保険の見直しをしよう!ベストなタイミングややり方は?

保険の見直しをする際は、タイミングを見極め、やり方を把握した上で取り組むのが非常に効果的です。上手に見直せれば、必要な保障が手に入れられる上に、毎月の保険料の支払いを少なくできるのが大きなメリットでしょう。そのためには、適当なタイミングや、効果的なやり方についての知識を仕入れておく必要があります。裏を返せば、この2つについて戦略を練らなければ、保険の見直しをしたことがかえって逆効果になりかねません。そこで、適切なタイミング、方法について、具体的に話を進めていきましょう。

 

 

保険の見直し!適したタイミングは?

 

保険の見直しに適しているタイミングを一言でまとめると「ライフステージが大きく変化したとき」です。例えば、結婚・妊娠・出産など家族が増えたときは、保障額を増やしたり、新しい家族のための保険を契約したりなどの対応が必要となるため、保険の見直しを検討しましょう。一方、子供が独立した場合は、親の経済的負担が少なくなるため、保障内容を削る方向で見直すのも効果的です。さらに、離婚した場合で、子供がいるなら、万が一のことがあっても生活費をある程度残せるように、死亡保障を拡充するなどの対応が必要となります。また、収入・支出が増減するタイミングでの見直しも効果的です。例えば、住宅購入のタイミングで、住宅ローンの支払いに合わせて、必要な保障が得られ、かつ、毎月の保険料の支払いが少なく済む方向で保険の見直しを図りましょう。同様に、リストラ・定年などの理由で収入が減少する場合にも、必要な保障を見直し、保険料を減らす取り組みを行うのが必要となります。一方、独立開業した場合は、自分が働けなくなった場合でも家族の生活が困窮しないように、収入保障保険などの活用も視野に入れ、保険による保障を拡充させることも検討しましょう。ここまで紹介したような理由がなくても、契約更新の時期も保険の見直しをするいいチャンスです。「自分の保険はこのままでいいのか」と思ったら、ぜひ保険の見直しにトライしてみましょう。

 

 

生命保険を見直す!チェックすべきポイントは?

 

では、具体的に生命保険を見直す際に、どんなポイントをチェックすべきかについて解説しましょう。まず、保障額ですが、これは「保険金の支払い事由となる事故が起こった場合、いくら受け取れるか」という金額のことです。次に、保険料ですが、これは「月々いくら保険会社に支払わなければいけないか」という市場になります。混同されがちなのが保険期間と保険料払込期間です。前者は「この間に保険金の支払い事由となる事故が起こった場合に保険金が支給される期間」のことで、後者は「所定の保険料を保険会社に支払い続けなければいけない期間」を指します。また、「保険を解約した場合に、払い込んだ保険料から返金してもらえる金額」のことを解約返戻金と言います。関連する指標として解約返戻率がありますが、これが100%を切っていると、払い込んだ保険料が全額戻ってくるわけではない点にも注意しておきましょう。最後に、「保険金を受け取る人」を受取人、「保険金の支払い事由となる事故に巻き込まれた場合に保険金が支払われる対象となる人」のことを被保険者と言います。受取人と被保険者が一致するケースと一致しないケースの両方があるので、注意しましょう。

 

 

保険料を抑えるために!生命保険を見直すやり方

 

さらに、保険料を抑えるためにチェックしたいポイントについても解説しましょう。最初に行ってほしいのは、受けられる保障内容を確認することです。特に、どのような状態になった場合に保険金が支払われるのかについては、しっかり確認しましょう。また、複数の保険を契約していると、保障内容が重なっているケースもあります。その場合、どちらか一方の保障内容を削減すれば、保険料の削減につながります。保険料の削減という意味では、必要がない特約を解約するのも効果的です。特約は契約すればするほど高くなるため、本当に必要なものだけ残すようにしましょう。そして、保険商品や保険会社を変えるのに抵抗がないなら、自分が望む保障を受けられる新しい保険商品も検討してみてはいかがでしょうか。必要な保障を書き出し、それらをカバーできる商品を探すきっかけになるのも、保険の見直しの大きなメリットです。

 

 

生命保険の見直しをするなら!忘れてはならない注意点

 

最後に、生命保険の見直しをする場合の注意点を2つ指摘しておきます。1つ目は、無保険状態にならないようにすることです。古い保険を解約して新しい保険を契約する場合、解約のタイミングは新しい保険の審査が通ってからにしましょう。仮に、審査の結果が出ないのに古い保険を解約してしまい、万が一新しい保険の審査に通らなかった場合は、無保険状態になるので注意が必要です。2つ目は、保険の見直しをする際は複数の見積もりを取り、よく比較することです。あまり情報を集めずに、新しい保険を契約してしまった後で、もっと条件がいい保険が見つかっては見直した意味も薄れてしまうので、落ち着いて吟味しましょう。これらの注意点を意識した上で保険の見直しを行えば、新しい保険への切り替えもスムーズにいくはずです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

保険の見直しをしよう!ベストなタイミングややり方は? ページTOPへ戻る