学資保険の月額平均保険料事情とプランの決め方

学資保険に加入した場合、どのくらいの保険料が月々必要となるのでしょうか。子どもが生まれてから最も費用がかかる時期は大学の4年間です。子どもが幼稚園から大学卒業までの間に必要な学費はおよそ1000万円以上だといわれています。その総額の約半分は大学4年間の時期に必要になります。毎月かかる生活費や家のローンなどの他に子どもの将来のために、事前に学費を備えておくことはとても重要なことです。保険料の設定方法やどのような学資保険に入れば良いのかをあらかじめ確認しておきましょう。

 

 

学資保険の月額平均はいくらなのか

 

満了金の金額と加入時期によって月額保険料は変わってきますが、満了金を100万円から400万円くらいに設定した場合の保険料の相場は5千円から2万円程度です。払える金額を考えて保険料を設定していくのですが、月額5千円の保険料にした場合、大学4年間の学費をすべてまかなうことは難しいです。大学に進学することを見据えて学資保険の加入を検討しているのであれば保険料を1万円以上に設定する必要があり、ベストな金額は2万円以上です。学資保険は子どもが0歳のときから加入して18年間のプランに入る人が多く、保険の商品としても18年間で満了の商品が数多く存在します。(※1)(※2)

 

 

ケース別の月平均額は?

 

学資保険の保険料を決めるときに、大学4年間の学費までを満了金に含めることが多いですが、プランの決め方は他にもあります。
まず、大学費用を含めないで満了金を高校の学費に充てることを目的として加入する場合です。公立高校と私立高校では、それぞれ公立高校に3年間通って120万円~150万円くらいの学費がかかり、私立の場合は300万円~320万円程度が必要です。高校の学費に充てる場合は満期を15歳までとすることが多く、その場合は月々の保険料を抑えることができます。仮に15歳のときに返戻率110%で満了金を120万円受け取れる保険に加入した場合、月額の保険料は約6060円かかります。高校までの学費を目的として学資保険に入った場合は、1万円以内に月額保険料を抑えることができるでしょう。(※5)(※6)
次に医療保障を付けたい場合ですが、これに関しては学資保険に医療保障を付けること自体をあまりおすすめしません。学資保険の目的の多くは貯蓄ですが、医療保障を付けることにより保険料が医療の保障部分に割り充てられてしまい貯蓄性は下がってしまいます。国や自治体からの医療費の補助制度をうまく利用するか、掛け捨ての安い医療保険に別で加入することをおすすめします。貯蓄性を重視したいのであれば余分な保障を付けすぎないほうが良いということです。医療保障を付けた場合の月額保険料についてですが、月額保険料の内訳に貯蓄部分と医療保障部分があり、払える保険料の中で貯蓄部分をいくらにするのかをまず決め、付加する医療保障も決めていくとよいでしょう。ただ調整が難しいですから保険料が予定よりオーバーしてしまう可能性もあります。必ず見積もりをするか、加入前に保険の担当者に相談しましょう。子どもの医療保障にかかる保険料についてですが、病気や事故による入院や手術、通院などのほかにも先進医療保障も付けるかなど選択次第で保険料は様々であるといえます。保険会社によっても0歳加入で保険料は数百円から数千円など幅広くあります。医療保障を付けたほうが返戻率は下がりますので、じっくり検討する必要があります。(※7)(※8)

 

満了金の平均額はいくら?

満了金の相場は大体100万円~300万円くらいです。その中で200万円から250万円の間で設定するパターンが多く見られます。(※2)幼稚園から大学卒業までに必要な学費の合計金額は総額1000万円以上になります。最も費用がかかる大学4年間の期間にどのくらい費用がかかるのかというと、公立では520万円ほど、私立の場合は650万から800万円ほどです。入学費用に関してはそれとは別に国公立では85万円、私立は100万~120万円ほど用意しておく必要があります。大学費用は学資保険ですべてまかなえるようにしたいところですが、そうすると多大な保険料を毎月払う必要がでてきます。そのため、満了金は大体350万円から400万くらいに抑えておくのが無難です。なぜなら仮に大学4年間の学費を私立の650万円と想定して、それをすべて学資保険でまかなうとすると、必要な保険料は月額3万円を超えてしまいます。(※3)

 

 

学資保険プランの決め方

 

実際にどのように学資保険のプランを決めていけばよいでしょうか。まず医療保障などは付けずに保険料のほぼ全てを貯蓄に割り充てられるプランを選ぶと良いでしょう。
そしていかに貯蓄率を上げるかについてですが、それは学資保険の返戻率で判断できますので必ず確認するようにしましょう。たとえば保険料を満了までに200万円合計で払ったとします。その場合返戻率100%であれば200万円を満了時に受け取れます。返戻率が120%であれば240万円が受け取れます。(※4)
返戻率をあげるための手段として、18歳満了の保険であれば0歳から18年間保険料を払い続けて最後に受け取ることになりますが、保険料を払い込む期間を短くすることもできます。たとえば18歳まで払うところを15歳まで、もしくは10歳までにするなど保険料の払込期間を短くすることにより、保険料は上がりますが満了金の額を増やすことができます。返戻率をあげるためにもう一つ頭に入れておきたいことは、満了時に一度にお金を受け取れるタイプが望ましいということです。保険の種類によってはお祝い金のようなものがもらえる保険がありますが、途中で受け取ってしまうよりも満了金のみを最後に受け取ったほうが返戻率は高くなるのでそのような種類の保険がおすすめです。
学資保険は、毎月一定の保険料を長期に渡って払うことになります。無理のないように長く積み立てしやすい保険プランを選ぶようにしましょう。加入する前の注意点としては、見積もりを必ず行い、きちんと内容を理解したうえで加入することです。コツコツと長年積み立てていく保険ですから、よくわからないまま契約してしまうと万が一途中で支払えなくなった際に解約しなければなりません。そうすると元本割れとなって、払った保険料が全て戻ってきませんので損をすることになります。自分一人の判断で決められない場合は、遠慮せずに保険の窓口やセールスの人、詳しい人に相談してから加入するようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

学資保険の月額平均保険料事情とプランの決め方 ページTOPへ戻る