要なのは対人対物に対する無制限補償、人身傷害が車内のみ、車両保険はエコノミー型という3点でしょう。どんな保険であっても、いざという時のことを考えると、この3点は外せません。
さらに、現在ある自動車保険のプランには、さまざまな特約が設けられていますが、この特約を最小限に抑えることも大切です。特約の内容をひとつひとつ見ていくと、すべてが魅力的に見えてきて「あれもこれも」という状態になりかねません。特約をたくさんつければ、その分保険料は当然のことながら高くなってしまいます。特約を設けるのであれば、最低限2つ。弁護士費用特約と、対物超過修理費用特約で十分です。
もちろん、余裕があれば自分にあった特約をプラスしていくことで、いざという時の助けにはなるのですが、いらない特約をたくさんつけてしまっている人が多いため、契約前にもう一度見直してみることをおすすめします。

 

 

格安な自動車保険を探すなら一括見積もり

 

それでは具体的に格安自動車保険を探すためにはどうしたらいいのでしょうか?結論からいうと、一括見積もりを利用することによって、もっとも自分に合った格安の自動車保険を見つけることができます。はじめて自動車保険を利用する場合や、自動車保険に詳しくないという場合には、そもそもの保険料の相場が分からないため、安さの基準というものも判断がつきません。しかし、一括見積もりを利用すれば、複数社から相見積もりを取ることができるため、保険料の相場が分かりやすいというメリットがあります。
また、1社や2社だけに見積もりを依頼した場合には、選択肢が少ないため、サービス内容が本当に充実しているのかどうか?ということが分かりづらい傾向にあります。契約後に見積もりを依頼していなかった他の保険会社を見たら、同じ保険料でもっといいサービス内容だったなどということが無いように、一括見積サービスは積極的に利用するようにしましょう。

 

 

まとめ

 

格安自動車保険と聞くと、サービス内容が悪いのではないか?と不安になったり、いざという時にしっかりと対応してくれるのか?と心配になったりしますが、ダイレクト型の仕組みを理解すると、安い理由もよく分かります。従来の代理店型にも良い部分はありますが、安さを求めるのであればダイレクト型一択といっても過言ではないでしょう。ここで紹介した自動車保険の選び方を参考に、一括見積もりサービスを利用して自分にあった格安自動車保険を選んでみましょう。

 

bang!:https://www.bang.co.jp/cont/direct-or-agency/
自動車保険を安くする方法:http://自動車保険安くする方法.net/faq/direct-yasui.html
価格.com:http://kakaku.com/kuruma_hoken/choice/budget.html
自動車保険プロ:http://www.w-safety.jp/00001/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

安い自動車保険はどう選ぶ?おすすめはどの保険? ページTOPへ戻る