加入するか悩む… 20代でも生命保険は必要?

生命保険に加入すると保険料負担が増えるため、まだそれほど給与が上がっていない若い世代の人の中には「ある程度年齢が上がって給料が増えるまで加入しなくても良いのではないか」と考えている人もいるでしょう。確かにすべての人が生命保険に加入しなければならないわけではありません。生命保険の必要性はその人の置かれている状況によって異なるからです。そこで20代という比較的若い世代の人において、生命保険の加入が必要なケースとそうでないケースに分けて考えてみました。

 

生命保険の必要性とは生命保険の必要性とは

 

生命保険というと、保険の対象者が亡くなった場合に受け取る死亡保障のイメージが強いかもしれません。しかし、生命保険の中には入院や手術などの医療費を保障する医療保険がセットになっているものも多く存在します。20代という比較的若い年代の人でも、いつ大きな病気やケガをするかわかりません。もし長期間の入院となってしまい、有給休暇もすべて消化してしまうと収入がなくなり、医療費の支払いが難しくなるケースもあります。そのような状況下では、これまでの貯蓄を切り崩さなければならず、金銭的な問題はもとより精神的にも不安な状態になってしまうでしょう。医療保障付きの生命保険に加入することで、入院したときでも安心感を得られるというメリットがあります。
入院費用が高額になったときは、毎月一定額以上の医療費を返還してくれる「高額療養費制度」をあてにしている人もいるかもしれません。しかし、少子高齢化による社会保障費の増大が問題になっている日本では、この制度が永久に続く保証はないといえます。自分の身を自分で守るために医療保障付きの生命保険に加入しておく必要はあるといえるでしょう。

 

 

当てはまるなら考えてみて!生命保険が必要な20代

 

生命保険が必要な人は基本的に「万一のことがあった場合に将来のお金に不安を感じる人」です。代表的な例としては「貯蓄がない人」が挙げられます。生命保険に加入するには掛金が必要になるため、貯蓄がない人ほど加入を後回しにしてしまいがちです。しかし、生命保険へ加入する目的としては「残された家族への生活保障」という側面があることを忘れてはいけません。貯蓄のない人が何の保険にも入らず亡くなってしまうことを考えてみてください。残された家族の生活はかなり大変なものとなってしまうことでしょう。そうした最悪のケースを防ぐためには、保険料の負担をしてでも生命保険に加入しておくことが有効です。
また、小さな子供がいる家庭も同様に加入する必要があるといえます。子供が自立するまでにはかなりのお金が必要です。そのお金を貯蓄で用意しておくことは多くの場合で難しいでしょう。万一のことがあった場合に、子供が自立するまでの生活費を生命保険で残しておくと安心できます。このほかにも、生命保険に加入しておいた方がよい人には「入院にかかる費用が心配な人」や収入が不安定になりがちな「自営業者の人」などが当てはまります。

 

こんな人は生命保険に入らなくても良いかも

生命保険に加入する必要がない人は「貯蓄が十分にあって、万一のことが起きても残された家族の生活に支障がない」人です。または独身者の場合では、その人に万が一何かあっても生活に困る家族がいないというのもそのひとつです。必要経費として葬儀費用に100万円から200万円程度かかることはあるでしょうが、自分の給料で両親を養っているなどのケース以外では、葬儀費用分の貯蓄があれば高額な生命保険に加入していなくても誰も困ることはないのです。
また、満期金を受け取れるタイプの生命保険に加入を考えている人で「払込保険料よりも高い額の給付を受け取りたいと考える人」も生命保険の加入は不必要だといえます。生命保険は基本的に死亡保障をメインに考えるべきです。生命保険の保険料には事務費手数料部分も含まれていますので、満期金を多く受取りたいと考えるのであれば定期積立でもした方が利率はよい場合があります。満期金タイプの生命保険を選ぶときは、支払保険料と満期金を比較して本当に利率が良いかということをしっかりと確認しておく方がよいでしょう。
会社の福利厚生が十分にある場合は生命保険に加入しなくてもよいといえます。例えば、死亡退職金がたくさんでるケースです。生命保険の代わりになるものとも考えられるため、もらえる金額によっては保険への加入は不要だといえるでしょう。

 

20代で生命保険に加入するなら!自分に合ったプランを選んで

 

一口に生命保険といっても価値の多様化が進む中、さまざまな商品が存在します。それぞれの保険の目的をよく理解しておかないと、十分な補償が得られないかもしれません。自分の目的にあった保険に加入するようにしましょう。
例えば、病気やケガなどによる入院や手術にかかる費用が心配であれば、医療保険に加入しましょう。また、医療費の中でも特にがんの治療費は高くなる傾向があります。がんは日本人の死因では多い病気です。身内にがんを発症した人がいるなど、特にがんに対して心配をする人は「がん保険」に医療保険とは別で加入してもよいでしょう。
万が一亡くなった場合に残された家族に対する生活保障の保険としては「死亡保険」があります。これもタイプによって亡くなるまで保障する「終身保険」、一定期間だけ保障する「定期保険」があり、それぞれ掛金率が異なります。家族構成や子供の年齢などによって必要な保険を選ぶようにしましょう。保険対象者が死亡または高度障害状態になり、収入が得られない状態になったケースで収入の補填をしてくれる「収入保障保険」も選択肢の1つです。その他、老後の生活費不足に備える「個人年金保険」があります。目的に応じて契約を検討するようにしましょう。

 

 

備えあれば憂いなし!生命保険加入について考えよう

 

生命保険にはさまざまな種類があります。加入する必要があるかどうかについても、その人の家族構成や貯蓄状況によって異なるため一概には言えません。ただし、死亡保障がある生命保険の掛け金は若ければ若いほど、安くなるのが一般的です。将来的に結婚して家族をもつつもりであれば、20代という比較的若い年齢から加入しておくとよいでしょう。大切なのは、自分の現在置かれている状況だけでなく、将来的なライフプランを考えて必要だと思われる保障内容をじっくり検討して加入することです。将来について不安を感じる部分があれば、早い時期から生命保険について考えてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

加入するか悩む… 20代でも生命保険は必要? ページTOPへ戻る