学資保険と終身保険の特徴と違いは?保険選びの判断基準も紹介

子どもが生まれると、その子の将来を考えてあげたくなるのが親というものでしょう。そのため、子どもの教育資金のために学資保険を検討する親御さんは結構いるものです。最近ではそうした教育資金の準備において、学資保険でなく終身保険を利用するケースも見られるようです。なぜ終身保険を学資保険の代わりにかけるのでしょうか。ここでは学資保険と終身保険の特徴や違い、そしてどちらを選ぶと良いのか、といった判断基準まで以下にまとめていきます。保険選びの参考にしてみてください。

 

 

学資保険の特徴は?

学資保険は基本的には貯金であり、コツコツと積み立てたお金が満期になると増えて戻ってくるというのが基本的な仕組みです。そして契約者が万一亡くなったとしたらそこから先の積み立ては不要になりますが、満期金はきちんと受け取ることができます。つまり、万一の事態があってもなくてもきちんと満期金の準備ができるのが学資保険の特徴です。
また、学資保険の中には入学祝い金が付いているタイプもあります。これは小学校や中学校、高校、大学といった節目を迎える都度祝い金という形でお金が受け取れるというものです。ただ、満期一時金として一括で受け取るものに比べると総合的な利率は下がります。

 

終身保険の魅力は?

 

終身保険とは、貯蓄機能を有する生命保険です。その貯蓄機能を利用して学資保険の代わりにすることが増えているようです。
終身保険の魅力は3つあります。
1つ目は、学資保険同様、積み立てたお金を将来的に増やすことができます。
2つ目は、契約者が亡くなってしまったときにはその時点で生命保険金を一括で受け取ることができます。そのため、本来積み立てる予定だった教育資金として残しておくことも可能ですし、その時点から将来の教育資金としてその保険金を回してあげることもできるようになります。
3つ目は、まとまったお金を使うタイミングが選べます。終身保険を利用した貯金の場合、満期が来たからといって必ず取り崩す必要はありません。そのため、使うタイミングを先送りすることが可能になります。したがって、大学入学資金として使いたかったけれど使わなくて良くなった、という場合はそのまま保険を寝かせておいて将来の結婚資金として回してあげる、ということも可能になります。

 

学資保険と終身保険の違いとは

学資保険と終身保険、ともに将来お金が増えて戻ってくるという点は共通です。一方、違う点としてはお金の受け取り方が挙げられます。
学資保険の場合、満期が来たらその時点で満期金を受け取る形になります。契約者が亡くなった場合も満期が来たらお金を受け取るため、亡くなった時点でお金を受け取るわけではありません。
終身保険の場合は満期が来てもその時点で受け取るかどうかは契約者が選ぶことができます。もし受け取らなかった場合、満期金は保険会社が運用していくため、少しずつ増えていきます。契約者が亡くなった場合にはその時点で保険金が受け取れます。
また、入学祝い金という考え方は学資保険の特徴ですので、終身保険にはそうした祝い金をつけることができない、というのも大きな違いです。

 

学資保険か終身保険かを決めるためのポイント

 

学資保険と終身保険、それぞれ銀行に預金しておくよりは利率がいいため、お子様の教育資金を増やす方法としては魅力的といえるでしょう。ですが、どちらを選んだらいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。検討するポイントとしては4つあります。
1つ目は入学祝い金を求めるかどうかです。もし入学祝い金を必ず受け取りたい、という場合、選択肢は学資保険一択になります。
2つ目は万が一の事態に備える機能も追加しておきたいかどうかです。もし貯金にそうした機能を追加したい、という場合には終身保険が有効です。他で用意しているからそこは気にしない、という場合にはどちらを選んでも良いでしょう。ただ、終身保険の場合は貯蓄機能を有しているため、他で用意している保険が掛け捨てタイプの場合は掛け捨て額を減らすことができるといえます。
3つ目は中途解約のリスクです。もし積み立てを途中でやめてしまうと元本割れしてしまうのはどちらも同じです。しかし、終身保険で積み立てをしている場合、学資保険よりも戻ってくるお金が少ないケースが多く、中途解約のリスクは終身保険のほうが大きいといえます。したがって、途中で解約する可能性があるという場合には学資保険で考えておくと安心かもしれません。
4つ目は利率です。利率の良さを求める場合、終身保険のほうが有利なことが多いです。その理由としては、終身保険の場合は利率の高い外貨タイプの保険も存在するためです。日本の円よりも利率が高い海外の通貨は多くあり、貯蓄機能としては有利に働きます。為替のリスクは付きまといますが、その分かなり利率が高いものが多いようです。
上記4点を検討して、どちらのタイプがいいか決まったら、その中で比較検討することで考えにあった保険が見つかるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

学資保険と終身保険の特徴と違いは?保険選びの判断基準も紹介 ページTOPへ戻る