子供のための保険!特徴や学資保険との違いは?

子供の成長には食費などの生活費の他にも教育資金などが必要です。小学生から徐々に必要となるお金が増えていくので、計画的な資金計画を立てておくのが大切だといえます。また、忘れてはならないのが病気や事故などにあった時に必要な医療費です。こちらは本来かからない方が良い出費ですが、いつ何が起こるか分からないので、ある程度の備えをしておくことを忘れてはいけません。
しかし、教育資金や医療費などを貯めようと思っても日々の生活に追われると自分で貯蓄することが難しいケースもあるでしょう。そのような時には子供保険や学資保険を利用してみるという方法があります。それぞれにどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

子供保険とは一体?特徴は?

 

子供保険の大きな特徴の一つとしては「子供の医療保障」に重点を置いた保険だということです。子供は大人と比べると危機察知能力が十分に発達しておらず、道路への飛び出しによる交通事故などで大きなケガを負ってしまうことがあります。また、免疫力が十分でなかったり、子供特有の病気などもあったりしますので、思わぬ医療費が必要となるかもしれません。もちろん、このようなケースはない方が良いのですが、生きている以上誰にも起こりうる可能性があるという点は認識しておくべきです。子供保険に加入していると、入院や手術にかかる費用に対して保険金が支給されるため、万一の時における親の金銭的な負担を減らすことが期待できます。一方で、掛金払込期間の途中に親が亡くなってしまった場合では、それ以降の保険料を支払うことなく保障が満期まで続くので安心です。
また、このように医療保障に重点を置いた子供保険でも、全く貯蓄部分がないわけではありません。保険商品によっては成長祝金が受け取れるものがありますので、仮に治療費等で保険金が支払われなくても支払った保険料のすべてについて損をするというわけではないのです。(※1)

 

※1【加入者が語る学資保険のメリット・デメリット】学資保険と子供保険の違い
http://www.if-gakushihoken.com/tigai.html

 

 

 子供保険と学資保険!2つの違いは?

 

子供保険と似た保険商品に「学資保険」があります。両社の違いは「子供保険が入院や手術などにかかる子供の医療費の保障に重点を置いたもの」であるのに対して「学資保険は本来、教育資金の積み立てに特化したものである」ということです。子供は成長とともに必要となる教育資金が増えていきます。そのため、子供がまだ小さいうちから学資保険に加入して保険金を積み立てておくことで、いざ高校入学や大学入学という比較的大きなお金が必要なタイミングで一時金として受け取ることができます。保険商品によって返戻率は異なりますが、保険料を支払っている期間中は保険会社がその資金で運用を行いますので、満期時には銀行の普通預金をしておくよりも利息収入が増えることもあるのが特徴です。
また、商品によって満期金を受け取れるタイミングも異なります。中学入学から一時金として満期金の一部を受け取れるものから、大学入学時点に一括で受け取るタイプまでさまざまです。それぞれのタイプによって満期の返戻率も変わってきますので、どれが最適かは自分のライフスタイルに合わせて見定めるようにしましょう。

 

 

子供が入院したら…必要になるのは医療費だけではない

 

子供保険の特徴である医療費の保障については、大人が加入するような通常の医療保険とそれほど変わりありません。商品によって内容は異なりますが、オーソドックスなものとしては、入院1日あたり〇〇円、手術の一時金〇〇円といった具合です。自分が必要だと思われる保障額分加入するのがベストですが、忘れてはならないのは実際にかかる医療費だけではなく、親の交通費や食事代、入院時に個室にした場合にかかる差額ベッド代などです。これらの費用は治療期間が短ければそれほど大きな金額にはなりませんが、長期間の治療が必要であれば大きな金額になるケースがあります。万が一のことを考えて、保障金額を選ぶようにしましょう。
また、商品を選ぶ時に注意する点としては、細かな内容まで確認しておくことです。例えば、手術についてもすべての手術に対応するような保険商品はないと考えておきましょう。子供の歯の矯正などでは意外と大きな治療費がかかることがありますが、これらは対応していないケースが多いです。他にも入院や通院にかかる保険金についても、1日目から対象になる場合と5日目など、数日以上の治療が必要でないと支払対象にならないケースがあります。

 

 

子どもの医療保険加入!いつから入るべき?

 

子供保険の加入時期については「できるだけ子供が小さいうちに加入する方が良い」といえます。なぜなら、子供が小さいうちに加入する方が「1回の保険料の支払い額が少なくなる」ということと「医療保障がある期間が長くなる」からです。前者については、一般の生命保険についても同様のことがいえますが、通常の場合、満期金額が同じなら保険期間が長い方が1回あたりの支払保険料は安くなります。同じ100万円を積み立てるにしても、保険料の払込期間が10年では毎年10万円の支払いが必要ですが、5年では毎年20万円払わなくてはなりません。どちらも積み立てる金額は一緒ですが、家計への影響を考えると毎月の支払金額は少ない方が良いのではないでしょうか。
また、既に病気が発症していると子供保険に入りたくても入れないケースがあります。そのため、保険に入れないリスクを減らすためにもできるだけ早い加入が望ましいです。商品によっては出産前の段階から加入することもできます。満期まで同じ保険料を払うなら、保険加入期間が長い方がお得ではないでしょうか。

 

 

加入前によく確認!カバーできる範囲は適切?

 

子供保険に加入する時は、当然のことながらその商品の保障内容や保険金額、支払保険料についてよく調べなければなりません。しかし、それと同じぐらい大切なのが、既にある保障の確認です。例えばよくありがちな事例として「子供の医療保障が大切だと考えて子供保険に入ったのに、自治体の特例措置で小学校卒業まで医療費が無料であった」というものです。自治体がその地域に住む人を増やすための政策の一つとして、子供の医療費を免除しているケースは意外と多いので、確認してみることをお勧めします。また、親が既に加入している生命保険や医療保険にも家族特約などで、子供が対象になるケースがあるため注意してください。他にも学校で加入する保険もありますので、保険の重複には気を付けましょう。生命保険や子供保険は支払対象であれば、加入している分保険金を支払ってもらえるため重複加入していても保険料が無駄になることはありません。しかし、月々の保険料支払いが多くなると家計に与えるダメージも大きくなりますので、それを理解した上で最適な保険の入り方を検討してみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

子供のための保険!特徴や学資保険との違いは? ページTOPへ戻る