切迫早産の詳細と入院に関する知識!保険適用は可能なの?

子どもが欲しいと考えているなら、妊娠や出産が女性の体にどんなリスクを及ぼすのかを考えてみましょう。妊娠中のリスクとしてよく話題になるのが、切迫早産です。平たくいえば早産になりかける状態なのですが、原因となる病気があるのが基本のため、治療には公的医療保険が適用されます。このため、民間の医療保険でもカバーされる可能性があるのです。そこで、切迫早産の原因、入院した場合の費用、保険で受けられる保障の内容について解説しましょう。いつ切迫早産になるかはわからない以上、子どもが欲しい人なら必須の知識です!

 

 

切迫早産って一体何?原因は?

 

最初に、早産と切迫早産の違いについて触れておきましょう(※1)。早産とは、「実際に早く生まれてしまうこと」で、妊娠22週0日から36週6日の間に出産してしまうことをいいます。一方、切迫早産とは「実際に生まれはしないものの、いつ生まれてしまってもおかしくない状態に陥ること」で、具体的には子宮収縮による子宮口の開きや破水が起こってしまう状態を指します。兆候としては、安静にしても収まらないほどの下腹部や背中の痛み、腹部の張り、不正出血、破水などが挙げられますので、これらの症状が見られたらすぐに医療機関を受診しましょう。重大なケースの場合、外来で診察を受けたらそのまま入院ということもあり得るので、「まだ大丈夫」と過信しない方が安心です。
切迫早産が起こる原因としては、絨毛膜羊膜円などの感染症、子宮頚管無力症・子宮筋腫・奇形、双子・三つ子などの多胎妊娠などが挙げられます。検診でこれらの病気等を指摘された人は特に注意が必要です。いつ、切迫早産が起こってもおかしくないと考え、家族や周囲の人の協力を仰いでおきましょう。緊急連絡先を共有したり、仕事をしている場合は引継ぎに必要な情報を残したりなどの対処も必要です。切迫早産になった場合、絶対安静が基本となるので、「何もしなくても大丈夫」という状態に少しでも近づけておくのをおすすめします。

 

※1切迫早産とは?原因や症状、兆候は?予防法や治療法はあるの? – こそだてハック
https://192abc.com/15475

 

 

 

切迫早産にかかる入院期間や費用は?

 

ここで、切迫早産になってしまった場合の入院期間や費用について話しましょう。基本的には、ウテメリン・マグセントなどの子宮収縮抑制剤を内服・点滴して安静にするのが治療の中心となります。そのため、状態によっては自宅で安静にしていればよく、入院まで至らないケースもあります。自宅での療養の場合は、外出や家事は一切せず、トイレや食事以外は基本的に横になっている状態が理想的です。しかし、既に子どもがいる場合など、なかなかその状態をキープするのが難しいときは、入院するのが現実的な対処法でしょう。
入院が必要な場合でも、症状が深刻でなければ5日から1週間程度で退院し、その後は自宅での療養に移るのも珍しくありません。
しかし、子宮収縮抑制剤を内服・点滴しても効果が見られない場合は、子宮頸管縫縮術といって、子宮口の広がりを防ぐ手術を行うこともあります。
この手術を行うほど症状が深刻な場合は、入院期間が2~3か月近くになる可能性がある点にも注意が必要です。
具体的な入院費用ですが、必要な治療を行うための医療費、入院中の食費・差額ベッド代がかかります。医療費の具体例として、先ほど紹介した子宮頸管縫縮術の診療報酬を考えてみましょう。現在主流となっているシロッカー法により手術を行った場合、診療報酬は3,090点となっています(※2)。この場合、自己負担分(3割負担として算定)は9,270円です。もちろん、他にも必要な処置があるので、その分の費用もかかります。食費・差額ベッド代は病院によってまちまちですが、個室を選択した場合は1日1万円かかる場合もあるので、事前に説明を受け、納得した上で選びましょう。

 

※2【しろぼんねっと】K906 子宮頸管縫縮術 平成28年診療報酬点数表
http://shirobon.net/28/ika_2_10_1_11_8/k906.html

 

 

切迫早産の扱いは?保険適用は可能なの?

 

ここで、切迫早産になってしまった場合、医療保険や公的制度でサポートは受けられないのか考えてみましょう。医療保険によっては、女性疾病入院特約を付加した商品であれば、切迫早産で入院した場合でも保険金の給付が受けられる場合があります(※3)。結婚を機に夫婦で保険を見直す場合、妻の医療保険を契約するにあたってはこのような特約を検討してもいいでしょう。
また、日本の健康保険制度には、「高額療養費制度」といって、高額な医療費を支払った場合、1カ月の支払額が所得・年齢に応じて決めた上限額を超えていた場合は、その超えた額は支払わなくていい制度があります(※4)。しかし、一度窓口で自己負担額を支払った後、差額を返還してもらうのが前提であるため、いったん建て替える必要がある点に注意しましょう。対策としては、あらかじめ切迫早産での入院期間が長くなるとわかっている場合は限度額適用認定証を交付してもらうのもおすすめです。加入する健康保険組合に所定の書類を提出して申請し、交付された限度額認定適用証を医療機関に提示すれば、上限額を超えた部分についての支払いは求められません。自分が被保険者になっている場合は自分が加入する健康保険組合に、配偶者の扶養に入っている場合は配偶者が加入する健康保険組合で手続きをします。現実的には、勤務先の総務担当部署に問い合わせて、必要な手続きを進めてもらうといいでしょう。

 

 

※3【アクサダイレクト生命】アクサダイレクト生命の終身医療医療保険&終身型
http://www.axa-direct-life.co.jp/ad/medical_life_a.html?rd=250&id=948701431083020&c=dadr

※4【全国健康保険協会】高額な医療費を支払ったとき(高額療養費) 健康保険ガイド
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

切迫早産の詳細と入院に関する知識!保険適用は可能なの? ページTOPへ戻る