子供の保険加入を考えよう!人気のおすすめ子供保険も紹介!

 

保険に加入していれば、病気や怪我に見舞われたときに治療費や入院費の支払いに悩む心配がありません。大人だけでなく子供にも言えることなので、お子さんがいる人は前向きに検討してみてはいかがでしょうか。今回は、子供の健康はもちろん将来を考えた保険への加入のメリットをご紹介します。大人と同様に、子供が病気や怪我をしたときにも慌てずに済むように備えをしっかりとしておくことが大切です。興味がある人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

子供のための医療保険!必要性は?

 

子供のために加入する保険として人気なのが学資保険です。保険会社などから学資保険を勧められることも多いため、必ず入らなければいけないものだと思い込んでいる人もいますが、必要に応じて加入するか否かを選ぶことができます。学資保険の内容を理解したうえで、必要性を感じるようであれば加入すると良いでしょう。子供が病気や怪我をした場合、乳幼児医療の助成を受けることができるので医療費を負担する心配はありません。しかし、入院した場合は医療費はかかりませんが、交通費や食事代などは実費で支払う必要があります。そのため、入院期間が長引けばその分負担額が大きくなることを覚悟しなければなりません。学資保険に入る人は多いものの、乳幼児医療の助成がある安心感から医療保険は見送る人が多いのが特徴です。子供向け医療保険には、親が亡くなったときにお金を受け取ることができる育英資金付きのタイプもあります。(※1)医療保険に加入していると、親に万が一のことがあった場合にも備えることができるだけでなく、入院の付き添いや通院にかかる費用も負担してもらうことができるというメリットがあります。また、医療費がかかった場合でも、少額の負担で済むので安心です。

 

 

生命保険は入れておいたほうが良いものなの?

 

子供のうちから生命保険に加入させる必要があるのか悩んでいる人も多いのでないでしょうか。子供が亡くなることで精神的な喪失感はありますが、経済的な損失は発生しません。しかし、保険料は加入時の年齢によって変わるので、子供が大きくなってから加入するよりも月々の保険料を安くすることができます。また、大学進学のタイミングで解約すれば進学資金の備えとして活用することも可能です。そのため、死亡時の保障として考えるよりも成長して進学するときに備えて保険に加入するという人が多く見られます。養老保険であれば、生存時に支払われる満期保険金だけでなく、万が一死亡した場合でも満期保険金と同額の死亡保険金を受け取ることができるのでおすすめです。(※2)基本的には子供の生命保険は必要ありませんが、養老保険など死亡リスクが少なく解約時の返戻率が高いプランを活用すれば上手に貯蓄することもできます。終身保険にするか養老保険にするかによって得られるメリットが異なるので、内容をよく比較してから選ぶと良いでしょう。

 

 

子供の医療保険加入!入る時期はいつが良い?

 

健康なうちに加入させたいと考えるのであれば、生まれてすぐにでも加入させたほうが良いでしょう。病歴があると加入できる保険が限られてしまうのは子供も同じなので、医療保険の加入を考えているのであれば早い段階で入っておくことがおすすめです。(※3)ただし、家計をトータルで考えたときに、まずは親の医療保険や生命保険を優先したほうが良いケースもあります。子供の医療保険に加入する際は、保険料が家計の負担にならないように注意しましょう。持病の心配がある場合はできるだけ早いタイミングで加入することで、発症後に保険に入れないというリスクを回避することができます。また、自治体によって乳幼児医療の助成があったり学校で保険に加入している場合は、対象年齢を超えたときに加入を検討することで途切れることなく万が一の備えを続けることが可能です。治療に長い期間を要する病気や怪我をしてしまった場合、医療保険が家計を支える大きな役割を果たしてくれます。

 

 

怪我の備えにも!子供の保険を選ぶときのポイント

 

子供の保険を選ぶなら保障内容をしっかりと確認することがポイントです。手術や治療方法によって保障対象外になってしまう可能性もあるので、必要に応じて特約をつけることも検討しましょう。特約の種類はさまざまあり、第三者への損害賠償をカバーしてくれるものや親が死亡した後は保険料の払い込みが免除されるものもあります。(※4)また、医療費助成制度によって医療費がかからないことを頭に入れて、各自治体や学校でカバーできる内容と重複していないか確かめることが大切です。怪我や病気の備えを万全にしたいのであれば、将来の進学資金を確保するためにおすすめの学資保険に医療保険を特約でつけることもできます。別々に加入するよりも安い保険料で済む場合もあるので、特約を上手に活用しましょう。ただし、保障内容が重複してしまうと無駄な出費になりかねないので注意が必要です。成長祝金や満期保険金がある場合は、進学や就職のタイミングに合わせて受け取れるようにしておくことで、まとまったお金を準備することができます。

 

 

※1.【保険相談ナビ/600店以上の保険ショップと提携≪無料保険見直し相談≫】子供の医療保険が持つ「保険以外」の大きな意味
https://www.hokennavi.jp/cont/column-life-iryo-009/
※2.【All About(オールアバウト)】知っておきたい養老保険のメリット・デメリット[生命保険]All About
https://allabout.co.jp/gm/gc/11301/
※3.【子供の医療保険ランキング-共済、アフラックどこがいい?】子供の医療保険に入る時期-もしものケースを考えて
http://www.tablerocktours.com/jiki.html
※4.【保険の教科書】必ず知っておきたい!生命保険の全情報と全知識
http://hoken-kyokasho.com/seimeihoken-matome

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

子供の保険加入を考えよう!人気のおすすめ子供保険も紹介! ページTOPへ戻る