女性保険の特徴や選ぶポイント!人気の保険は?

女性保険という保険の種類があることを知っていますか。

生命保険、入院保険、がん保険など、保険にはさまざまな種類がありますが、
その違いを知らない人は意外に多いかもしれません。

女性保険と聞くと、何か女性にメリットがありそうな感じがしますが、実際のところどうなのでしょうか。
もし女性がこれから何らかの保険に入りたいと考えているなら、
女性保険についても詳しく知っておくべきです。

この記事では女性保険について詳しく解説していきます。

 

女性保険って一体?仕組みは?

 

女性保険とは乳がんや子宮がんなど女性特有の病気や女性がかかりやすい病気を、
通常の医療保険よりも手厚く保障してくれる保険のことです。
その分、保険料が高くなる傾向はありますが、対象となる病気にかかった時に
安心して治療に専念することができます。
そのため、女性が保険を選ぶ際は、女性保険も選択肢の1つとして考えるべきなのです。

基本的な仕組みは、医療保険に女性特有の保障に関する特約が付いたものと考えると
わかりやすいかもしれません。
つまり対象になる病気で入院した場合、通常の医療保険でもらえる給付金に
特約分がプラスして給付されることになります。(※1)
ただし、通常の医療保険で乳がんや子宮がんなどが保障されないというわけではなく、
保障が上乗せされるというのがポイントです。
もちろん上乗せされる分、保険料も高くなります。

結局のところ、女性特有の病気へのかかりやすさや、病気になった時に
どれくらい保障があればいいのかは、個人によって異なるため慎重に検討することが大切です。
病気にかかっても失業の心配がない人や貯蓄でまかなえる人なら必要ないとも考えられます。
一方、家族の病歴などから女性特有の病気にかかりやすい可能性があり、
入院費などの心配がある人にはおすすめです。

 

※1【保険市場】いまさら聞けない女性保険の基礎知識
https://www.hokende.com/life-insurance/lady/columns/basic_female

 

女性保険の対象となる病気ってどんなもの?

 

国立がん研究センターの2012年の統計によると、女性のがんの罹患数で最も多かったのが「乳房」でした。
また、「子宮」も5位に入っています。(※2)
この2つのがんは女性のがんの中で、闘病患者が多いということです。
女性特有の病気とみなされ、女性保険の対象ともなっています。

乳がんや子宮がんなどの女性特有のがんは、女性のがん患者の中でも40代で最も多くなる傾向があります。(※2)
もし保険でこれらのがんの治療費をまかないたいと考えるなら、20代や30代からの備えが必要ということです。
出産前や子育て中のママも検討する必要があります。

その他、女性特有の病気として挙げられるのが子宮筋腫です。
子宮筋腫とは子宮内部に発生する良性腫瘍のことで、30代から50代に多いとされています。
閉経後には縮小する傾向があり、まさに出産や育児にかかる年齢に多く発症するのです。
手術が必要になることもあるため、治療費の備えが必要です。(※3)

卵巣機能障害も女性特有の病気の1つです。
卵巣から分泌する女性ホルモンの量が何らかの原因で減少し、生理不順や更年期障害のような
症状を引き起こします。
20代から30代の女性でも発症し、不妊の原因にもなるのです。
治療のためホルモン療法が必要になることもあり、若い頃から備えておく必要があります。(※4)

 

※2【国立がん研究センターがん情報サービス】最新がん統計
http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html
※3【メディカルiタウン】子宮筋腫について – 原因・症状・検査
http://medical.itp.ne.jp/iryou/byouki/shikyuukinshu/
※4【ヘルスケア大学】卵巣機能低下症の症状
http://www.skincare-univ.com/article/016381/

 

女性保険に加入するなら!選ぶべきポイント

女性特有の病気にしっかりと対処したいなら、やはり女性保険がおすすめです。
しかし、女性保険にはさまざまな種類があるため、どれを選ぶべきか迷ってしまうかもしれません。
ここでは女性保険に加入する際の選ぶポイントを紹介します。

まずは怪我や病気に備えるには、総合的に保障がカバーされている医療保険を優先するべきです。
その上で、必要に応じて女性特有の病気を手厚く保障してくれるプランや特約を選びましょう。
女性保険は通常の医療保険よりも保険料が高くなるため、家計やライフプランを考えた上で選ぶのがコツです。
保険には定期型と終身型があります。
定期型は一定期間の契約になるため、契約期間が切れる時期にその都度状況に合わせた見直しができます。
比較的若いうちは保険料が安く済みますが、年齢が高くなるにつれ高くなる傾向があります。
一方、終身型の場合は同じ保険料で保障が一生続く医療保険です。
若い時期は定期型より高くなることもありますが、年齢が上がっても保険料は変わらないため、
トータルで考えると安くなります。(※5)
安く済ませたいなら終身型がおすすめです。

老後の積立を目的とするなら個人年金保険が良いでしょう。
個人年金保険は老後の生活資金として、年金を受け取れる保険です。
毎月の保険料は高くなりますが、保障を得ながら貯蓄もできるというメリットがあります。(※6)
無理のない保険料で計画的なプランを立てることが大切です。

 

※5【保険相談ナビ】定期保険と終身保険、医療保険はどちらを選ぶべき?
https://www.hokennavi.jp/cont/column-life-iryo-008/
※6【保険市場】個人年金保険のメリット・デメリット
https://www.hokende.com/life-insurance/pension/basic_info/pre_merit

 

ムダなくリスクに備えよう!女性保険加入のタイミング


女性保険は商品によっては、妊娠中や出産直後だと加入できないものもあります。
将来のリスクに備えるには計画的に加入を検討するべきです。
結婚している女性なら、これから妊娠や出産の可能性があります
女性保険は基本的には妊娠中のトラブルや帝王切開も保障の対象になるため、
妊娠前に加入することも考えましょう。(※7)
また、すでに出産を経験した女性も、若い時期から発症する可能性がある女性特有の病気に対する備えが必要です。
今後のライフプランや家計の状況に合わせて検討してみてください。

 

※7【保険相談ナビ】帝王切開は「女性特有の病気」?女性保険の手厚い保障の範囲
https://www.hokennavi.jp/cont/column-life-woman-006/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

女性保険の特徴や選ぶポイント!人気の保険は? ページTOPへ戻る