切っても切れない住宅ローンと火災保険!その関係性とは?

「住宅」は人生の中でも大きな買い物の1つといえます。よりリーズナブルに良質なマイホームを手に入れるために、ハウスメーカーを慎重に吟味したり施工方法に工夫を加えたりする方は多いです。しかし、住宅を購入・建築する際にかかる費用の中でも「住宅保険」に関する費用の内容についてあまりよく知らないという方もいるようです。自分の住まいにぴったり合った保険を選ぶことは、住宅購入関連の費用を抑えることにも繋がります。今回は住宅ローンを組む際に火災保険への加入が必要になる理由と、保険の選び方について解説していきます。

 

 

住宅ローンと同時に火災保険に加入するのはなぜ?

 

住宅を購入する際には、金融会社や銀行の住宅ローンを利用するケースが多いです。住宅ローンを組むにあたって、貯蓄や収入とのバランスを考えたり、様々な金融会社のローンを比較したりして、利用する会社を決める方が多いといえます。住居購入の費用を、少しでも抑えるためには火災保険についても考える必要があります。住宅ローンを組む際には、不動産会社や銀行に火災保険への加入を勧められます。火災保険は、火災などの災害によって受けた被害を補てんするために掛けるものです。しかし、住宅ローンを組む際に火災保険に加入することは、住居に住んでいる家族だけではなく銀行やローン会社にとっても有益といえます。火災保険への加入を勧められる理由は、銀行が「担保」を確保するためです。融資をする際、銀行は土地と建物を担保にします。万が一火災やその他災害の影響によって家がなくなってしまった場合は、担保までなくなってしまうことになります。この場合、貸した分のお金を徴収することができなくなり、銀行や金融会社が損をしてしまいます。火災保険に加入していると、災害で家がなくなってしまった場合でも補償金を確保することができます。

 

 

銀行の勧める火災保険に入らなくても良い

 

住宅ローンを組むのに伴い、銀行や不動産会社に火災保険を案内されることもあります。しかし、必ずしも銀行や不動産会社が勧める火災保険に加入する必要はありません。所定の条件を満たす火災保険であれば、自分自身で火災保険を選んでも問題がないのです。勧められるままだと余分な保険料を支払わなくてはいけないケースに発展する恐れもあるため、注意が必要です。銀行や不動産が勧める保険はパッケージタイプの商品が多いです。火災保険だけではなく、地震保険や水災補償などが付いている商品もあり、補償の対象も幅広いといえます。しかし、手厚い補償が受けられる分、保険料は高くなりやすいです。パッケージタイプの商品の中には、保険を掛ける住居に必要のない補償が組み込まれている場合もあります。例えば、マンションの高層階に住居を購入した場合、水災による被害を受けるリスクは少ないといえます。火災保険から、必要のない補償を取り除くことによって、保険料はリーズナブルになります。しかし、ここで注意したいのが「保険料と補償内容のバランスが取れているか」という点です。保険料を安くしたいがために、必要な補償を外し過ぎると、災害の被害に遭った際に十分な補償を受けることができなくなってしまいます。

 

 

住宅ローンが終わるまで火災保険には加入し続ける

 

住宅ローンとともに付けた火災保険の契約を途中で自由に解除することはできません。これには「質権設定」が影響しています。質権とは、担保物権と呼ばれる権利の1つです。担保物権とは「他人の物を支配することによって、自己の債権の回収を確実にするための権利」を指します。お金を借りている人の債務が返済されるまでの間、物品や権利書にお金を貸している人が預かっておける権利があるのです。結果、住宅ローンの借入金の担保として銀行や金融会社側が火災保険の保険金を請求できるようになります。これによって、金融機関などの住宅ローンを貸した側は、火災で家が全焼してしまった場合でも貸付金回収できるというメリットがあります。また、ローンの返済が滞ってしまった際には、保険金がローンの返済費用として使用されることもあるようです。質権設定によって、火災保険に関する契約に融資する側の会社が介在するため、個人の意思のみで火災保険を解除することはできなくなってしまうのです。質権設定の契約の手順は、質権設定権利書に借り入れをする人と建物の持ち主が署名・捺印します。保険証券と共に保険会社に提出して契約は完了です。現在の形態では火災保険に質権が設定されるケースは少なくなってきています。

 

 

まとめ

 

住宅ローンを組む際には、火災保険へ加入することが必要です。火災保険に入ることによって、建物を災害から守るだけではなく、金融会社や銀行への返済をストップさせない働きもあります。金融会社と住居の持ち主が、火災保険を質権設定した場合契約の解除は契約者の意図だけでは変更できないため注意しましょう。しかし、銀行や金融機関が勧める保険にそのまま加入してしまうと、保険料が高くなってしまう恐れもあります。保険料を少しでも抑えるためには自身で住宅に合った保険を探し、加入することも1つの方法といえるでしょう。住宅ローンと火災保険、質権設定などの関係性を知り、万が一の際にもしっかりとサポートが受けられる火災保険を選びましょう。

 

http://hokenjiten.exblog.jp/4224249/(保険辞典)https://housingloan.jp/ct_homeloan/index6.html(住宅ローン比較.JP)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

切っても切れない住宅ローンと火災保険!その関係性とは? ページTOPへ戻る