入るのは当たり前?気になるがん保険の加入率を紹介

「がん」は、誰もがなりうる可能性がある病気です。発見時期や症状の進行具合などによって異なりますが、治療にお金がかかるケースは珍しくありません。そのような場合に備えて加入できるのが、「がん保険」です。がん保険に加入すると、がんと診断されたときや、手術を受けたときなど、契約内容に応じてさまざまなお金がもらえます。もちろん、保険に加入するためには保険料の支払いが必要なため、家計との相談も必要です。そんな頼りになるがん保険ですが、一体どれくらいの人が加入しているのか気になる人もいることでしょう。そこで、がん保険の加入率について紹介します。

 

 

がん保険の加入率はどれくらい?

生命保険文化センターが全国の18歳から69歳を対象に行った調査によると、がん保険への加入率は37.3%と分かりました。およそ3人に1人が加入していることになり、がんに対して備えている人が決して少なくない様子がうかがえます。しかし、がん保険に加入していない人の方が多いことも事実です。がん保険に加入しない理由には、保険料がかかる、医療保険に加入していれば十分と考えているなどがあるようです。しかし、がん保険にはさまざまなメリットがあります。医療保険との違いも明確で、その主な特徴には次のようなものがあげられます。
・がん保険は、がんのみを対象とした保険。医療保険は、病気やケガなどに幅広く適用される保険。
・がん保険は、がんの入通院であれば保険適用の対象となる日数に限りがない。医療保険は、保険適用の対象となる入通院日数に限りがある。
・がん保険は、加入後90日間など保険が適用できない免責期間がある。医療保険は、加入後すぐのケガや病気が保険の対象となる。
がん保険の大きなメリットのひとつは、保険適用の対象となる入通院日数に限度が設けられていないことです。これは、がんには、治療をしても再発や転移といったリスクがあるためです。そのため、万が一再発や転移がおこると、最初の治療を含めて多くのお金が必要になってしまいます。しかし、がん保険に加入することで、再発や転移の場合でも治療費の心配を減らすことができるでしょう。もちろん、加入する保険によって契約内容が異なるため、入通院に限度日数があるか、免責期間がどれくらいかなどをしっかり確認することが重要です。

 

 

年齢別の加入率は?

がん保険への加入率を年齢別にみてみると、次のようになります。
・20代21.1%
・30代40.6%
・40代41.9%
・50代41.8%
・60代35.9%
上記の数字から、20代から30代にかけて加入者が倍増していることが分かります。これには、30代や40代になると世帯収入が増え、保険に加入しやすくなるなどの背景があるようです。また、20代はがんにかかる可能性が低い世代です。そのため、がんにお金をかける必要がないと考える人もみられます。しかし、保険の種類によっては、若いうちに加入した方がお得になるものもあります。また、がん保険には、がんやがん以外の病気を発症してしまうと加入できなくなるものもあるため、若く健康なうちに加入しておくことも大切でしょう。

 

 

ライフステージによる加入率への影響

がん保険への加入率は、ライフステージも大きく関係しています。特に関係しているのは、結婚の有無や子供の年齢です。未婚者の加入率が23.6%であるのに対し、既婚者で末の子が中学生や高校生である場合の加入率は48.5%、既婚者で末の子が短大や大学、大学院生である場合は45.2%です。これは、子供の教育にお金がかかることが背景にみられます。文部科学省の調査によると、中学生以上にかかる教育費の目安は次のようになっています。
・中学生の場合、年間にかかる教育費は公立で約48万円、私立で約133万円。特に大きな出費となるのが、学習塾など学校外の活動にかかる費用。
・公立高校生の場合、年間にかかる教育費は約45万円。そのうち学校教育費が約28万円、学習塾など学校外の活動費が約17万円。
・私立高校生の場合、年間にかかる教育費は約105万円。そのうち学校教育費が約76万円、学習塾など学校外の活動費が約29万円。
・国公立大学生の場合、入学料と4年間の授業料の合計は約240万円。
・私立の文系大学生の場合、入学料と4年間の授業料、施設設備費の合計は約390万円。私立の理系大学生の場合は、約530万円。
これらの他にも、制服や部活にかかる費用など、雑費もさまざまです。大学生の場合、自宅から通うか、一人暮らしをするかでも大きく異なります。そのため、これらの教育費が必要な時期にがんにかかってしまうと、家計に大きな負担となり、子供が望むような進学ができなかったり、貯金を切り崩す必要がでてきたりしてしまうでしょう。家計や家族へ負担をかけないようにすることも、がん保険に加入する大きな目的となっているのです。

 

 

がん保険の加入者数は増えている

がん保険の加入率は、年々増加しています。生命保険文化センターの調査によると、平成13年のがん保険の加入率は、21.2%とおよそ5人に1人の割合でした。しかし、平成25年には37.3%となり、およそ3人に1人が加入しています。これは昭和56年より、がんが日本人の死因の第1位となっていることや、がんと闘っていることを公表する有名人が増えてきていることで、がんに備える必要性を感じている人が増えていることが背景にあるようです。実際に厚生労働省が発表したレポートによると、がんにかかる人の割合は男性で2人に1人、女性で3人に1人と推測されています。
がん患者が増える一方で、がんの治療方法にも発展がみられ、早期の発見が可能となったり、治療によって健康な生活が送れるようになったりと、がんは決して恐ろしい病気ではなくなってきています。しかし、治療にはお金が必要です。パジャマなど入院生活にはさまざまなものが必要になりますし、中には保険適用とならない治療方法もあるため、予想以上にお金がかかることもあるでしょう。がんにかかっても、家族や家計に負担をかけないために、しっかり治療に専念できるように、がん保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

入るのは当たり前?気になるがん保険の加入率を紹介 ページTOPへ戻る