初めての人必見!これで自動車保険の種類がわかる!

自動車を運転する場合、自動車保険に加入することが義務付けられています。この自動車保険には様々な種類があるため加入する際は慎重に選ぶことが大切ですが、自分に合った保険を選ぶことは決して容易ではありません。特に、初めて自動車保険の加入を検討するという人は自動車保険をどのように選べば良いのか分かりにくいのではないでしょうか。そんな悩みを解決するため、ここでは自動車保険の種類について詳しく解説していきます。

 

自動車保険の種類は大まかにわけて2種類

 

“自動車保険は大きく2つの種類にわけられます。
その1つが自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と呼ばれる保険で、すべての自動車が加入を義務付けられている強制保険です。もし、未加入のまま運転をすると、1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金処分、免許の停止といった罰則が科される可能性があります。自賠責保険が適用されるのは人身事故のみであり、支払い限度額は傷害で120万円、死亡で3000万円、重度後遺障害で4000万円と定められています。
次に2つ目の保険についてですが、これを任意保険といいます。この任意保険は自賠責保険とは違い、加入が義務付けられていません。しかし、人身事故のような重大な事故を起こした場合の賠償金を自賠責保険で賄えないというケースも多くあるため、ほとんどのドライバーが加入しているのが現状です。”

 

 

任意保険の種類はさまざま!

 

“任意保険は様々な種類があるため、補償の範囲が非常に広いという特徴があります。
代表的なのが「対人賠償保険」です。人身事故を起こした場合に支払うことになる損害賠償金を補償するものですが、支払いの対象になるのは運転手やその家族以外の他人です。そのため、運転手が自分の家族と事故を起こしても補償はされません。また、人身事故は損害賠償金が多額になる恐れがあるため、保険額が無制限の保険もあります。
次に挙げられるのが「対物賠償保険」で、交通事故で他人の財産や自動車に損害を与えた時に保険金が支払われます。
また「搭乗者傷害保険」と呼ばれる保険もあります。これは、対象になっている運転手または搭乗者が負傷や死亡した場合に保険金が支払われることになるものです。
「自損事故保険」も任意保険の一種です。この保険は、相手に過失のない事故や単独事故で起きた損害を補償します。なお、一般に自損事故保険は自動的に対人賠償保険に付帯されます。
事故の被害を受けた際に、事故を起こした相手が対人賠償保険に未加入だったというケースがあります。その場合、相手方の支払い能力がないために満足な補償が受けられないことが考えられます。この補償を賄うのが「無保険車傷害保険」です。保険金額の上限は自身が契約している対人賠償責任保険と同額ですが、限度額が無制限の場合の上限は2億円となります。
その他に「車両保険」といわれる保険もあります。自動車事故で保険対象になっている自動車が破損した場合の損害を補償する保険ですが、盗難に遭った際も対象となります。
最後は保険自由化で誕生した「人身傷害補償保険」です。本来、自動車事故で被保険者が損害を受けた場合は加害者が加入している保険会社に賠償請求をしますが、この保険を契約すると自身が加入している保険会社にも請求ができるため、事故の過失分の補償も受け取ることができます。ただし、2社から同時に補償がもらえるのではなく、どちらか一方だけになります。”

 

 

任意保険に加入するとロードサービスがついて便利

 

“任意保険に加入すると、ロードサービスを受けることができるというメリットがあります。
ロードサービスとは、車の故障やバッテリー上がり、ガス欠、レッカー移動といった車のトラブルに対処してくれるサービスで24時間ほぼ無料で受けられるのが主流になっています。
ただし、ロードサービスの内容は保険会社によって大きく違います。例えば、レッカー移動を利用する場合ある保険会社では100キロまで無料ですが、違う保険会社では50キロまで無料というように違いがあります。そのため、任意保険の加入を検討する場合は、ロードサービスの内容の比較も必要です。”

 

 

事故で自動車保険を使うと値上げしてしまう点に注意

 

“事故で自動車保険を使用した場合、翌年の保険料は値上げすることになります。
自動車保険の保険料は、ノンフリート等級別料率制度で設定されます。これは、契約者間の保険料負担の割合を公平に保つための制度で、等級が上がれば保険料の割引が適用されます。
等級は事故を起こすリスクに応じて1~20等級にわけられており、初めて自動車保険に加入する場合は6等級が設定されることになります。契約後、自動車保険を1年間使用しなければ翌年度から等級が上がり、保険料が値下がりします。しかし、契約後に事故を起こして自動車保険を使用すると、3等級下げられることになり、保険料が値上がりします。
自動車保険の保険料は、支払いを続けることで補償を受けることができるため、保険料負担を増やさないためにも事故を起こさないことが大切です。”

 

 

まとめ

“自動車保険の種類は様々ありますが、自分が必要だと思う保険に加入することができますし、補償も手厚くなるのでしっかりと検討したいところです。また、車のトラブルを解決してくれるロードサービスも利用できますから、非常に便利です。
ただし、自動車保険の保険料は、保険を使用すると翌年から値上げすることになるので注意が必要です。当たり前のことですが、運転をする際は事故を起こさないように安全運転を心掛けるようにしましょう。
自動車の事故で起きる損害は、一般の人では対応できないほど大きなものです。自動車保険に加入し、何が起きても良いようにしっかりと準備をしておきましょう。”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

初めての人必見!これで自動車保険の種類がわかる! ページTOPへ戻る