学資保険の保険料や満了金はいくら?保険にまつわるお金のこと

子供の学費は親として重要な問題です。他の支出もある中でどのように学費を確保するか悩んでいる親は多いでしょう。そんな中、金利面で銀行よりも優れている学資保険を検討する人は多いのではないでしょうか。学資保険で妥当な月額はいくらなのか、満了金をどのレベルに設定するかについては難しい点が多くなかなか決めにくいところです。ここでは学資保険の保険料、満了金について幅広く解説を行います。保険を選ぶ際のポイントについても触れていますので参考にしてみてください。

 

 

学資保険の保険料はいくらなのか

 

学資保険の月額保険料の相場は幅広いです。保険の種類にもよりますが、だいたい5千円~2万円でしょう。加入時期や満了金の使い道次第で学資保険の月額保険料は大きく変わってきます。保険に詳しくない人だと、5千円ぐらいなら子供が大きくなっても無理なく支払いができそうと感じるかもしれません。しかし、5千円だと満期に受け取れる金額もそれ相応に少なくなります。(※1)仮に幼稚園から大学まですべて国公立で進学したとしても、学費は一人当たり1000万円を超えるといわれています。そのうちの半分以上は大学4年間の教育費用です。(※2)大学費用を貯めるのが目的であれば学資保険の月額保険料は2万円以上必要と考えた方がよいでしょう。学資保険の保険料を決めるための要素として大学進学は大きなポイントとなることを覚えておいてください。(※1)マイナス金利の影響もあり、銀行に積み立てをしても資産がなかなか増えにくい状況です。学資保険は金利面でメリットがあるので教育費の貯金に向いているでしょう。ただし、生活費、住宅ローンなど学費以外にも支出はありますので、そのあたりのバランスも試算しながら学資保険の保険料を決めるようにしましょう。(※2)

 

 

満了金の受け取り額はいくら?

 

大手の保険会社のホームページを確認したところ、満了金の受け取り額はだいたい100万~300万円が相場のようです。受け取り金額が150万円を超えれば公立高校3年分の学費はまず大丈夫でしょう。その場合、学資保険の月額は約7000円となります。(※1)もし私立大学4年間の学費をすべて満了金で補うとなると保険料は大幅なアップが必要となります。私立大学4年間の学費は平均650万円です。返戻率が110%の利回りが良い学資保険に加入し、0歳児から積み立てをしていたとしても月額保険料は3万円はかかります。住宅ローンなど他の費用も考えると月毎に約3万円支払うのは少し厳しい家庭が多いのではないでしょうか。学資保険は途中で解約してしまうと積み立て分がほとんど戻らないデメリットがありますので、高額の保険には慎重になるべきでしょう。私立大学4年間にかかる学費の半分程度、約300万円の満了金であれば月額保険料は1万5000円前後で済みます。この1万5000円という数字は学資保険の平均保険料程度の額ですのでバランスは良いといえるでしょう。(※2)

 

 

お金のことを考えた保険の選び方

 

学資保険でもっとも重要視するべきポイントのひとつは返戻率です。もし110%の保険に契約していれば、300万円支払い時、満了期には330万円受け取れる計算です。ただし解約してしまうと返戻率が下がり元本割れすることもあるので注意しましょう。学資保険の返戻率は100~120%程度が多いようです。中学、高校入学時など、時期ごとに分割で満了金を受け取れる保険もありますが、このタイプは要検討です。なぜかというと、多くのお金を長期間預ける方が返戻率は高くなりお得だからです。分割でもらわなければやっていけない状況であれば、保険料の見積もりが間違っていた可能性があります。学資保険は子供が病気になった際の特約などをつけることができますが、病気の費用は国民健康保険に入っていれば3割負担で済ますことができます。特約をたくさんつけると、その分返戻率が下がります。子供の学資金を確保する観点からすると、特約にはできるだけ入らず、月々の支払額を減らし、返戻率を上げることを考えた方が良いでしょう。学資保険以外にも子供の学資金を確保する方法はあります。たとえば定期預金・普通預金を利用し自分で貯める方が向いている場合もあるでしょう。生命保険の1種である低解約返戻金型保険も返戻率は110%程度と悪くないので、選択肢のひとつと考えてもよいかもしれません。学資保険だけにとらわれず自分にあった保険を探しましょう。(※1)

 

 

無理なく支払いを続けるためのポイント

 

学資保険は途中で解約すると元本割れしますので、加入前の見積もりは慎重に行いましょう。万が一収入が減っても対応ができるように、保険料は少し余裕をもった金額にしておくのがおすすめです。児童手当など世帯向けの制度も考慮して、学資保険はそこではカバーできない内容を補うようなプランを考えてください。FPや保険の窓口に相談するのも良いアプローチです。学資金のベストな金額を考えるのは意外と難しいのでプロの目線でアドバイスを受けるのは有意義です。月々の生活費を考えると、保険料はできるだけ抑えたいところです。しかしいざ子供の大学入学などを迎えたときにもう少し金額を上げておくべきだったと後悔するような事態は避けたいでしょう。目標とする満了金はいくらなのか、子供は何人いるのか、返戻率と特約のバランスは適切かどうかをよく考慮して学資保険を選ぶようにしてください。(※1)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

学資保険の保険料や満了金はいくら?保険にまつわるお金のこと ページTOPへ戻る