入らなくてもOK?自動車保険の車両保険について考える!

自動車保険を契約する際に考えなくてはいけないのが車両保険についてです。契約すると保険料が高くなるため、契約しておいた方が便利だと分かっていても、加入をためらう人もいるのではないでしょうか。しかし、車両保険がどういうものなのか知らないという人も多いはず。車両保険がないと、場合によっては困ることになるケースもあるのです。ここでは、車両保険について詳しく解説していきます。車両保険の加入で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

 

 

車両保険とは車を修理するための補償

 

車両保険は、契約をしている自動車に何かしらの理由で損害が起きた場合にかかる修理費用を補償してくれるものです。例えば、交通事故や飛び石、盗難、落書きなどに遭った時に保険金が支払われます。事故の規模によっては、車を修理できないという可能性があります。しかし、車両保険に加入していると、保険金を車の買い替えにかかる費用に充てることができるので安心です。また、台風や竜巻といった自然災害で車に損害が出た場合に補償されるのもメリットになります。

 

 

車両保険の適用範囲を確認しよう

 

“車両保険は、一般型とエコノミー型の2種類に分けることができます。
一般型の保険料は高くなるものの、当て逃げや自損事故などでも保険金が支払われます。また、保険金がおりる条件も緩い傾向にあります。多少お金がかかっても補償を重視して選びたいのであれば、一般型が最適だと言えるでしょう。
一方のエコノミー型は、保険料が一般型と比べて安くなりますが、車同士の事故以外は基本的に保険金が支払われることはありません。さらに、事故を起こされても相手が分からない場合は補償されません。あくまで保険料の安さにこだわるのであれば、エコノミー型を選択すると良いでしょう。”

 

 

車両保険は必ずしも入らなくて良い… ただ困ることも

 

“自動車保険の補償の1つである車両保険ですが、必ずしも加入する必要がないものでもあります。また、車両保険に加入すると保険料が増えることになりますから、契約しないという人も多いです。したがって、自分の車に補償は必要ないと考えるのであれば、無理をして加入する必要はないと言えるでしょう。
ただし、車両保険に加入していないことによるデメリットもあります。自動車事故で支払われる保険金は過失割合によって決められますが、もし、自分に過失があった場合はその分の金額を受け取ることはできません。しかし、車両保険に加入していれば過失割合分の金額も補償してもらえるので安心です。さらに、自動車事故に遭遇した時に相手方が任意の自動車保険に加入していなかったというケースもあります。事故の規模によっては相手方が支払いできなくなるという恐れもあるため、お金を巡る争いに発展する可能性もあるのです。車両保険に加入していれば、このような状況でも保険金が支払われるため、修理をして後の処理は保険会社に任せるということもできます。その他にも、ローンで車を購入した人が事故に遭い、車が故障もしくは修理ができない状態になった時にも車両保険に加入していれば、その時の被害額を補償してくれるので、修理や買い替えができます。ただし、加入していないと車に乗れなくなってしまうだけでなく、ローンや修理代などの費用も自己負担になるため、注意が必要です。”

 

 

車両保険をつけるかどうかは車両料率にもよる!

 

“自動車保険の保険料は、車両料率によって変わってきます。そのため、車両保険の金額にも影響を及ぼします。
車両料率は、車種ごとの型に設定された危険度を数値化したものです。数値は1から9の数字でグループ分けされており、保険金の支払い履歴や過去の事故歴などでクラス分けされます。事故を起こす可能性が高い車ほど保険金の支払い金額が増える可能性が高いため、高い料率クラスになりますが、事故の可能性が低い車は保険金の支払い金額は少なくなりますから、低い料率クラスに置かれます。したがって、コンパクトカーのような安価な車の場合料率クラスは低くなりますが、高級車やスポーツカーのような高額の車は料率クラスが高く設定されます。もし、高級車に乗るのであれば、事故が起きた後にかかる高額な修理費用を賄うためにも、車両保険に加入しておいた方が良さそうです。”

 

 

まとめ

 

“車両保険は自動車保険の一種ではあるものの、加入するべきかどうかは個人の選択にゆだねられます。自分の車を守りたいと考えているのであれば加入しておくと便利ですが、必要がないと思うのであれば保険料負担が大きくなるだけですので加入しないというのも選択肢の1つになるでしょう。
ただし、車両保険に加入していないことでデメリットを被る可能性があるのも事実です。特に、事故を起こした相手が自動車保険に加入していなかった場合は相手方から補償を受けることはできませんから、加入していれば車両保険で賄うということも可能です。また、高級車に乗るような人であれば、事故に遭った時の修理費用は高額になるはずです。車両保険があれば、その修理費用も保険金で支払うことができますので、安心です。
車両保険には、一般型とエコノミー型がありますので、それぞれのメリットとデメリットを理解して契約を検討することをおすすめします。”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

入らなくてもOK?自動車保険の車両保険について考える! ページTOPへ戻る