妊婦の保険はどうすれば良い?妊娠や出産に必要な費用は?

 結婚を機に保険への加入や見直しを考えるのは、これからのライフプランを確立するためにも必要なことです。特にこれから妊娠や出産を考えている女性には保険への加入をおすすめします。基本的に妊娠にかかる費用は保険適用にはなりませんが、切迫早産や帝王切開など何かトラブルがあったときには対象となります。ただし、保険加入の時期によっては対象外となることもあるので注意が必要です。ここでは、妊娠に備えた保険加入について詳しく解説します。

 

まず妊娠や出産にはいくらかかるの?妊婦が備えるべき費用

 

 妊娠や出産にはかなりの費用がかかります。最近では国や自治体による助成制度が充実し、自己負担額が減ってきているものの、助成してもらえる額は自治体によってさまざまです

 妊娠して最初にかかる費用が妊婦健診の費用です。初回は妊娠判定が行われますが、これについては健康保険が適用されません。そのため、5000円から1万円程度の自己負担となります。また、妊娠中は出産までに15回以上の妊婦健診を受けることが必要です。その費用も健康保険適用にはならないため、トータルで10万円程度の出費になります。
ただし、通常は母子手帳の交付とともに「妊婦健康診査受診票」がもらえ、何回かは無料で受けられますので、実質の負担額はもう少し安くなるはずです。自治体によって助成される回数が異なるので、確認しておきましょう。(※1)

 出産費用は病院によって差がありますが、自然分娩の場合は30万円から70万円程度の費用が必要です。帝王切開になった場合は自然分娩の費用に加えて22万円程度プラスになります。健康保険に加入していると、出産育児一時金が42万円ほど給付されるため実際の負担額は少なくなりますが、給付が出産費用の支払いより後になるため事前に費用を準備しておくことが必要です。また、帝王切開の場合は基本的に健康保険が適用されますので、自己負担額はこれよりも少なくなります。(※1)

 その他、妊娠中はマタニティ用品の購入に5万円程度、出産準備用品で10万円程度かかります。それらの費用に加え、里帰り出産にかかる交通費やベビー用品、出産祝いのお返しなど思わぬ出費が発生することもあります。妊娠や出産にかかる費用はできるだけ事前に確認しておきましょう。

 

※1【たまひよnet】妊娠・出産・育児でいくらかかる?
https://st.benesse.ne.jp/theme_column/t_clm02/article01/detail.html

 

 

保険に入るなら!妊娠前にしておくのがベスト!

 

 妊娠や出産には何かと費用がかかるのは事実です。さらに妊娠中に何らかのトラブルがあり、入院が必要になるとその費用もかかります。その場合は基本的には健康保険が適用されるため、全額自己負担とはなりませんが、ベッド代や入院中の食事代など入院期間によってはかなりの額です。出産まで働くつもりでいた人も入院により失業する可能性もあります。
日本では、帝王切開で出産する人が約20%もいるといわれているのが現状です。(※2)帝王切開の場合は、基本的に健康保険が適用されるものの、出産に加え手術費用がかかってしまいます。入院期間も自然分娩より長くなるため、入院費もより多くかかるのです。そのような事態に備え、保険に入るなら妊娠前にしておくことをおすすめします。
また、出産を終えた後でも次回の出産を考えて保険には入っておくべきでしょう。1度目の出産に何のトラブルがなくても、次回もないとは言い切れません。ただし、前回の出産で帝王切開になった場合は、これから加入する保険で保障を受けづらくなることがあります。加入時にはどこまで保障されるのか、しっかりと確認することが大切です。

 

※2【日本産科麻酔学会】帝王切開の麻酔Q&A
http://www.jsoap.com/pompier_ca_se.html

 

 

妊娠中でも保険には入れるものなの?

 

 妊娠がわかってから保険への加入を考える人もいますが、妊婦が保険に入るのは簡単なことではありません。医療保険は健康で若い人ほど加入しやすく保険料も安くなるものです。妊娠は病気ではないものの、妊娠していない時期とは違いさまざまなトラブルに見舞われることが多くなります。そのため、保険会社は妊婦の保険加入は断る傾向があるのです。
また、妊娠中に保険に加入できたとしても、子宮部位や出産に関わる疾病の不担保という条件が付いてしまいます。保険料も高めに設定されていることが多く、通常よりも負担が大きくなるのです。(※3)妊娠中の女性にとって、最も保障してもらいたい部分の保障が受けられない上、保険料も高くなるため保険に加入するタイミングとしてはあまり好ましくありません。とはいえ、妊娠中でも怪我や出産に関わらない病気の心配もあります。そんな時頼りになるのも事実です。ただし、加入できる期間が妊娠何週目までといった制約もあるため、保険会社に確認しましょう。妊娠中に保険に加入する場合は、保険料や保障内容をよく確認し、納得した上で加入することが大切です。

 

※3【女性のための保険比較.com】妊娠中に入れる加入できる保険
http://hokencom.net/ninshin_t.html

 

 

妊娠で入るべきなのは?生命保険と医療保険のどちら?

 

 生命保険と医療保険にはそれぞれ保障内容に特徴があります。生命保険の場合は死亡した場合の保障が厚いというのが特徴です。一方、医療保険は死亡した場合の保障は少額になりますが、その分怪我や病気の場合の保障が充実しています。妊娠中に加入するなら、医療保険の定期型がおすすめです。
定期保険は加入期間を短くできるため、契約満了後保険の見直しができます。妊娠中に加入した保険は保障内容に制限があったり保険料が高かったりするので、できるだけ短期間で利用するほうがお得かもしれません。妊娠前に加入していなかった場合は、医療保険の定期型を検討してみると良いでしょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

妊婦の保険はどうすれば良い?妊娠や出産に必要な費用は? ページTOPへ戻る